« ルパン三世のテーマ:横浜国立大学附属特別支援学校 | トップページ | オーボエに興味津々! »

2011年12月22日 (木)

素敵なプレゼント

2012年12月6日(火) 
神奈川県立麻生養護学校表現支援コース音楽グループ

<指導ボランティア>
市川真未、大松暁子、中村ゆか里、山成御治代、
尾崎羽奈、牧夏子、藤平公美(ヴァイオリン)

ミュージック・シェアリングの指導ボランティアは、毎週火曜日に表現支援コース音楽グループの授業をサポートしています。

--------------------

この日、弦楽器トリオ株式会社の陳社長からプレゼントが届きました。ボウイングの練習ガイドです。

実は以前、指導ボランティアの市川さんからこんな相談を受けていました。
ボウイングの練習ガイドがあるといいけれど、必要な生徒分を購入するには結構高い。わりばしなどで代用品を作っても、突然思わぬ動きをすることがある生徒がいる中で使うには危険かもしれない・・・

そんな状況を知った陳社長が、それならばと生徒さんたちにプレゼントをくださったのです。

0002_2
指導ボランティアの大松さんから生徒代表へ贈呈

さっそく子どもたちに試してもらいました。
とはいっても、これまでのやり方が変わったり、新しいことに抵抗感を持ったりする生徒さんもいます。うまくいくかちょっぴり不安もありました。

0003_2
さっそく使ってみます

0005_2

全員ではありませんが、効果有りだったと思います。
学校の先生方からは、「驚くほどボウイングが安定した」「こういうものがあればと思っていた」とのお声をいただきました。
今後も先生方と指導ボランティアの連携で、生徒さんの状況に応じてうまく活用してもらえたらと思っています。

今学期の指導ボランティア派遣は今週で終了しましたが、3学期も活動は続きます。子どもたちの更なる活躍を期待しています。

赤石衣里(ミュージック・シェアリング)

|

« ルパン三世のテーマ:横浜国立大学附属特別支援学校 | トップページ | オーボエに興味津々! »