« 邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(箏曲プログラム) | トップページ | 邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(雅楽プログラム) »

2007年11月 9日 (金)

邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(雅楽プログラム)

2007年11月6日(火)・9日(金)訪問
東京都立白鷺養護学校

毎年、秋になり、木々の葉が美しい色に変わる頃に、邦楽レクチャーコンサートが始まります。いつも、新たな活動へと躍進してゆかれるみどりさんを拝見していると、私も勇気づけられます。雅楽というとすぐ「伝統」「歴史」というむずかしそうな印象になりますが、そうした印象をとりのけて、この雅楽の内にも尽きることのない音楽のよろこびがあることを伝えたいと思います。

Brogphoto_65

Brogphoto_66

<マスタークラス>
今年の最初は、先生方のためのマスタークラスです。夕方の体育館に、仕事を終えたばかりの先生方が集まってくださいました。雅楽の形式や楽器説明のあと、実際に楽器を手にしていただきます。笙、篳篥、龍笛にわかれて練習をしました。私が担当する笙は、最初に15分ほど電熱器で暖めなければなりません。他の楽器の人たちがもう音を出し始めているのを聴くと、ちょっと遅れをとったようで焦ります。そのうえ指使いも結構複雑で、次第に頭が飽和状態に近づきます。それでも、皆さんとても粘り強く練習を続けてくださり、最後には越殿楽の合奏が、(かなり)立派にできました!次の舞楽の実習では、「陵王(りょうおう)」を舞いました。大きくゆったりとした動きには、仕事のあとのストレッチ効果もあったかもしれません。楽しんでくださり、私たちも充実した一日を終えることができました。

<レクチャー・コンサート>

Brogphoto_67 Brogphoto_68

2日おいて、レクチャーコンサートをむかえました。200人近い生徒さんが、この間の体育館に集まっています。演奏しながら会場に入ってゆくと、とても生き生きとした雰囲気に驚きました。たくさんの笑顔と、楽しそうなジェスチャーと声に、力をいただきながら進めることができました。「合歓塩(がっかえん)」の演奏をしていると、皆さんの真剣に集中しているまなざしが感じられて、おおきな心の力で支えられているような気持になりました。楽器体験では、どんどん積極的に楽器のところに集まってきて、次々と音を響かせていました。マスタークラスで楽器を習得なさった先生方が、指導を手伝ってくださり、たくさんの歓声と楽器の音で会場が満たされました。
舞楽もみなで一生懸命に身体を動かし、あっという間にレクチャーコンサートは終了です。控え室へもどって装束から着替え、さて楽器を片付けに体育館へ行くと.....まだ皆さんが楽器の前に、「もうすこしやってみたい」という様子で集まっているではありませんか。どうぞ、どうぞ、満足するまで音を出してみてください。

石川高 (笙)

|

« 邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(箏曲プログラム) | トップページ | 邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(雅楽プログラム) »