« 音楽の力 | トップページ | パワーをもらった日 »

2011年10月14日 (金)

病棟に響く日本の音色

2011年10月14日(金)訪問 大阪市立総合医療センター

<雅楽プログラム>
石川高(笙)、中村仁美(篳篥)、八木千暁(龍笛)

------------------------------------

東京は晴れていたのに、新幹線で西に向かううちにお天気が崩れてきて、大阪ではかなりの雨です。
大阪市立医療センターの7階につくと、スタッフの方々がにこやかに出迎えてくださいました。

装束を着た私たち3人は、まずは6階の廊下スペースで、次に7階で、と2回演奏させていただきました。
雅楽を聴くのは初めて、という子どもたちとお母さんがほとんど。
間近で大きな音を出して、ちょっとびっくりしたかもしれませんが、何か聴きなれないけど面白い(変な?)音・・・・という感じで皆さん、しっかり見て聴いてくれました。
ベビーカーの赤ちゃんもいたので、泣いちゃわないかな?とちょっと心配したのですが、身体でいろいろ反応してくれて嬉しかった。
篳篥の葦舌(リード)だけで、音を上下に滑らかに吹いてみたりすると、目を丸くしてくれる子もいました。
111014029

111014005_2
楽器に触れる時間も設けました

今回は、歌ものも聞いていただきたいなあ、ということで、朗詠「嘉辰」を歌ってみました。
ゆったりと声を延ばす日本古来の歌。子どもたちにはどう聞こえたのかしら?
楽しい今風の歌とは違って、もしかしたら物悲しげに聞こえたかもしれないけれど、しっとりした節回しの美しさを感じてもらえたらよいなあと思いました。

舞楽の時には、踊りが大好きという感じの小さな女の子たちが、一生懸命真似てポーズを決めてくれたのが印象的でした。
大きな子たちはちょっと恥ずかしそうでしたが、皆さんの歌う「春鶯囀」の唱歌に合わせて舞わせていただけて、楽しかった。
111014014

千数百年の時を生き抜いてきた雅楽の楽器のエネルギーを、それぞれの体で受け止めてくれていたと思います。
聴いて歌って、舞ってくださってどうもありがとう!

111014032
子どもたちから手作りのメダルをもらいました

111014034
終演後に

中村仁美(篳篥)

|

« 音楽の力 | トップページ | パワーをもらった日 »