« 邦楽レクチャー・コンサート(雅楽プログラム) | トップページ | 邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(箏曲プログラム) »

2008年10月31日 (金)

邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(箏曲プログラム)

2008年10月31日(金)訪問 東京都立白鷺特別支援学校

通勤ラッシュにもまれながら、8時30分 船堀駅に到着。
今日は都心にある『東京都立白鷺特別支援学校』を訪問しました。
少し肌寒い日でしたが、子供達の元気な挨拶が聞こえてきます。

<レクチャー・コンサート>
午前中はレクチャーコンサート、場所は体育館。
子供達が円形になり、ぐるっと囲まれた真ん中で演奏することになりました。
演奏者の後ろ側になってしまう子供達は、手元が全く見えなくなってしまう・・・という訳で、私達アンサンブル5名中3名は、一恵先生と背中合わせの逆向きになって演奏しよう!と急遽決まりました。

Brogphoto_109

私も逆向き組・・・先生の合図など全く見ることができません。
この突然のアイディアで、本番はかなり緊張感溢れること間違いなし?!
ところが、始まってみれば意外なことに、見えない分「合わせよう!」という意識が全神経を集中させてくれたようです。

今日もエネルギッシュな一恵先生の演奏に会場全体が包まれます。
そして、私達も触発され、全力で弾きます。
演奏している間の子供達の反応は様々。
じっと微動だにせず見つめている子、リズムに合わせて手を叩く子(リズムが難しい部分も難無く一緒に叩いていてビックリ!)、楽しそうに歌う子、うつ向いている子、眠っちゃた子、歓声をあげる子、
曲に合わせて踊る子・・・大人だったら、良くも悪くも黙って聴くでしょう。
でも子供達は、皆それぞれ思うがままの反応を見せてくれます。
私はこのイキイキした反応を見るのが嬉しくて、演奏中もついついにやけてしまいます。(いたって真面目に演奏しているのですが!)
演奏後、一人の男の子が「僕は音楽のことは分からないけれど、一恵先生が弾く箏がスゴいってことは分かったよ!」と嬉しそうに話してくれました。

さぁ、次は子供達が弾く番!
子供達の輪の中に箏を置いていきます。
一つの箏に皆で競うように集まり、それぞれ思い思いに、好きな絃をはじき、掻き鳴らし、引っ張ったり、叩いたり・・・音を楽しんでいます。
一人の男の子が小学校で習った「さくら」を思い出し、演奏してくれました。
しばらく弾いていなかったでしょうに、よく覚えているなぁ。
すると「私も弾けるよ!」と隣の女の子が弾き始めます。
そして、またつられて「私も弾ける」と周りの子が次々にさくらを弾きはじめるではありませんか!
ビックリしている私の隣で、その光景を見ていた男の子が、さらに衝撃の一言・・・
「人間ってスゴいね!!」

Brogphoto_110

時間はあっという間に過ぎ、やっと箏に馴染んできた子供達は名残惜しそう。
「また機会があったら、箏を弾いてね!」
一恵先生の言葉で、レクチャー・コンサートは終了しました。

<マスタークラス>
お昼休憩を挟んで、夕方からは、先生方のマスタークラス。
全く初めて箏を弾くという先生がほとんどでしたが、短い時間の中で、「六段の調べ」「さくら」「花筏」と最後まで熱心に練習されていました。
後片付けまで手伝って下さり、先生方には本当にお世話になりました。
改めて感謝致しております。

Brogphoto_111 Brogphoto_112

私はミュージック・シェアリングの邦楽レクチャー・コンサートが始まって以来、ほぼ毎年のように、お手伝いさせて頂いていますが、どの学校に行っても毎回必ず心に残る出来事があります。そして、一瞬ではありますが、箏を通じて、子供達や先生方などたくさんの人達と向き合えることが、自分にとって大きな糧となっています。
さぁ、次の学校ではどんなことが待っているかな~?

安田有希(さわい箏アンサンブル)

|

« 邦楽レクチャー・コンサート(雅楽プログラム) | トップページ | 邦楽レクチャー・コンサート&マスタークラス(箏曲プログラム) »