« 2013年3月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月24日 (月)

日本での活動が終わり

日本でのミュージック・シェアリングの活動が終わり、あっという間に10日間も過ぎました。ロスに数日戻った後、スペインに行き、昨日からウィーンに居ます。気候の変化があまりにも極端で、環境問題の事が気になります。

今年のミュージック・シェアリングの活動は10日間で学校や病院、養護学校、矯正施設などを訪問しました。色々な意味で20年の時の流れを感じるのも度々でした。これからどの様に変わっていくのか、などと将来の事も考える良い機会だったと思います。

もうすぐミュージック・シェアリングでは第7回ICEP参加者のオーディションの締め切り、今回に引き続き秋の訪問プログラム、ICEPミャンマー、などと活動が続きます。時と共にプログラムが展開していきますが、これからもより活発に続けていきたいです。

五嶋みどり

|

2013年6月14日 (金)

東大寺福祉療育病院を訪問しました

今日は、訪問プログラムの最終活動日でした。最後にふさわしい、ユネスコの世界遺産である奈良の東大寺を見学しました。
Todaiji
3人ともはじめての東大寺でした

Img_9208
鹿に夢中のウィリアム


僕たちの最後の訪問先は、東大寺福祉療育病院でした。はじめに、重症心身障害の子どもたちの病室を回り、約10分の演奏をしました。目に見える反応はほとんどないのですが、僕たちの楽器の音に反応してくれていると心から信じています。
その後、集会室で100人ほどの重症心身障害や肢体不自由児の子どもたちの前で演奏しました。病院のスタッフは子どもたちが静かに演奏を聴くように、付き添っていました。
演奏中に、僕たちは子どもたちの間をまわり、楽器を近くで見せました。理解するのは難しいようですが、手で楽器の振動を感じて喜んでいるのがわかりました。僕たちの演奏の後、子どもたちがいろいろな楽器で演奏してくれて、その一生懸命演奏する姿にとても感動しました。
Ok_p1470141
子どもたちの近くで演奏する早美花

バングラデシュと日本において、人生を変えるような経験ができました。みどり、そしてミュージック・シェアリングへ感謝します。
まったく異なる国での活動はとても印象深い経験となりました。また、僕自身の源である日本の文化伝統について、じかに学ぶことができた素晴らしい機会となりました。この思い出を大切に、これからも世界に音楽を届けていきたいと思っています。

ヒロ

--------

Today marked the last day of the 2012-2013 ICEP activities. Our tour concluded in Todaiji, a temple complex located in the city of Nara and also a UNESCO World Heritage Site. What an incredible place to end our journey!

Our last performance was at Fukushi Ryoiku Hospital and School, which is run by the Todaiji temple. The first portion of the visit was individual hospital room performances for cerebral palsy patients. Each of us played for about ten minutes for one to four patients at a time. Although there was little to no visible reaction, I sincerely believe they were stimulated by the sound coming from our instruments. After the room visits, we moved to the assembly room to perform for about 100 handicapped patients. The staff was extremely helpful in encouraging the kids to listen quietly. During the middle of our quartet presentation, we walked into the audience and showed our instruments up close. Most had limited comprehension but it was evident that they were really amused when they felt the instruments' vibrations with their hands. After our presentation, the students performed a short song for us with various instruments. It was a very moving experience to see them perform enthusiastically and dedicatedly.

Thank you, Midori and Music Sharing, for the life changing experiences in Bangladesh and Japan. It is very rare for anyone to be able to experience the two completely different worlds extensively, thoroughly, and fervently as we did. It was also a unique opportunity for me to explore Japan, where my ethnic identity is from, and learn about its cultural traditions firsthand. I will cherish these memories forever and continue to share the power of music around the world.

Hiro Matsuo

|

2013年6月13日 (木)

大阪 ザ・フェニックスホールでのコンサート

今日の大阪は本当に暑い一日でした。あまりの日差しの強さと気温の高さに、私は一日中、外を歩くことを避けていました。

お昼過ぎに、フェニックスホールに着きました。フェニックスホールは初めてですが、小さいホールのように見えて、座席数が多いのにはびっくりしました。室内楽に良いホールのようです。

Blog1
リハーサルの様子

開演19時。ホールは満席でした。前半のプログラムは良い雰囲気で、ヴェルディの演奏は東京の王子ホールのときより良かったのではないかと思いました。

後半はトークから始まり、今までは話すことに緊張しなかったのですが、なぜか今日は、上手く話せませんでした。私は人前(ステージの上)で話すことがあまり得意ではないので、演奏中のトークは特に難しく感じます。
演奏への集中力を保つことも、トークがスムーズに行かなかったので複雑でした。人前で話すことも訓練ですね。

演奏後はお客様たちとのMeet& Greet(ご挨拶やサイン会)が行われ、お会いした中には、高知県や横浜市から応援にきてくださった方もいらして、嬉しかったです。

ミュージック・シェアリングの日本の活動に参加して、長い2週間の毎日でしたが、色々な世界を見ることができ、沢山の人と出会い、また新たな経験をさせていただきました。
音楽を通して、短い時間でしたが、一緒に過ごせた子どもたち、校長先生や担当の先生方と、心が繋がり感動を分かち合えた時間を、感謝しています。


本田 早美花

---------

Today it was very hot in Osaka. The strength of the sunlight and the amount of heat in the air caused me to avoid going outside for the whole day.

We arrived at Phoenix Hall just after noon. It was my first time there. For how small the hall was, I was surprised by the number of seats! It is a great hall for chamber music.

At 7 the concert began, to a full hall. There was a great feeling in the hall during the first half of the program. I thought our performance of Verdi was better than it had been at Oji Hall in Tokyo.

The second half began with a talk, and I felt that I spoke a little less confidently than I had before, since I was more nervous than usual. I don't do well speaking in front of people, especially when I have to speak on stage during performances. It was also complicated to focus on performing after feeling like my speech hadn't gone very well. I guess I am still in training as to how to speak well in public!

Afterwards, we had a meet and greet session, and met people who had come from all over Japan, including Kochi and Yokohama. I was very glad about this.

It was a long two weeks of Music Sharing activities in Japan, but I got a glimpse into many different worlds, was able to meet lots of people, and gained lots of new experiences. I am grateful for the chance I had to spend time not only with children, but with principals, teachers, leaders, etc. I am happy that I was able to, even for just a short time, share music with all of these people.

Samika


|

2013年6月12日 (水)

日本の教育について

今日は、京都と大阪で2つの訪問コンサートがあり、とても忙しい1日でした。それぞれ学校によって違いますが、日本の子どもたちには少し慣れてきたような気がします。

日本人の親や教師たちは、子どもたちの将来をとても気にかけ、知的な面だけでなく、精神面での成長を願い、責任ある社会の一員になれるよう、多大なエネルギーを注いでいます。自分が知っている範囲では日本は世界で一番礼儀正しく、教養のある社会です。

日本の子どもたちは小さい時から大人のように気がついて、4年生にもなると、お客様を歓迎することの大切さを良く理解していて、人前で話すことには慣れているし、礼儀正しい話し方や対応の仕方が身に付いているようです。
小学校で日本の子どもたちに接して、だんだん日本の教育制度等に関する自分の理解が深まるとは思っていませんでした。

P6120282
京都市立北白川小にて低学年のクラスを訪問するヒロ

今日、京都と大阪の天気があまりにも良かったので、電車に乗っている間は車窓の景色から目を離すことはできませんでした。午後の小学校訪問コンサートの前に時間が少しあったので、近くの銀閣寺を見に行ってきました。日本の重要な寺院等はどれも美しく神聖な気持ちになります。今日は晴れていて、銀閣寺は2度目ですが、初めて行ったときの雨の銀閣寺と同じように美しかったです。

P6120366
守口市立第三中学校夜間学級(大阪)での訪問コンサート

ウィリアム・フランプトン

----------

Today was a full day with two performances in Kyoto and Osaka. Each group of school children has surprised me in different ways, but I'm beginning to get an idea of children in Japan.

Both parents and teachers care very deeply for the development of their children and invest tremendous energy in making sure they not only progress intellectually and emotionally, but that they also become responsible members of society in Japan: the most civilized and polite society I know of.

The acculturation begins early, and already at the 4th grade level we consistently see an understanding for ceremony in welcoming guests and a developing sense of public speaking and etiquette while part of a large group. My growing understanding of the education and acculturation of children informs my perspective in Japan as a cultural outsider, a result I did not expect to follow educational outreach.


Today was a perfectly gorgeous day in Kyoto and Osaka in which I couldn't take my eyes off of the windows on our train rides, and which begged us to visit Ginkakuji temple in the hour between lunch and our next school performance. It is always a beautiful and spiritual experience to visit Japan's most revered temples and today was my second time visiting Ginkakuji. It was just as beautiful this time as it was last time on a very different day, during a spring rain.

William Frampton


|

2013年6月11日 (火)

今日は岐阜県と愛知県です!

今日は美しい街、多治見市への訪問で始まりました。

最初の訪問先の北栄小学校では、手作りのカラフルな紙のアーチを数人の生徒たちが持ち上げてくれ、そこをくぐって体育館に入場しました。とても元気な6年生たちは、満面の笑顔と割れんばかりの拍手で温かく迎えてくれました。
僕は、子どもたちが午前中は特に元気があるんだということを、このツアーを通じて感じました。でも演奏中は、僕たちの演奏や言葉に静かに耳を傾け、集中してくれました。
北栄小学校は他の学校とは違い、子どもたちによる多治見市や北栄小学校についてのプレゼンテーションがありました。しかも英語で!日本語が分からないウィル君は特に喜んだと思います。

P6110234

電車やタクシーを乗り継いで次に訪問したのは春日台養護学校でした。この学校では保育園から高校生までの障害を持つ子どもたちが学んでいます。聴衆は約200人ぐらいで、今回のツアーの中で一番人数が多かったと思います。蒸し暑さとまわりの騒音で、演奏には厳しい環境でしたが、私たちの演奏を熱心に聴いてくれました。会場を回って子どもたちのそばへ行き、楽器を紹介したり、触ってもらうと、その美しい素敵な音に子どもたちは驚いていました。このようにクラシック音楽を子どもたちに紹介し、子どもたちと音楽の力を分かち合う機会が与えられたことを僕はとてもありがたく思っています。

P6110257

今夜、歴史の街京都で活力を養います!


ヒロ マツオ

We started the day off in the beautiful city of Tajimi.

The first venue we performed today was at the Tajimi Hokuei Elementary School. We were greeted cheerfully by enthusiastic sixths graders, some of them holding handmade paper arches for us at the gymnasium entrance. The students seemed very much awake - they were all clapping energetically with big smiles on their faces. I find that the kids at morning performances tend to have ample energy. During our performance, they remained completely silent and attentive to what we offered musically and verbally. What was different at this school compared to the other ones was that they made a special presentation about their school and the town. And it was all done IN ENGLISH. I think Will really appreciated this (because he could understand without translations)!

After a short train ride and a couple of taxi rides, our next stop was the Haruhidai Yogo School. The school accommodates mentally disabled students from kindergarten to high school seniors. The audience was the biggest we've had so far - around 200. Although the performing condition was not optimal (high temperature/humidity and peripheral noise), we had a great time presenting to the earnest kids who showed utmost respect. During the instrument showing segment, they were astounded by the beauty of the instruments and their sounds. I'm grateful that we had the opportunity to introduce to them classical music and share with them the power of music.

Tonight, we recharge our bodies in the historical city of Kyoto!


Hiro Matsuo

|

2013年6月10日 (月)

ハードなバースデー

新しい一週間が始まりました。そして、今日は私の誕生日でした。

昨夜の王子ホールでのコンサートは、無事終わりましたが、かなり疲れがたまっていて、翌朝早い出発は、ハードなスタートとなりました。朝6時半前に起きて、7時半にホテルを出てから、一日中乗り物に乗っていたような気がします・・・。地下鉄、新幹線、全て合わせて10本もの電車に乗りました。

午前中は埼玉県川越市の福原小学校を訪問しました。
私たちを迎えてくれた320人の 4年生の子どもたちは、私たちの演奏を驚くほど集中して、聴いてくれました。
プログラムは、いつものように、クラシック音楽の幅広いスタイルを紹介できるように、モーツァルトから始め、ヴェルディやストラヴィンスキー、ラヴェル、リストの中から演奏しました。
質問コーナーでは、子どもたちから多くの質問を受けました。
かなり興味深い質問もありましたし、ミュージック・シェアリングのプログラムや目的に興味を持ってくれた子どももいて、とても印象的でした。私たちの演奏後には、元気いっぱいの踊りと歌を披露してくれました。


P6100218


この訪問コンサートの後、ちょっとしたハプニングがありました。
駅でタクシーから降りた後、コーディネーターのチャドさんが、荷物をタクシーに置き忘れていることに気づいたのです。
フランスだったら、このようなことがあれば、荷物は見つからない可能性の方が高く、万が一出てきたとしても、数日後にやっと連絡が入り、相当時間がかかります。ところが、日本は領収書に電話番号と車の番号が表記されているので、連絡して15秒後にはそのタクシーの運転手さんと連絡がとれ、大急ぎで荷物を届けてくれました。

P6100230


そして、午後は東京に戻り、もう一つの訪問コンサートを開きました。お返しの歌は「ありがとう」という歌で、心にしみて涙が出てきそうでした。

そのあとは、また電車移動で東京駅に向かい、新幹線、在来線と移動が続きましたが、無事に皆、到着できました。新幹線の中では、チャドさんがサプライズバースデー・ケーキを用意してくれて、みんなで美味しく食べました。ありがとう!

今夜は みんなぐっすり眠れそうです!


本田早美花

|

2013年6月 9日 (日)

子ども達の「?」と演奏家の役割

昨日日帰りで岡山に行ってきたメンバーですが、約束通り王子ホールでのリハーサルに無事到着しました。全員元気に活動に挑んでいます。

昨年12月、バングラデシュで色々な素敵な体験をし、思い出ができましたが、今日の報告コンサートの時、写真やVTRを見ていると大変懐かく感じ、まだ一週間残る日本での活動の原動力にもなりました。明日は東京エリアで学校などを訪問し、その後岐阜県へと移動予定です。

「子ども達からどの様な反応を望んでいるのか、また子ども達に何を伝えたいのか?」という質問を頻繁に受けますが、いつも答えに困ってしまいます。これらは私がコントロールできることでなく、音楽に、また聴き手にお任せする様にしているからです。聴き手は演奏者を喜ばす為に音楽を聴いているのでしょうか?勉強は教師の為にするのではなく、教師の役割は、ある知識を得ることにより、今より前へ進む(もしかしてこのプロセスを上達というのでしょうか)時のガイド役なのですね。分からない(考えるから分からないのです。考えないから分からないとか、分からないから考えないのではないですね。)、不思議だ、難しい、という反応は悪いものとは言いがたいです。そこから新しい質問へと繋がっていき、世界が広がっていくのですね。音楽に関しても演奏者は常にガイド役です。子ども達の「???」を大切に活動を続けていきたいです。

五嶋みどり


Blog1_2
写真提供/弦楽器雑誌『サラサーテ』


|

2013年6月 8日 (土)

旭川荘ミュージックアカデミーを訪問しました

今日、岡山県にある総合医療福祉施設の「旭川荘」を訪問しました。
広大な敷地に、学校や病院をはじめ、いろいろな施設が充実しており、働いているスタッフも1000人以上いるそうです。

最初の、子どもたちによる、オーケストラの演奏は、チームワークが光る素晴らしいものでした。
ボランティアや先生方は、リズムをとるのが難しい子どもには、肩を軽くたたいてあげたり、楽譜についていくことができない子どもには、楽譜を指さして示してあげたり、 集中できない子どもには自分の演奏に集中するように指導したりしていました。

P6080179

オーケストラというは、ふつう一人一人が責任をもって自分のパートを演奏して成り立つものですが、旭川荘の子どもたちによるオーケストラは、演奏する人以外の助けも加わり、成り立っていました。子どもたちの人生に対する前向きな姿勢や、知的成長への影響は計り知れないものがある、と感動しました。

私たちの演奏中、集まって下さった方々の熱心に集中して聴き入る姿をみて、自分たちも彼らに応えたいと思い、一生懸命演奏しました。聴衆と演奏家が音楽を通じて一つになり、一緒に特別な何かを感じることができる音楽家にとってこのような経験は素晴らしいことです。

P6080195



明日は東京の報告コンサートです。今からとても楽しみです!

ウィリアム・フランプトン


Today we visited a village for people with mental disabilities that contained a school, homes for the patients and students, medical facilities, and just about everything needed to function as an independent village. I was told that the staff numbers greater than a thousand and the campus was a sprawling expanse dedicated to helping the students andpatients.

The students performed for us first, with their orchestra playing several pieces in a remarkable display of teamwork between instructors, volunteers, and students. I observed the different types of help the students were receiving: some needed help keeping time (accomplished with light tapping on their shoulder), some with following the score (assistant pointed along with music), and some with staying on task. The orchestra is usually composed of many independent people being responsible for their own part, but this group had multiple moving parts for each musical responsibility.
It was very touching, a positive addition to each of the students lives, and probably contributes to the intellectual progress of each student in ways that can't be quantified.

The audience listened intently to our performance, and their powers of observation inspired me personally to play with more emotional content than usual as I felt them responding to it. This is one of the things you live for as a musician, the moment when you and the audience are living and breathing together, and you feel like the audience is trusting you with their feelings.

Our next project is the Tokyo Reporting Concert, an event I eagerly look forward to.

William Frampton

|

2013年6月 7日 (金)

伝統音楽にふれて

東京に帰ってきました!
私たちは東北での数日間の旅が終わったところで、東京のホテルに戻ってきています。

今日の午後は文化体験をしました。
沢井先生のお家では色々な日本の伝統的な楽器を拝見する機会に恵まれました。
Blog2

沢井先生は有名な箏(紀元500年位に生まれた伝統的な楽器)の演奏家であり、指導者で、世界中のたくさんのアーティストとのコラボレーションも経験されている方です。

沢井先生の下で勉強している5人の才能ある生徒たちと一緒に演奏してくださいました。箏の録音は以前に聴いたことはありましたが、このような空間で生の演奏を聴いたり、見たりするのは非常に貴重な素晴らしい体験でした。お会いしたこの6人のアーティストの方々が日本の伝統音楽を守るのに一身を捧げていらっしゃることに、とても感動しました。
Blog3_2


明日は岡山に行きます!

ヒロ・マツオ

-------------------

Greetings from Tokyo! We are back in "home base" after a few days of traveling in the northern part of Japan.

The day concluded with a cultural experience involving traditional Japanese instruments at Sawai-Sensei's residence. Mrs. Sawai is a renowned koto (traditional Japanese instrument from ca. 500 A.D.) player and pedagogue, and has collaborated with different artists around the world. She was accompanied by five of her extremely talented students. I've heard recordings of koto before, but it was such a treat to hear and see a live performance in such an intimate setting! I think it's incredible that these artists have completely devoted their lives to preserve the musical tradition.

Off to Okayama tomorrow!

Hiro

|

2013年6月 6日 (木)

北上市立黒沢尻東小学校を訪問しました

今日は私がブログの担当です。
長い一日でした。

朝9時にホテルを出発し、車で北上市立黒沢尻東小学校に行きました。校長先生と担当の先生からの温かい出迎えを受け、私たち4人は早速、3年生と4年生の教室を訪問しました。
自分の楽器を紹介したり、ソロを演奏したりしましたが、初めてヴァイオリン、ヴィオラ、チェロを見る子どもが多く、とても喜んでくれました。
Blog3

その後、体育館で小学校5年生の子供たちに、弦楽四重奏の演奏会を開きました。演奏の後には、子どもたちから積極的な面白い質問を受けました。そして、「スクールライフはエンジョイしないと!」というユーモアたっぷりの歌を、元気に歌っている姿はとてもかわいらしかったです。
Blog2

また、私は18年ぶりに日本の小学校の給食を食べました。チャンポンスープはとてもおいしかったです。
Blog1


本田早美花


----------


Today is my turn to write the blog.
It was a long day…

After our departure from the hotel in Kitakami at 9am, we went to the Kurosawajiri-Higashi-Elementary School. We were warmly welcomed by the teachers and the principal of the school, and each of us were given several classrooms to visit amongst the 3^rd and 4^th grades, where we introduced our instruments and played short solo pieces. It was the first time for most of the children to see a violin, viola or a cello, so they were very enthusiastic and excited.

This was followed by our string quartet concert in the gym for the 5^th grade children. After the performance, the kids asked lots of interesting and funny questions, and were very actively engaged. They sang a really fun and humor-filled song called "We Must Enjoy School Life!" Seeing the kids singing so passionately was very cute.

Also I was able to eat a Japanese elementary school lunch for the first time in 18 years. They fed us some champon soup, which was very tasty!

Samika

|

2013年6月 5日 (水)

石巻市立大谷地小学校を訪問しました

今日は初めて日本の小学校を訪問しました。素晴らしい経験となりました。まずはじめに、子どもたちの代表から丁寧な歓迎の挨拶をうけ、とても感動しました。また、先生や子どもたちの喜ぶ姿は印象的で、彼らの礼儀正しさは自分たちも真似しなくてはいけないなと思いました。
Blog1
訪問コンサートの様子


早美花と僕はバングラデシュの民族衣装を着てコンサートに出ました。早美花が着た紫色のサリーはとてもきれいでしたが、サリーを着ての演奏はとても難しいと言っていました。でも楽しいコンサートとなりました。
Blog2


コンサート後、大谷地小学校の杉山先生が、石巻市内の被災地を案内してくださいました。震災前にあった多くの家が、今は土台しか残っておらず、街を完全に飲み込んだ30メートルの津波の力は、自分たちの想像を超えているものでした。
また、仮設住宅や仮設校舎もまわり、この2年間の被災者の方々の生活はどんなに厳しかっただろうと、思わずにはいられませんでした。あらためて、被災地の復興を心よりお祈りしています。

とにかく、ツアーは賑やかにスタートしました。
特に日本語のわからない僕にはすべてが挑戦です。昨日の夜は、夕飯を食べにお店に入ったのですが、メニューには英語も、写真もないので、とにかく「おまかせ」にしてみました。すると、とてもおいしい料理がでてきて、大好きになりました。このジャガイモやベーコンやお肉の入った料理の名前を後でスタッフに聞いたら、『肉じゃが』だということでした。

ウィリアム・フランプトン

---------

My first visit to a Japanese elementary school today was a cultural experience for me.
I was touched by the formal greetings by designated class leaders and speakers and the way they prepared an organized ceremony preceding and proceeding our performance while they listened intently.
The teachers and children took care to treat the quartet in a way that conveyed excitement and respect: an attitude we all can strive for.

Samika and I had both found some traditional Bengali clothing to bring for this tour and while my hand made shirt was quite comfortable, Samika learned that while her purple sari is quite beautiful, it takes extra skill to play violin while wearing it.
Nevertheless, we had a good time with our show and tell.

Afterwards, Mr. Sugiyama took us on a drive through some of the areas that had been devastated by last years tsunami.
This was heart breaking to see. We drove through several former towns which had little more than the foundations of the former houses that had been washed away by the hundred foot waves of the tsunami.
It was hard to believe that the power of the ocean could just erase cities from their land. We saw several sites where temporary housing had been erected for displaced people, as well as temporary schools for their children.
I'm sure the last year has been a very difficult one for the area, and I wish a swift recovery for the population as they relocate or rebuild.

The tour is off to an exciting start, especially for me, a non Japanese speaker. There are all sorts of urdles I run into here.
For instance, I just had dinner at a beautiful family run restaurant in Kitakami, and when menus don't have pictures or English, I have two choices: point at things randomly, or say "Omakase".
I chose to say Omakase tonight, and was served one of the best meals I've had in a while and also found a new food that I love Nikujaga. (Stew with potato and bacon or pork)

William


|

2013年6月 4日 (火)

来日したメンバーから一言


みなさん、こんにちは。ヴァイオリニストの本田早美花です。
明日からICEPのメンバーとの訪問プログラムのツアーが始まります。今日は合同練習の最終日なので、たくさん練習をした長い一日でした。
パリから東京に着いたのは数日前なのでもう時差はありませんが、これからのハードスケジュールに対して、少し緊張感があり、よく眠れない日もあります。
今回は日本国内で私の知らない場所にも行くので、新しい人々や地域など、様々な経験ができることをとても楽しみにしています。

本田早美花

-----

ヴィオリストのウィリアム・フランプトンです。
待ちに待った訪問プログラムの活動で、ICEPのメンバーと来日できて、今からワクワクしています。
今回の活動では、バングラデシュで得た経験を日本のみなさんにお伝えし、僕もまた、日本の文化や芸術に触れながら日本各地で皆さんとコミュニケーションしていきたいと思っています。

ウィリアム・フランプトン

-----

チェリストのヒロ・マツオです。
シカゴで生まれ育ち、今はニューヨークに住んでいます。日本には一度も住んだことがないので、今回ミュージック・シェアリングの活動の一つである訪問プログラムでのツアーを心待ちにしていました。色々な場所で演奏し、色々な人たちと会えることを楽しみにしています。

ヒロ・マツオ

-----

Hello everyone. I'm Samika Honda, the violinist of this year's project.The tour will start from tomorrow. Today is our last day of rehearsalin Tokyo, so it will be a long day.
I arrived from Paris a couple of days ago, so I no longer have a jetlag, but I have had some trouble sleeping a few nights...
During our tour in Japan, we will be visiting few towns that are new to me, so I am very much looking forward to discovering new places, people, and various experiences.

Samika


-----

I'm very excited to be back in Japan for our second ICEP tour. I fell in love with the country during our rehearsals for the Bangladesh portion of the program and have been anxiously awaiting my return.
I'm also looking forward to sharing some of my experiences and stories from Bangladesh, where I was so far out of my cultural comfort zone that the experience challenged my world view. The quartet was brought into close contact with people who had never seen someone so foreign.
We were able to open lines of communication that transcend age, social status and verbal language. I eagerly await the beginning of our tour of Japan.

William

-----

I'm a cellist living in New York City. I was born and raised in Chicago.Since I've never lived in Japan, I'm very much looking forward to seeing different parts of the country on this upcoming Music Sharing tour. I'm thrilled to be performing with Midori, Samika, and Will at multiple venues and also learning about the Japanese culture.

Hiro


|

2013年6月 3日 (月)

集中練習

ICEPバングラデシュ・日本のメンバーは、昨日から集中練習が
始まりました。昨年の暮れのバングラデシュ・ツアー後の解散
から初めての全員再会で、笑顔が絶えません。

今回の日本のツアーでは11ヶ所を訪ね、色々なお話や昨年
バングラデシュで学んだこと、感じたこと、経験したこと、を
大勢の子どもたちとシェアして、交流できるのを全員楽しみに
しています。

「集中練習」というのは言葉通りで、とにかく集中して合同練習
するのです。長時間しても苦になりません。今回のプログラム
では生誕200周年のヴェルディの作品、ラヴェルのカルテット
などの演奏を計画しています。このヴェルディ、結構聴いている
より演奏は難しいのです!

明日も一日練習です。その合間には近所の喫茶店に行ったり、
ラーメンを平らげる人やら、たい焼きをトライする人、リラックス
するのに色々な手段を取っています。
これから梅雨中のツアーですが、元気で過ごすにはやはり
身近に楽しみの場を見つけられるかどうかが秘訣なのでは
ないでしょうか?

Img_4383_2


五嶋みどり

|

2013年6月 2日 (日)

いよいよ訪問プログラムが始まります!

ミュージック・シェアリングの活動のひとつ、「訪問プログラム」のツアーがいよいよ今週よりスタートします!

今回は、カルテットのメンバーが11ヶ所の小学校や養護学校などを訪問します。(2013年度 訪問プログラム訪問先のご紹介はこちら)6月9日、13日には東京と大阪で「ICEPバングラデシュ/日本 活動報告コンサート」も予定しています。

メンバーは昨年末に「ICEP(アイセップ)」のツアーでバングラデシュを訪問した、みどり、本田早美花(以上ヴァイオリン)、ウィリアム・フランプトン(ヴィオラ)、ヒロ・マツオ(チェロ)の4名です。
全員が無事に来日し、リハーサルに励んでいます!

行く先々ではどんな子どもたち、どんな笑顔に会えるのか今から楽しみです。ツアーの様子はこの活動ブログを通してお伝えしていきます。みなさま、ぜひご覧くださいね!

ミュージック・シェアリング
酒井絵梨

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年7月 »