« 邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(箏曲プログラム) | トップページ | 邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(雅楽プログラム) »

2007年11月27日 (火)

邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(雅楽プログラム)

2007年11月26日(月)・27日(火) 訪問
香川大学教育学部附属高松小学校

秋晴れの日の夕方、高松駅近くのホテルから、歩いて香川大学教育学部附属高松小学校へ向かいました。学校は香川県庁のすぐ横、ビルの立ち並ぶ街の中心部にあります。
<マスタークラス>

Brogphoto_77

子どもたちの下校した後の体育館で、マスタークラスが始まりました。
集まってくださったのは、市内の音楽の先生方が15名ほど。私たちの演奏やビデオを交えての説明を短く聞いていただいた後、まずはひととおり3つの楽器を手にとって、音が出るかな?と試してみた後は、3グループに分かれて「越殿楽」を習っていただきます。
唱歌を歌って、指使いを覚えて、音を出す。限られた時間でいったいどこまで伝えられるかしら、と心配するのですが、さすが勘のよい音楽の先生方。私の指を見ながらどんどん吹けるようになっていきます。間違えても楽しそうに吹いてくださるのがいいですね。篳篥は越殿楽2行目まで吹けて大拍手!です。
舞楽も「陵王」冒頭部分を一緒に舞ってみました。実際に体を動かしてみると楽しいですよね。

Brogphoto_78

<レクチャーコンサート>

Brogphoto_80 Brogphoto_81

うっすらと雲の広がる天気。雨が少ない高松市にしては珍しいんだそうです。 小学4~6年の350人近くが扇形に座る体育館へ「太食調調子」を吹きつつ入っていきます。 興味津々でこちらを見つめる沢山の目に、しゃきっとする心持です。 今日は楽器体験をする子どもたちを予め決めていただいて、前へ出てきてもらいました。
篳篥は最初はなかなか音がでません。「あまり口をギュッと締めないで」「もう少し奥深くくわえこんでみて」「短くていいから勢いよく息を入れてみてごらん」といろんな吹き方で試してみます。私だけ出ない!と諦めかけてる子が、何かの拍子に音を出せるようになると、本当に嬉しそう。慣れてくると太くて良い音になっていきます。 「口がビリビリする!」感覚は吹いてみないとわからないですね。

Brogphoto_82

最後の質問で、「何に気をつけて吹いていますか?」と問われました。 力まないで吹くこと、アンサンブルでみんなの音をよく聴いて合わすこと、演奏の直前に食べ過ぎないこと、などの答えがでましたが、どのように演奏すべきか自らを反省させられる質問でした。
コンサートのあとは、おいしい讃岐うどんをいただいて大満足の旅となりました。

中村仁美 (篳篥)

|

« 邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(箏曲プログラム) | トップページ | 邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(雅楽プログラム) »