« 鶯の囀り | トップページ | 弾いて、たたいて、箏を楽しむ »

2011年6月23日 (木)

心の中にきらめいて

2011年6月20日(月)訪問 八戸市立柏崎小学校

<雅楽プログラム>
石川高(笙)、中村仁美(篳篥)、八木千暁(龍笛)

--------------------------------------

昨夜は、真っ赤な大きな夕日が山の端にゆっくりと沈むのが見えて、美しさに感動しました。予想通り、今日は晴れて暑いほどです。

今日コンサートをする柏崎小学校は、少し離れた場所に建てられた新校舎へのお引越しを1か月後に控えています。
控室へ向かう木の床の廊下には、大きな杉玉が飾ってあって懐かしい雰囲気を醸し出しています。
旧校舎での最後の良い思い出の一つとして私たちの演奏が心に残るとよいなあ、と思いました。
001_4
杉玉の飾られた廊下

児童による始まりの挨拶があっていよいよコンサートの始まり。
演奏しながら子どもたちの間の通路を歩いていくと、興味津々という子どもたちの目が迎えてくれます。
一人一人のまっすぐな視線を受け止めながら吹いていると、音を通して何か対話をしているような気持ちになります。
A004
演奏しながら入場です

実は、今回、楽器体験のやり方を少し工夫してみました。
指名した子だけ、前で楽器を吹いてみるようにするのも良いけれど、できるだけ多くの子に、実際楽器を手に持って音を出してみてもらいたいね、ということで、先生方の助けを借りながら、篳篥と龍笛を子どもたちに渡して、自由に吹いてもらうことにしたのです。
子どもたちが楽器の周りに輪になって集まっているのを見ると、音の出た子が「息を強く出すと鳴るんだよ」と、音の出ない子にアドバイスしていたり、「〇〇ちゃん、すごいんだ!」と上手く吹ける子を教えてくれたり。日頃の仲の良さやチャレンジ精神の旺盛さがよくわかります。
笙も並んで順番に吹いたので、いつもより多くの子どもたちに体験してもらうことができました。
A021
回ってきた楽器を囲む児童たち

こうした試みも、子どもたちが自発的にテキパキと動いてくれて、集中力があるからこそ。
唱歌も舞の体験も、一生懸命取り組んで、とてもよくできました。
A033

最後は、「心の中にきらめいて」という合唱を、子どもたちがプレゼントしてくれました。
美しい歌声が響いて、心がいっぱいになり涙があふれそうになりました。
「心の中にきらめいて いつまでも忘れない」という歌詞が、私たちの気持ちを代弁してくれているような気がしました。
今、ここでみんなに出会えて、素晴らしい時間を共有できたことに感謝します。


八戸駅から帰京する新幹線までに少し時間があったので、念願の櫛引八幡宮に参拝することができました。
A041

私たちのお目当ては「舞楽面」。鎌倉時代~南北朝時代の素晴らしいお面が九面も展示されています。
先生方と一緒に舞った「陵王」の面もありました。
子どもたちや先生方が、いつか櫛引八幡宮で舞楽面を見る機会があったら、雅楽コンサートの時のことを思い出してくれるかな?

中村仁美(篳篥)

----------------------------

学校ブログでも、活動の様子が紹介されています。
柏崎小ブログ

|

« 鶯の囀り | トップページ | 弾いて、たたいて、箏を楽しむ »