« 大阪 ザ・フェニックスホールでのコンサート | トップページ | 日本での活動が終わり »

2013年6月14日 (金)

東大寺福祉療育病院を訪問しました

今日は、訪問プログラムの最終活動日でした。最後にふさわしい、ユネスコの世界遺産である奈良の東大寺を見学しました。
Todaiji
3人ともはじめての東大寺でした

Img_9208
鹿に夢中のウィリアム


僕たちの最後の訪問先は、東大寺福祉療育病院でした。はじめに、重症心身障害の子どもたちの病室を回り、約10分の演奏をしました。目に見える反応はほとんどないのですが、僕たちの楽器の音に反応してくれていると心から信じています。
その後、集会室で100人ほどの重症心身障害や肢体不自由児の子どもたちの前で演奏しました。病院のスタッフは子どもたちが静かに演奏を聴くように、付き添っていました。
演奏中に、僕たちは子どもたちの間をまわり、楽器を近くで見せました。理解するのは難しいようですが、手で楽器の振動を感じて喜んでいるのがわかりました。僕たちの演奏の後、子どもたちがいろいろな楽器で演奏してくれて、その一生懸命演奏する姿にとても感動しました。
Ok_p1470141
子どもたちの近くで演奏する早美花

バングラデシュと日本において、人生を変えるような経験ができました。みどり、そしてミュージック・シェアリングへ感謝します。
まったく異なる国での活動はとても印象深い経験となりました。また、僕自身の源である日本の文化伝統について、じかに学ぶことができた素晴らしい機会となりました。この思い出を大切に、これからも世界に音楽を届けていきたいと思っています。

ヒロ

--------

Today marked the last day of the 2012-2013 ICEP activities. Our tour concluded in Todaiji, a temple complex located in the city of Nara and also a UNESCO World Heritage Site. What an incredible place to end our journey!

Our last performance was at Fukushi Ryoiku Hospital and School, which is run by the Todaiji temple. The first portion of the visit was individual hospital room performances for cerebral palsy patients. Each of us played for about ten minutes for one to four patients at a time. Although there was little to no visible reaction, I sincerely believe they were stimulated by the sound coming from our instruments. After the room visits, we moved to the assembly room to perform for about 100 handicapped patients. The staff was extremely helpful in encouraging the kids to listen quietly. During the middle of our quartet presentation, we walked into the audience and showed our instruments up close. Most had limited comprehension but it was evident that they were really amused when they felt the instruments' vibrations with their hands. After our presentation, the students performed a short song for us with various instruments. It was a very moving experience to see them perform enthusiastically and dedicatedly.

Thank you, Midori and Music Sharing, for the life changing experiences in Bangladesh and Japan. It is very rare for anyone to be able to experience the two completely different worlds extensively, thoroughly, and fervently as we did. It was also a unique opportunity for me to explore Japan, where my ethnic identity is from, and learn about its cultural traditions firsthand. I will cherish these memories forever and continue to share the power of music around the world.

Hiro Matsuo

|

« 大阪 ザ・フェニックスホールでのコンサート | トップページ | 日本での活動が終わり »