« 想いをカタチにしたコンサート | トップページ | ツアー日記が始まります! »

2011年5月18日 (水)

楽器指導支援プログラム

みなさん、こんにちは。

2006年から東京と神奈川の3つの特別支援学校で実施している
楽器指導支援プログラム
今年も楽器指導ボランティアや楽器提供者の方々にご協力をいただき、楽しく、そして真剣に取り組んでいます。

4月中旬から約1か月、3校とも楽器の体験レッスンや新入生への部活紹介をしてきました。
生徒たちが楽器指導ボランティアの演奏を鑑賞する機会もあり、3校とも参加希望の生徒が増えて大盛況です。

0114

------------------------

子どもたちがより音楽を楽しめて、楽にバイオリンが弾けるようにお手伝いしてあげたいなと思っています。
週1度、1時間のボランティアで何ができるか、難しいですが、生徒さん、先生方には最近私がどこにいくよりも歓迎していただき、素直に嬉しいです。
市川真美(ヴァイオリン指導ボランティア)

------------------------

今年はとても人数が多いので、アンサンブルの幅が広げられると思います。楽しみです。
若鍋久美子(打楽器指導ボランティア)

------------------------

ミュージック・シェアリングでは、楽器指導ボランティアをしてくださる方や、楽器をご提供くださる方を募集しています。
ご興味のある方はぜひご連絡くださいね。

事務局より


|

« 想いをカタチにしたコンサート | トップページ | ツアー日記が始まります! »