« ハードなバースデー | トップページ | 日本の教育について »

2013年6月11日 (火)

今日は岐阜県と愛知県です!

今日は美しい街、多治見市への訪問で始まりました。

最初の訪問先の北栄小学校では、手作りのカラフルな紙のアーチを数人の生徒たちが持ち上げてくれ、そこをくぐって体育館に入場しました。とても元気な6年生たちは、満面の笑顔と割れんばかりの拍手で温かく迎えてくれました。
僕は、子どもたちが午前中は特に元気があるんだということを、このツアーを通じて感じました。でも演奏中は、僕たちの演奏や言葉に静かに耳を傾け、集中してくれました。
北栄小学校は他の学校とは違い、子どもたちによる多治見市や北栄小学校についてのプレゼンテーションがありました。しかも英語で!日本語が分からないウィル君は特に喜んだと思います。

P6110234

電車やタクシーを乗り継いで次に訪問したのは春日台養護学校でした。この学校では保育園から高校生までの障害を持つ子どもたちが学んでいます。聴衆は約200人ぐらいで、今回のツアーの中で一番人数が多かったと思います。蒸し暑さとまわりの騒音で、演奏には厳しい環境でしたが、私たちの演奏を熱心に聴いてくれました。会場を回って子どもたちのそばへ行き、楽器を紹介したり、触ってもらうと、その美しい素敵な音に子どもたちは驚いていました。このようにクラシック音楽を子どもたちに紹介し、子どもたちと音楽の力を分かち合う機会が与えられたことを僕はとてもありがたく思っています。

P6110257

今夜、歴史の街京都で活力を養います!


ヒロ マツオ

We started the day off in the beautiful city of Tajimi.

The first venue we performed today was at the Tajimi Hokuei Elementary School. We were greeted cheerfully by enthusiastic sixths graders, some of them holding handmade paper arches for us at the gymnasium entrance. The students seemed very much awake - they were all clapping energetically with big smiles on their faces. I find that the kids at morning performances tend to have ample energy. During our performance, they remained completely silent and attentive to what we offered musically and verbally. What was different at this school compared to the other ones was that they made a special presentation about their school and the town. And it was all done IN ENGLISH. I think Will really appreciated this (because he could understand without translations)!

After a short train ride and a couple of taxi rides, our next stop was the Haruhidai Yogo School. The school accommodates mentally disabled students from kindergarten to high school seniors. The audience was the biggest we've had so far - around 200. Although the performing condition was not optimal (high temperature/humidity and peripheral noise), we had a great time presenting to the earnest kids who showed utmost respect. During the instrument showing segment, they were astounded by the beauty of the instruments and their sounds. I'm grateful that we had the opportunity to introduce to them classical music and share with them the power of music.

Tonight, we recharge our bodies in the historical city of Kyoto!


Hiro Matsuo

|

« ハードなバースデー | トップページ | 日本の教育について »