2018年10月24日 (水)

大阪府立藤井寺支援学校 和らぎ苑訪問学級/箏訪問コンサート

大阪府の四天王寺和らぎ苑にお邪魔し、
大阪府立藤井寺支援学校 和らぎ苑訪問学級
の生徒さんと、入苑者さんたちに向けて
箏の訪問コンサートを実施しました!
-----------------------------------
2018年10月9日 
箏訪問コンサート
大阪府立藤井寺支援学校 和らぎ苑訪問学級
<訪問した演奏家>
沢井一恵(箏)
さわい箏アンサンブル
-----------------------------------
↓さわい筝アンサンブルのメンバーより、
  文章を寄せていただきました。
******************

2018.10.9 Tue
~秋晴れお箏コンサート~ミュージックシェアリング
   箏曲演奏家 沢井一恵師、と以下4名が参加
         リーダー笠井昌代、渡部志津子、
             奥田豊子、大八木幸恵
      
10月9日、秋晴れの爽やかな朝、
京都桂から電車を乗り継ぎ、
大阪富田林にある「四天王寺和らぎ苑」に伺いました。
私たち一行は、お昼過ぎに施設の玄関に到着。
スタッフの方々の歓迎を受けて、
部屋まで案内していただきました。

ちょうどお昼時で、入所者の方々はお食事中。
私たちもお弁当をいただきました(^_^)v!
その頃、苑の方々からの歓迎メッセージで飾られた部屋に、
息を弾ませて沢井一恵先生が到着されました。
そして、13時30分、先ずはリハーサルの準備のため、
各々が、お箏(こと)の調弦をして、その楽器などを
フロアーに並べて設置をしていました。
その時すでに、入所者の方々は皆さん勢揃い(*^^*)!!!。
コンサートが始まるのを、待ってくださっていました。
その状況に、私が心動かされてしまいました。
「こんなに楽しみにしてくださって、ありがとう~」。
リハーサルを始めたけれど、
もうフロアーは本番さながらの状態でした。

Img_6477

14時30分、あらためまして本番です(^o^)。
大きな拍手の中、沢井一恵先生ご登場!!!
「皆さん、こんにちは!
今日は、おことの演奏を楽しんでください。
そして、さいごには楽器にふれてみてください。」
と優しく語りかけられ、コンサートは始まりました。

Img_6480

Img_6476

まず最初の曲は、沢井忠夫作曲の
「鳥のように」を私たち4人で演奏。
次に、沢井一恵先生による「六段の調べ」の独奏。
3曲目は、沢井比河流作曲の「吟遊歌」を箏と十七弦で合奏。
次々と、演目が変わってゆくと、音色に少し慣れてこられたのか、
皆さんゆったりとした雰囲気になりました。
そしてさいごに、全員の方に楽器に触れていただこうと、
私たち4人は、各々楽器を抱えて、
ひとりひとりの手元に持ち寄り、廻ってゆきました。
はじめは、恐る恐る、指を当てたり引っかけたりしてると、
そのうち、音が「ぼろろーん、ぴーん!」と鳴りだし、
一瞬不思議な表情やしぐさをされたけど、
嬉しい表情に変わりました。
このとき私は、「音って凄いな~、人の心を振るわせるんだ」
と、思った瞬間でした。

Img_6498

Img_6504_2

それから、きょうのコンサートで、想定外なことがありました。
何名か、阪神タイガースの大ファンの方がいらっしゃって、
「六甲おろし」のリクエストをいただいたのです。
急きょ、リーダーの笠井さんが演奏をして、
皆で、歌って手拍子して大盛上りo(^o^)o‼
本日の面白ハプニングでした。

Img_6564

一恵先生も、「いままで何度も公演してきましたけど、
こんなのは初めて。でも、すごく楽しかったですね」
とご挨拶をされて、コンサートは終了しました。
そして、私の弾くはずだった「カエルの歌」は、
どこかに跳んで、虎に代わりました(笑)
なんでも、阪神タイガースの選手が来訪されて、
それ以来ファンになって、ずっと応援されているそうです。
楽しんでいただいて、よかったです。
この次には、私たちのお箏ファンにもなってくださいね!
よろしくお願いします‼(*^o^)/\(^-^*)

今日のコンサートも、出逢いも、本当に楽しかったし嬉しかった!
入所者やスタッフの皆様に感謝です。
また、お会いしましょうね。今日は、ありがとうございました。
初参加者 大八木幸恵でした(^_^)v

(大八木幸恵)

|

«米沢市立関根小学校/オーボエ訪問コンサート