« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

ラオスカルテット解散

12月30日(木) ICEP2010ラオス

本日早朝、ICEPラオスカルテットの一行が帰国しました。

到着早々、コートを着込むメンバーたち。
そう、今日の日本列島はとっても寒い!ラオスとの気温差はなんと20度以上です。

長旅の疲れはあるものの、体調を崩すことなくみんな元気に帰ってきました。そして満足そうな表情に見えるのは、活動をやり遂げた達成感からでしょうか。

Img_6575
羽田空港到着ロビーにて

カルテットはここで一旦解散。
ラオスでの思い出を胸に、それぞれ次の目的地へ向かいました。
活動にご協力いただいたみなさまに心より感謝申し上げます。

メンバーは来年6月にカルテットを再結成して、今度は日本の学校や施設、病院などで活動します。
毎年みなさまにご好評をいただいている「ICEP2010ラオス 報告コンサート」も準備中。ラオスの子どもたちの様子や自身が感じたことなどを、演奏を交えてご報告します。コンサートの詳細が決まり次第、ホームページにてお知らせしますので、お見逃しなく。

それでは、どうぞよいお年をお迎えください!

事務局より


|

2010年12月27日 (月)

元気に活動中!

12月27日(月) ラオス・ルアンパパーン&ヴィエンチャン

みどりとカルテットの一行がラオスに発って早1週間。既に12回の訪問コンサートと一般向けの無料コンサートを終えました。

結構ヘビーなスケジュールだと思いますが、皆、ラオスのバランスのとれた栄養価の高いお食事を頂いて、元気に過ごしているようです。
みどりは相変わらず果物がお気に入りの様子。

ルアンパパーンでの写真が届いたのでご覧ください。

4_web
12月23日訪問 ムアンカイ郡小学校にて Photo: Shinobu Suzuki

2_webjpg
12月23日訪問 ムアンカイ郡小学校にて Photo: Shinobu Suzuki

なお26日(日)にヴィエンチャンで開催された無料コンサートには、約600人の方がお越し下さったようです。
詳しい報告が来るのが楽しみですね。

ではまた次回

事務局より

|

2010年12月24日 (金)

ルアンパバーンより

12月23日(木)ラオス・ルアンパバーン

ラオスはインターネットの接続状況が安定していないようで、スタッフからの連絡は短く、簡潔なものばかり。
そんな中、写真が届きました!

Web_3
12月22日訪問 ルアンパバーン孤児院学校にて Photo: Shinobu Suzuki

みな元気で、とどこおりなく活動している様子。良かったです。
みどりは、南国の美味しい果物をたくさん頂いているようです。

それではまた。

メリー・クリスマス!

事務局より

|

2010年12月23日 (木)

ラオス滞在3日目

12月22日(水)ICEP2010ラオス(ルアンパバーンにて)

昨日首都ビエンチャンから第2の都市ルアンパバーンへ移動し、ラオス滞在3日目になりました。

すでに小学校や病院、孤児院での訪問コンサート3公演を実施しました。
訪問先で弓を子どもたちに見せながら、「ここに張ってあるのは、何の動物の毛だと思う?」とヴィオラのヘレナが質問しましたら、みんなが、即、ゾウ!と答えたのは、お国柄、と微笑ましく思いました。

この午後は、昼食後、博物館でラオスの歴史を学ぶ組と宿舎で練習する組に分かれました。

これから、16時にこどもセンターでのコンサートです。
コンサートに先立ち、センターの館長のお手配で、ラオスの伝統的な歓迎セレモニー(バーシーの儀式というそうです)をしてくださるそうで、メンバーは興味津々のようです。

学校や施設での訪問コンサートは一般には非公開ですが、下記のコンサートはどなたでもご覧いただけます。この時期、ビエンチャンにお出での方は、ぜひご来場ください。

-----------------------------
日ラオス外交関係樹立55周年記念
「弦楽四重奏&ラオス伝統音楽」コンサート

◆日時
2010年12月26日(日)19:00開演

◆会場
武道センター(ラオス、ビエンチャン)

◆入場無料

◆出演
五嶋みどり(ヴァイオリン)
テンシン・シンディー・ウー(ヴァイオリン)
ヘレナ・ベイリー(ヴィオラ)
ピーター・マイヤーズ(チェロ)

ラオス国立音楽学校

◆共催
在ラオス日本国大使館

--------------------

では、引き続き、健康と安全に気をつけて、活動を続けます。

ICEPディレクター 松野木京子(12月22日記)

|

2010年12月22日 (水)

ICEP2010ラオス活動開始!

12月20日(月) ICEP2010ラオス(ビエンチャンにて)

ラオスの首都、ビエンチャンに到着。
この日はご協力いただいている「NPO法人ラオスの子ども」の現地代表ダラーさんに、ラオスの歴史や教育についてのレクチャーを受けたほか、リハーサルを行いました。

ラオスの子どものラオス事務所秋元さんのブログでも取り上げていただいています。ぜひご覧ください。

|

2010年12月21日 (火)

2学期最後の練習

12月15日(水) 横浜国立大学附属特別支援学校音楽部

指導ボランティア
山本直人(サックス)
若鍋久美子、清田裕里江、岩下美香(打楽器)
---------------------------------------

横国音楽部で2学期最後の練習がありました。 1学期から練習を重ねてきた渾身の「テキーラ」をお聞きください!

3学期はI Got Rhythmを中心に練習することになっていて、完成が楽しみです。

|

2010年12月20日 (月)

ラオスへ出発!

12月18日&19日  某所&羽田空港

前回のブログでお知らせしたように、17日(金)朝、みどりは無事日本に到着しました。
みなさんに即写真を、、、と思っていたのですが、相変わらず超多忙なみどり。
打合せもそこそこに練習、練習。また練習時間が足りないと、練習時間帯はスタッフは立入&連絡禁止でした。
ブログのアップを期待していたみなさん、ごめんなさい。

お詫びの気持ちも込めて、今日は少々長めに。。。

18日(土) 合宿所にて

今回のICEPラオスにご協力いただいている「ラオスの子ども」の共同代表チャンタソンさんが合宿所を訪れ、ラオスの教育などについてのレクチャーをして下さいました。

「ラオスの子ども」についてはこちらから。。。

http://deknoylao.org/

 

Photo
真剣にテキストを見るメンバー。右奥がチャンタソンさん

チャンタソンさんはラオスの方ですが、英語、日本語も堪能。レクチャーは英語で行われました。皆、実際にラオスの方から聞くラオスの現状に、とても真剣に聞き入ってました。
レクチャーは1時間でしたが、終了後もしばらくメンバーからの質問が絶えませんでした。

チャンタソンさん、ありがとうございました。

また、この日はヴァイオリンのシンディの26歳の誕生日。
ヘレナが彼女のために、かわいいバースディーケーキを作ってくれました!!!

201012182119000
ロールケーキの上に、お手製のネームカードが!

シンディ、お誕生日おめでとう!!!

19日(日)-20(月) 羽田空港国際線ターミナル

10:30pm。つい先日オープンしたばかりの羽田空港国際線ターミナルに到着。乗るのは深夜0:30発のANAバンコク行き。
ラオスへは直行便がないので、バンコクにてラオス国営航空に乗換なのです。

夜遅いにも関わらず、メンバー一同、これから始まる旅に向けてちょっと興奮気味(?)笑顔が絶えませんでした。

Icep_006_for_blog
出発ロビーにて同行スタッフと記念撮影

なんと、みどりはチェックインの後に空港内で打合せを控えていて、早々に消えてしまいました!相変わらずの超多忙ぶりです。

他のメンバーを見送りました。

Icep_cindy_010
26歳になって、ちょっと大人びた(?)シンディ

Icep_peter_009
ピーター、ヘレナ、行ってらっしゃい!

Icep_flight_013

気をつけていってらっしゃい!

追記

なお、先ほど、ラオスから電話が入り、皆無事にホテルに到着したとの事。
良かった!本日からの活動報告は、後日に。。。
皆が元気で、滞りなくスケジュールをこなしてくれる事を、東京の事務局一同祈っております。

|

2010年12月17日 (金)

カルテットメンバー来日

12月16日(木)曇     成田空港&某所

来週から始まるICEPラオスツアー。本日みどりとカルテットを組む、オーディションで選ばれたメンバーたちが来日しました!

ニューヨークからの長旅だったヘレナはちょっとお疲れ気味でしたが、ロスからのシンディとピーターは元気そのものでした。

Icep_for_web
左から、ヴィオラのヘレナ、ヴァイオリンのシンディ、チェロのピーター

各メンバーからコメントです。

----------------
日本のみなさんこんにちは。

日本に来ることが出来て、とても嬉しいです。
時差ボケはありますが、そんなの吹っ飛んでしまいそうです。
みんなと音楽を一緒に楽しめる事はもちろん、新しい文化に触れたり、忘れられないような経験ができるのではないかと、とても楽しみです。

Icep_helena_3
ヘレナ・ベイリー (ヴィオラ)

--------------------

こんにちは! 日安!(←これは中国語)

日本にまた来られること(これで3度目です)、そしてラオスに行く事をとても楽しみにしていました。
どんな旅になるのか、予想もできません。でも、この素晴らしい音楽家たちとの旅はとても充実した、驚くような新しい経験でいっぱいのものになることは確かです。
皆と一緒に演奏をするのが待ちきれません!

Icep
テンシン・シンディ―・ウー (ヴァイオリン)

---------------------

こんにちは。

今年もICEPの活動に参加できてとてもワクワクしています。
昨年のモンゴルへの旅は、人生を変えるような経験でした。そして今年はラオス。
全然違う旅になりそうですね。例えば気温、モンゴルは-35度でラオスは35度!
きっと忘れられない旅になると思います。

Icep_2

ピーター・マイヤーズ (チェロ)

----------------------
原文はこちら

Hello dear friends!

What a thrill to arrive in Japan! No amount of jet-lag could dim my excitement to be here. I look forward to sharing great music, exploring a new culture and to an unforgettable experience.
Thank you for your interest!

Helena Baillie (Viola)

----------------------
Hi!日安!

I've been looking forward to coming to Japan(3rd time and LOVE it!!) and going to Laos very much.I can't predict how this experience will be, but I know with the wonderful musicians along this trip (wonderful musician AND friends). It's going to be very meaningful, fruitful, and eye-opening for sure. My mind and hear are already open, and I can't wait to get the music started!!

Thin-Hsin Cindy Wu (Violin)

----------------------

Hello!

I'm thrilled to be back this year with Music Sharing. Last year's project is Mongolia was a life-changing experience for me, and now I'm excited to be able to visit Laos. I think it will be very different(starting with the weather: 35℃ instead of -35℃!) but I'm sure it will be unforgettable.

Peter Myers (Cello)

みどりは明日です!

|

2010年12月 8日 (水)

南っ子と一緒に

11月30日(火)足利市立南小学校

<雅楽プログラム>
石川高(笙)、中村仁美(篳篥)、八木千暁(龍笛)

---------------------------------------
とても爽やかな天気に恵まれました。
子ども達に控室まで迎えに来てもらい、会場の中へ入ってゆくと、皆さんが静かに半円に座っていました。心のこもったご挨拶をいただき、学校紹介では、南小学校のよいところを教わりました。
Nikki101130_043

1)大きな木がたくさんあって、空気がよい環境であること。

2)図書室の蔵書数が多く、みな読書好きなこと。

3)「南っ子」という、学年を越えたグループで遊ぶ習慣があり、皆が仲良しであること。

素晴しいです!

楽器体験では45人が笙、篳篥、龍笛で元気な音を響かせました。
Nikki101130070

唱歌もよく通る声で歌い、昨日のマスタークラスの先生方とそっくりです。
春鶯囀(しゅんのうでん)の舞では、体育館いっぱいに広がって動きました。皆さんは活発で素直、しかもさっと静かになって集中できるので、私達も充実した時間をすごすことができて、うれしかったです。
Nikki101130098
笙と龍笛の演奏に合わせて舞いました

最後に、系統だった質問の数々をいただきました。楽器を始めたきっかけ、演奏で大切なこと、練習のこと、よかったと思うことなど、答えているうちに、いつのまにか私は自分の人生をふりかえっていました.....。

Nikki101130112
子どもたちの間を通って退場

今年もたくさんの出会いがありました。いつも、子ども達と一緒に純粋に楽しみ、ひとつになって演奏会を作り上げることを目標にしています。自分の手で拍子を打ち、歌い、息の力を音にする。響きを身体いっぱいに満たして、雅楽と親しくなってほしいと願っています。

石川 高(笙)(11月30日記)


|

2010年12月 7日 (火)

足利南小マスタークラス

11月29日(月)足利市立南小学校 マスタークラス

<雅楽プログラム>
石川高(笙)、中村仁美(篳篥)、八木千暁(龍笛)

------------------------------------------------
晩秋の午後の陽光をうけて、大きな銀杏の木が輝いています。
放課後のひっそりとした校舎で、マスタークラスの準備をはじめました。

全校28人の先生方が、積極的に参加してくださいました。
Nikki101130_014
たくさんの先生方が参加 中央は龍笛の八木さん

楽器体験では音の響かせ方をとても熱心に追求し、舞もよく理解してくださいました。
Nikki101130018

越殿楽の唱歌の声の力強い響きに、私たちもうれしくなりました。
Nikki101130017
楽譜を指で追いながら歌う先生

1時間ほどの短いクラスでしたが、すばらしい集中力を感じました。
終わるともう外は暗く、夕暮れの空を背景に校庭の木々が大きなシルエットになっています。
明日のコンサートがとても楽しみです。

石川高(笙)(11月29日記)

|

2010年12月 3日 (金)

たくさんのご応募ありがとうございます!

みなさん、こんにちは。
ミュージック・シェアリング事務局です。

事務局のある東京では、今朝、通勤時間に重なるようにしてどしゃぶりの大雨でした。
今はすっかり晴れていますが、みなさんの町はいかがですか?

さて、「2011年度訪問プログラム開催団体募集」に多数の応募をいただき、ありがとうございました!
全国各地から続々と届いた応募書類に、事務局では嬉しい悲鳴が上がっています。

ミュージック・シェアリングでは理事会を開き、ご応募いただいた学校・団体の中から訪問先を決定しています。
来年度の訪問先は2011年2月上旬に決定する予定です。
応募してくださった学校・団体のみなさんには、書面にて採否をご連絡いたしますので、もうしばらくお待ちくださいね。

そして今年の応募を逃してしまったという方。
訪問プログラムは毎年秋に次年度の開催団体を募集しています。次回のご応募をお待ちしています!

参考までに・・・
訪問プログラムについて 
http://www.musicsharing.jp/activity/concert/index.html

募集要項 (この募集は締め切りました)
http://www.musicsharing.jp/visit/index.html

|

2010年12月 2日 (木)

☆柿祭 行ってきました!

11月26日(金) 神奈川県立麻生養護学校
―――――――――――
楽器指導支援プログラムでご協力いただいている麻生養護学校で文化祭が開催されるとの事。秋晴れの清々しい朝、田園都市線に乗って行ってきました!

Img_6326
☆柿祭の看板です。

いつもみんなが練習している音楽室はミニコンサート会場になって、日頃の練習の成果を披露されていました。

Img_6352
ふたりで一緒にキラキラ星!

Img_6347

廊下の壁には、嬉しいことにミュージック・シェアリングの案内が!

Img_6341

ただいま、楽器指導支援プログラムに協力下さっている昭和音楽大学の生徒さん達が、麻生養護学校へ楽器のクリスマスプレゼントを贈ろう!という企画を開催中です。

ご案内チラシはこちらから

http://www.shinyuri-art.com/pdfs/20101104.pdf

お近くの方、お近くでない方も、ぜひご協力下さい!


|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »