« 邦楽レクチャー・コンサート(雅楽プログラム) | トップページ | 旅するみどり2009のお知らせ »

2008年11月18日 (火)

邦楽レクチャー・コンサート(箏曲プログラム)

2008年11月18日(火)訪問 栃木県立のざわ特別支援学校

今日は以前から楽しみにしていた「のざわ特別支援学校」のレクチャーコンサート。
すっかり空気が冷たくなった秋晴れの中訪れた学校は、太陽の光がいっぱい差し込む素敵な校舎でした。
尺八の演奏≪さんぽ≫に合わせて出演者一同楽しく行進で入場。自然と子供達から手拍子がおき、とても嬉しかったです。

Brogphoto_121

「お箏弾いたことある人?」一恵先生の問いかけに、たくさんの子供達が手を上げてくれて、驚くと共に更に嬉しくなりました。普段私たちは、和久文子先生と共に、栃木県内の幼稚園から高等学校を対象に邦楽スクールコンサートを実施していますが、「こんなに邦楽が普及していた」と実感できた瞬間でした。
≪六段の調≫を一恵先生が演奏すると、体育館中に音が広がり、子供達はお箏の音に吸い込まれているように感じました。次は≪鳥のように≫、一恵先生の「一人一人が鳥になったつもりで、みんなで大空へ羽ばたいてみよう!」を合図に演奏スタート。子供達と一緒に鳥になった気分で演奏ができ、気が付いたら大きな拍手を頂いていました。尺八で子供達の間を歩きながら、≪小さい秋みつけた≫・≪もみじ≫を演奏した後、最後に≪焔≫を演奏しました。スティックで楽器を叩く奏法や、17絃の迫力ある演奏に子供達は驚いた様子でした。
いよいよ子供達の体験です。

Brogphoto_122

子供達の前に楽器を運び、≪かえるのうた≫・≪さくら≫を弾いてもらいました。みんな自分たちの前に楽器が来ると、緊張した様子でドキドキしながら最初のひとはじき、ポーンと音が出た途端、緊張の表情からキラキラした目をして笑顔になってくれました。
子供達から「尺八も体験してみたい」と要望があり、偶然、水道管で出来た尺八を持参していた福田邦智さんに、急遽、尺八の体験もして頂きました。尺八は音を出すことが難しい楽器なのに、音が出る子がたくさんいて驚きました。楽器を体験した子供達が「すごい!すごい!楽しい!」と言ってくれた時は、本当に来て良かったと嬉しくなりました。

Brogphoto_123

今日は、子供達と出会い、逆に多くのことを学ばせて頂き、充実した素敵な一日となりました。このような機会を与えて下さり、本当にありがとうございました。

松本 勲子(さわい箏アンサンブル)

|

« 邦楽レクチャー・コンサート(雅楽プログラム) | トップページ | 旅するみどり2009のお知らせ »