« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

一期一会の出会い

2011年11月8日(火)マスタークラス
2011年11月9日(水)訪問コンサート
黒潮町立上川口小学校 他2校

<訪問した演奏家>
沢井一恵(箏)、さわい箏アンサンブル

今回のツアー日記担当は杉原楽器の篠原正人さん。
アンサンブルのメンバーと同様、愛媛県松山市から来てくださり、津野川小、上川口小での活動にご協力いただきました。

-------------------------------------------

11月8日、この時期だというのに、気温26度と汗ばむような四万十市、津野川小学校を後にし、一路黒潮町立上川口小学校に向かった。
一恵先生と、松山より応援に駆け付けた琴泉会合奏団(さわい箏アンサンブル)は、市の教育委員会に用意していただいたマイクロバス、私といえばすべてのお箏や、道具一式を愛車に満載させ、そのあとを追った。
70キロは走っただろうか、眼前に広がる太平洋をいただく場所に、その学校はあった。
01

この日の予定は16時から開催される『マスタークラス』である。
遅い昼食をとり、さっそく準備に入る。
『マスタークラス』とは、近隣の学校の先生を対象にした講座のことであり、上川口小学校では、9名の参加者があった。
そのうち3名はお箏を習っていたという経験者、この割合はかなり珍しいほうで、私自身も5校目の経験であったが、大半は初心者だったように思う。
まず、一恵先生の「六段」箏独奏で始まり、続いて合奏団による「鳥のように」、そして一恵先生+合奏団による「焔(ほむら)」で模範演奏が終了。
受講生も、その演奏の迫力に、お箏という楽器のイメージをかなり変えさせられたのではないだろうか。
その後、受講生全員による「さくらさくら」の体験演奏に入るわけだが、この『マスタークラス』では、右手に三つのお爪、つまり正式な装備で臨んでもらった。
02

一恵先生、合奏団の指導の下、お爪の当て方や弾き方、13本の絃の音程の仕組みなどを勉強したのち、いよいよ合奏に入る。
ひとまずユニゾンでメロディーを合わせ、今度は一恵先生の合いの手が入り、さらには経験者のみなさんのアドリブなども加えながら、瞬く間に「曲」として仕上がっていく。
経験者はもとより、さすがに教授者、そのあたりのカンは抜群だった。
みんなで息を合わせれば、立派に合奏できる・・・受講生のみなさんの満足げな表情から容易に推察できた。
やはり箏曲界では知らぬ者なし、一恵先生のわかりやすい指導とその人柄で、笑顔の絶えない和やかな講習は、ついつい時間オーバーとなってその日を終えた。
012

さて明けて11月9日、今度は上川口小学校児童と近隣の小学校児童、合わせて約70名を対象にした、『訪問コンサート&楽器体験』である。
実は昨日、『マスタークラス』の前に、運動場で遊ぶ児童たちに声をかけられていた。
「こんにちは~!なにやってるん?」
「明日ね、君たちの前でお箏を弾くんだよ、君たちも弾くんだよ」
と私が答えると、
「うん、楽しみにしとる!」
そう答えると、元気よく運動場に戻っていった。
子どもは・・・みんなそうなのだが、特にここ上川口小学校の子どもたちは、みんな挨拶もきちんとできて、人見知りをしない。
いっぱい荷物を積んできた私の車を食い入るように覗き込むその瞳が印象的だった。

いよいよ本番、70人の児童たちが体育館に入ってきた。
03

児童代表からご挨拶を受ける。
こういう機会がなければ、おそらく一生出会えないだろうな・・・しっかりとハキハキ話してくれるその子を見ていて、「縁(えにし)」という言葉が何度も頭をよぎった。

コンサートは昨日の『マスタークラス』と同じメニュー。
まずは「六段の調」
04

「鳥のように」
05

そして「焔(ほむら)」
06

最初、思いっきり静々と「六段の調」を演奏し始めた一恵先生、児童たちもそのあまりにも小さい音量に一斉に耳を傾けた。
だんだんと音が大きくなり、かつテンポが増してくると、みんな前のめりになって聴いている。
古典の中の古典、その曲を児童に聴かせることに、最初は私自身不安を感じたものだが、いやいやそんな心配は稀有であった。
みんな必死に耳をそばだて、クライマックスのころには完全に引き込まれていた。
本物を子どもたちに・・・言葉でいうのは簡単だが、これはとりもなおさず一恵先生の力量と手法でなければ困難だと思われる。
その後の合奏2曲にも興味津々、「鳥のように」では、その美しいメロディーと、エンディング前の右手でかき鳴らす素早いパッセージに驚き、「焔」における17絃のバルトークに目を丸くしながら見入っていた。

『お箏ってすごいんだな~・・・』と子どもたちが感じたとき、さあいよいよ体験だ。
一恵先生、アンサンブルの楽器に、私が持参した10面のお箏を特殊な調弦にし、下からグリッサンドすると『かえるのうた』が自動的に演奏されるようにした。
なにしろ70名全員に体験させるのだ、お爪は右手の人差し指か中指に一つだけ、それでも合奏ができるように、一恵先生が考案された。
なるほど、これはいい方法だ、初めて触ったお箏を撫でるだけで音楽になるのだ。
限られた時間の中、さっそく合奏が始まった。
楽器の数から一度に17人ずつお箏の前に座ってもらい、そこで各メンバーが指導にあたる。楽器屋の私も例外ではない、2~3人の子どもたちを受け持った。
07

恐る恐る触ると、でもちゃんと『かえるのうた』になることで子どもたちは自信を持ったようだ。
何度かのリハーサルを終え、いよいよ1度きりの本番だ。弾いていない子どもたちは、歌で応援する。
「あなたたちはスターです、初舞台頑張って!」という一恵先生のエールとともに始まった。
・・・とても初めてとは思えない「ショー」だった。
08

見ているだけで、なんとなく理解もできるのだろう、その後のグループに進むにつれ飲み込みもよく、指導する側も楽になった。また、応援の歌もどんどん大きくなり、一恵先生はマイクを持って児童たちの中を飛び回った。
そして、ついに先生方の出番だ。
やはり少々照れがあるのか、はにかみながらお箏の前に座る先生方だが、子どもたちは大喜びだ。
さすがに先生、爪を飛ばしながらも大きなしっかりとした音で見事に演奏した。
中でも・・・上川口小学校の植田校長先生は、そのパフォーマンスで大いに盛り上げていただいた。
09

児童たちがのびのびと、人見知りせずスクスク育つのもわかる気がした。
10

全員の合奏を終えるころには、体育館の中が一つになっていた。
その後、質問タイムに続き、お礼の挨拶もいただいて、最後に全員集合の記念撮影でフィニッシュ。
11

みんないい笑顔だ、大げさではなく、日本の明日に希望を感じた瞬間だった。
後ろ髪を引かれる思いで撤収し、いざ車に乗り込んでふと校舎に目をやると、なんと子どもたちが手を振ってくれていた。
『ああ、よかったな・・・』
松山まで200キロ近い道のりだったが、終始幸せな気分に包まれた・・・そんな今回のイベントだった。

文・写真 篠原正人(杉原楽器)

|

2011年11月28日 (月)

美しい山あいに響いた箏の音

2011年11月7日(月)マスタークラス
2011年11月8日(火)訪問コンサート
四万十市立津野川小学校 他5校

<訪問した演奏家>
沢井一恵(箏)、さわい箏アンサンブル

今回のアンサンブルメンバーは、普段、愛媛県松山市を中心に活躍している方々です。
1876
一恵先生、松本幸子さん、戒田美千世さん、大西美由紀さん、
山本定子さん、田中悦子さん、田中裕子さん、杉原楽器篠原さん

ツアー日記担当は、さわい箏アンサンブルの田中悦子さんです。

----------------------------

緑深い山々の間を流れる四万十川の清流沿いは空の青に山の緑、白い砂と澄んだ水のコントラストが見事です。
1874

はるか向こうに見えていた真っ白い雲のような朝靄を通り越した頃、山を背に建てられた津野川小学校に到着しました。
校長先生がにこやかに出迎えてくださり、どの教室からも「こんにちは!!」と元気な明るい声で子ども達が挨拶をしてくれます。

1881
子ども達の司会で幕開け

演奏は全部で3曲。最初は一恵先生です。
江戸時代に作曲された「六段」はゆっくりと自然の中に溶け込むような小さな柔らかい音から始まりました。初めて生で聴くお箏の音色に子ども達は息を潜め、夢中になって聴いていました。
1886
「六段の調」独奏

2曲目はアンサンブルの「鳥のように」。子ども達が「演奏を聞いていると鳥が飛んでいる様子が頭に浮かんだ」と感動してくれました。
1888
[鳥のように」アンサンブルメンバーによる群奏

最後は一恵先生の十七絃とアンサンブルの箏による「焔(ほむら)」です。とてもメリハリのきいたテンポの速い曲です。この曲には子どもも先生達もびっくり!今までのお箏のイメージとは全く違う現代曲を興味津々に聴いてくれました。曲が終わった時には大きな拍手が!みんなに古典的なお箏の概念を覆す現代曲を紹介できて良かったです。
1894
「焔」の演奏

次はいよいよ子ども達の番です。みんな順番が待ちきれずお箏にかけよります!
小さな手に琴爪をはめて「かえるのうた」を交代しながら全員練習します。
1906

少し不安そうな子や大きく身体を揺らしてノリノリで弾いている子も、一恵先生の「あなたはスター!ここは舞台です。胸をはってきちんと挨拶して」という声に、皆一様に誇らしげになり体育館には子ども達による「かえるのうた」の演奏と元気な歌声が勢いよく響き渡りました。子ども達がとても楽しそうに歌って弾いている様子を見て私も嬉しかったです。弾き終わった後は、きちんと椅子が元に戻されていました。お行儀がいいですね。

1913
子ども達が見守る中、学校の先生方も子どもたちの前で演奏!

1914
前日のマスタークラスの成果はいかがでしたでしょうか?

残念ながら津野川小学校は来年閉校*になるそうですが、今日のお箏の演奏はいつまでも覚えていてくれる気がします。
これからも子ども達には色々な音楽に触れて楽しんでもらいたいと思いました。

田中悦子(さわい箏アンサンブル)

--------------------------------

*津野川小学校がある西土佐地区では、2012年4月に小学校6校が一つに統合されます。
ミュージック・シェアリングでは、統合後の小学校で2012年度も訪問コンサートを実施することになっています。

|

2011年11月23日 (水)

感動の一日

2011年11月16日(水)武蔵野東小学校
1-4年生 低学年向けミニコンサート
5-6年生 訪問コンサート

<訪問した演奏家>
鮫島有美子(ソプラノ)、小川典子(ピアノ)

--------------------------

武蔵野東小学校では、心が芯から温まる一日を過ごしました。「ジェイミーのコンサート」を主宰する私にとって、世界的に有名なヒガシスクールの教育現場に触れることが出来たことは、ひたすら光栄の限り、そして心の宝になりました。明るく元気にご挨拶してくれたおともだちの皆さん、どうもありがとう。そして、鮫島さんの美しい声に共感を持ってくれたA・B組の皆さん。一緒に歌った「ふるさと」の澄んだ歌声、素晴らしかったです。それぞれの児童、個々の可能性を最大限に引き出してくれている先生方の熱い表情にも深く感動しました。ありがとうございました。

小川典子(ピアノ)

001_2
学校紹介

002_2
子どもたちにやさしく語りかける鮫島さん

003_3
演奏の様子

004_2
元気いっぱいの子どもたちにちょっぴり後ずさり!?

005_3
演奏の様子

006_2
質問コーナー

007_2
「いつから歌をやり始めたのですか」「どのくらい高い声が出ますか?」などなど
たくさんの質問が出ました

-----------------------------

武蔵野東小学校のブログでも活動の様子が紹介されています。ぜひご覧ください。

武蔵野東小学校では、2010~2011年度の2年にわたり、計4回(弦楽四重奏、箏曲、オーボエ、声楽)の訪問コンサートを実施しました。
当プログラムにご協力いただいた皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

ミュージック・シェアリング事務局

|

2011年11月22日 (火)

秋深まる足利にて

2011年11月15日(火)足利市立南小学校
1、2年生 低学年向けミニコンサート
4-6年生  訪問コンサート

<訪問した演奏家>
鮫島有美子(ソプラノ)、小川典子(ピアノ)

--------------------------

 秋晴れで空気のおいしい足利へ。今回の一日目は足利市立南小学校、控え室はEnglishルーム。1年生から英語の授業があるそうです。
000
校庭の木々も少しずつ色づいています

 15分のミニコンサートは1、2年生で、たくさんの子どもらしい“こけし”のような顔ときらきらとした瞳に見つめられました。「おぼろ月夜」は、後で考えると、歌詞が文語調で低学年の子どもたちにとっては少し難しかったかも・・・?! (昔の子どもたちはみな知っていた歌ですが!) でもピアニスト、小川典子さんの「子犬のワルツ」は楽しそうに聴いていました。
001
「ピアノを習っている人はいますか?」「ショパンを知っている人は?」
小川さんからの質問に元気よく手を挙げる低学年の子どもたち


 控え室に迎えに来てくれた男子児童はもう声変わりがしていましたが、目がくりくりとしていて、もしかしたら普段は”いたずらっ子”?! 
002
お迎え係の児童に先導されて体育館へ

003_2
歓迎の言葉

004

005

 全体にとてもきちんと統制が取れている印象で、児童たちの鑑賞態度も大変おとなしい。ちょっと緊張していたのでしょうか。質問コーナーもあらかじめきちんと準備されていましたが、もう少し自由な発言があってもよかったのでは・・・?

 コンサートの最後には、今年日本中でさまざまな人がさまざまな思いで歌っている「ふるさと」を、皆で一緒に歌いました。
005_2
子どもたちと一緒に

 そして児童たちからの「プレゼント」は歌声が美しく響いた「Believe」。皆の心が言葉と音楽に込められていてとても感動的でした。
006

007
 
すべて終わって控え室に戻ったら、窓の外から子どもたちが呼びかけてきたり、帰りがけには低学年の少女たちが駆け寄って握手をしに来てくれたりで、嬉しくなりました!

鮫島有美子(ソプラノ)

-----------------------------

足利市立南小学校では、2010~2011年度の2年にわたり、計4回(ギター、雅楽、弦楽四重奏、声楽)の訪問コンサートを実施しました。
当プログラムにご協力いただいた皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

ミュージック・シェアリング事務局


|

2011年11月21日 (月)

三浦一馬×ミュージック・シェアリング対談!

10月 3日(月)佐野市立葛生小学校
11月 9日(水)八戸市立柏崎小学校
11月10日(木)八戸市立根岸小学校

<訪問した演奏家>
三浦一馬(バンドネオン)

「今度のブログ、対談形式で紹介するとおもしろいんじゃないですか?!」
そんな三浦さんからのご提案にちゃっかり乗って、根岸小での訪問コンサート終了後にお話を伺いました。

KM:三浦一馬さん
AH:長谷川綾さん(テレビマンユニオン三浦さん担当)
MS:ミュージック・シェアリング赤石

--------------------------

3校での活動を終えて
AH
先月の葛生小、今回の八戸市立柏崎小、根岸小と3校終わってどうですか?

KM
僕自身は音楽を提供する側として参加したんだけど、実際はこういう機会を通して自分が得るものがすごく大きいと気が付きました。

MS
得たものって?

KM
いつものコンサートとは全然違う環境で演奏できたことですね。こんなにたくさんの子どもたちに聞いてもらえる機会って普通のコンサートではないから。
子どもたちの反応や、彼らにどういう感じで話していけばいいのかだったり…。僕が音楽を届ける側なんだけど、コンサートを子どもたちとシェアしている感覚だったんですね。勉強になったし、楽しかった!
002
柏崎小:楽器の説明

MS
コンサート中に子どもの反応が返ってくるとおもしろいですよね。

KM
そうなんです、おもしろいし、嬉しいんですよ、それ。ああいうコンサートって、対話しながらじゃないと成り立たないと思うんです。
001
柏崎小:鑑賞中、「すげー!」とつぶやいている子も

MS
佐野市と八戸市、地域によって子どもの反応が違うなんて感じることはありましたか?

KM
うーん、3校しかやってないし、それはあまりなかったですね。
シーーーンとしている学校も、にぎやかな学校もあったけど、どんな環境でも真剣に聴いてくれる感じがして嬉しかったです。
それこそ赤石さんはいろんなところを廻っているから、地域によっての反応の違いとかわかるんじゃないですか?

MS
そうですね…、大阪に行くと楽器の値段についての質問が出るとか。

一同
(笑)さすが商人の町!

AH
そういえば葛生小でも値段の質問があったよね。

KM
楽器のことを全然知らないからこそ、純粋な興味として聞いてくれるのかも。それはそれで嬉しいですよね。
Pb1
根岸小:質問コーナー

AH
3校終わって、一番印象に残っていることは?

KM
うーん…それぞれいろいろあるから、一番をつけるのは難しいなぁ…
全体として、先生方もそうだけど、子どもたちが歓迎のムードで迎えてくれたのが嬉しかったですね。
「お礼に歌の花束を贈ります」って言ってくれた学校があって、すごく素敵だなぁと思って。こういうのはこれからも覚えていると思う。
004
根岸小:控え室の黒板にバンドネオンのイラスト発見!


どうすれば「自分のもの」として聴いてくれるかを考えてる
KM
学校でのコンサートの時、何を一番に考えているかっていうと、「どういうふうにすれば、聴いている子どもたちが、いかに自分のものとして身近に思ってくれるか」ってこと。これを大事に考えているんです。
音楽のことやバンドネオンのことを知らないからといって、自分と全く関係ない世界だってわけじゃないんですよね。自分の好きなことを見つけて、それに一所懸命取り組むっていうのは、音楽に限らずなんにでも共通しているので。
なるべく子どもたちにとって身近になるような話の進め方だったり、構成だったりというのをすごく考えますね。

MS
そういえば、お話の時に、子どもたちがわかりやすいように言い直しているところが何度かありましたよね。
例えば、「アルゼンチンの首都は…」と話した後に、「首都ってわかるよね?日本の首都といえば東京、アルゼンチンの首都はブエノスアイレスなんだけど」って言い直している。そういう小さな気配りがすごくいいなって思いました。

KM
僕自身、小さい頃、大人が言ってることがわかりにくかったことがあって(笑)
僕も大人といわれる年齢になって、知らず知らずのうちに大人の世界に慣れてしまっているから、自分の中ではちょっとオーバーかなって思うくらいにやってます。でもそれぐらいが本当はちょうどいいような気がする。
003
楽器の細部まで見えるようにスクリーンを使って説明


絶対なくしちゃいけないもの
MS
ミュージック・シェアリングって、他のNPOみたいに「100円があれば○○ができます」みたいな物質的な支援ができないんですよね。形に残らないものを届けている分、寄付してくださる方に成果が見えにくくて。

KM
でもそれってそんなに関係ないんじゃないかと思います。
今年、マルタ・アルゲリッチさんと共演させていただいた時に、「音楽も社会的インフラとして整備する必要がある」と言っていたんですよね。
僕自身も、音楽って不可欠なものだし、絶対なくしちゃいけないものだって思う。
きっと子どもたちもミュージック・シェアリングの時間が学校にあることを楽しんでくれてるはずです。
いい名前だなぁ、ミュージック・シェアリング。

MS
ありがとうございます!
時々、カーシェアリングと間違えられるんですけどね。

一同(笑)

AH
考え方は似ているよね。共有するってことだもんね。

KM
ミュージック・シェアリングっていう名前からも、あらためて音楽ってシェアするものだなぁって感じるかな。1人で黙々とやっていたって何の意味もないわけで、聴いてくれる人がいてはじめて成り立つと思う。
こういう活動を通して、バンドネオンじゃなくてもいいから、音楽をやってみたいっていう子がでるといい。このコンサートをきっかけにそういう子が生まれたら、本当に喜びだなぁって思います。

---------------------

005

帰京する新幹線に乗り込む前のすきま時間、実は昼食をいただきながら伺ったお話でした。
駅前の定食屋で「ラーメンがのびちゃう」「お茶くださーい」などと言い合いながらも、真剣に答えてくれた三浦さん。
どうもありがとうございました!

赤石衣里(ミュージック・シェアリング)


*活動の様子は根岸小学校のブログでも紹介されています。

|

2011年11月18日 (金)

マレーシアから来た箏奏者

10月31日(月)教職員向けマスタークラス
11月1日(火)訪問コンサート 
東京学芸大学附属特別支援学校

<箏曲プログラム>
沢井一恵(箏)、さわい箏アンサンブル
Pb010096
今回のメンバー
左下から一恵先生、井関さん
左上から有薗さん、小畑さん、福田さん、ブランドンさん
------------------------------------

先週、ミュージック・シェアリングの活動で東京学芸大学附属特別支援学校に行きました。
今回は2日間連続でした!

初日はみんなで朝から練習して、その後学校に行きました。
学校に着くとビックリ!学校がもの凄い可愛かったです。隣にきれいな川があって学校の校舎もラブリーな感じでした!
Pb010051

体育館に着いて楽器を準備しました。
Pa310020

でも実は、中嶋さん(楽器屋さん)がほとんど全部やって下さいました!
Pa310024
左上が中嶋さん。毎年このプログラムにご協力いただいています。
準備の合間に“箏爪談義”。いろいろ見せてもらってみんな興味深々!

初日は学校の先生たち向けのマスタークラスでした。

はじめに演奏を聴いてもらいました。
1曲目は一恵先生の 『六段の調べ』でした。
体育館のサイズがちょうど良く、お箏の響きが良かったです。

2曲目は『鳥のように』を群奏。大空を飛んでみたい気持ちで弾きました!

最後は一恵先生とアンサンブル全員での『焔(ほむら)』でした。スティックを使ったりして、のりが良い曲です。
先生達もなかなか盛り上がっていたみたいです。

演奏終了後、体験タイムです。
先生達には『さくらさくら』と、『六段の調べ』の最初の三小節を弾いてもらいました。教える経験が少ない僕には凄く勉強になりました。
先生達は上手でした!タッチと音がビックリするほど良かったです。自分が初心者の時より良かった・・・・・・
Pa310045

2日目も同じ流れですが、中心は子ども達。
皆さん最初からもう盛り上がって、驚きの声や笑い声が聞こえました。
Pb010066a_2

そして体験タイムの時、一人の先生に声をかけられました。
担当していた生徒さんが『焔』で凄く盛り上がってリズムと一緒に体を揺らしてたみたい!
それを聞いて僕も感動しました。やっぱり音楽は凄いなと思いました。
『この世界の中、誰でも、どんな人でも音楽が楽しめる!』と非常に感じました。

Pb010073a
箏に触れる子どもたち

Pb010085a_2
「箏は楽しかったですか?」

Pb010081
さわい箏アンサンブル井関さんからインタビュー


来年6月には沢井先生のもとでの勉強を終えてマレーシアに帰るので、さわい箏アンサンブルのメンバーとして訪問コンサートに出るのは最後になります。
今回も参加できて嬉しかったです。皆さんのおかげで楽しい思い出が出来ました!
心より感謝しております。
Pb010092a

さわい箏アンサンブル
リー・ブランドン(11月7日 記)

|

2011年11月 8日 (火)

パワーをもらった日

2011年10月11日(火)訪問 山形県立鶴岡養護学校

<訪問した演奏家>
荒絵理子(オーボエ)、遠藤直子(ピアノ)

-----------------------------------

10月11日、鶴岡養護学校へ訪問しました。

Pa110032a_2
入念に準備中。手前の楽器は子どもたちの体験用です

音楽室に入ると、生徒さんと先生方がとてもにぎやかに迎えてくれました。
「風笛」という曲から演奏を始めました。
Pa110053a_2

オーボエという楽器をみるのは始めてのようだったので楽器を実際に手にとってみてもらいました。
楽器体験コーナーでは、まずリードだけで音出ししてもらいましたが、ほとんどの子が音を出すことが出来ませんでした。難しかったかな?

Pa110050a_2
うーん、もうちょっと!がんばれ!

Pa110048a_2
楽器を持つ姿、様になっています

質問コーナーでは、積極的にたくさん質問してくれました。練習時間のことなど聞いてくれました。その他には「また来てくれますか?」とたくさんの子が聞いてくれました。うれしかったです!
少しでもオーボエに興味を持ってくれたようで良かったです。
Pa110055a_2

最後に終わりの言葉をもらいました。
Pa110066a_3

とても一生懸命言ってくれる姿に涙が出そうになりました。
そして先生方の熱意にも感動しました。
純粋でキラキラした笑顔に、たくさんのパワーをもらった1日でした。

11月28日には桐生市の群馬県立あさひ養護学校を訪問します。
こちらのコンサートも楽しみです。

荒絵理子(オーボエ)

-------------------------------

鶴岡養護学校ウェブサイト
こちら


|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »