« 2013年6月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年7月

2013年7月 5日 (金)

バングラデシュ/日本のツアーを終えて

2012年度のICEPの活動が終了しました!バングラデシュを2回訪問し日本ツアーも終え、世界中で音楽がどのような役割を担っているのか、更に理解を深められたと感じています。
このブログに自分の感想をすべて書き込むのは難しいので、今回のICEPが成功した点を4つあげてみます。4つというのは、メンバー4人の才能です。音楽の才能はもちろんですが、個性も含めてその才能を生かすことによって、バングラデシュでも、日本でも、多くの子どもたちの心を捉えていました。

#1みどりさんはまさに平和大使
バングラデシュのランガマティーへの訪問については、強力な軍事政権で暴力の歴史をもつ地域であることを少し不安に思い、みどりさんに事前に相談しました。みどりさんは「行きましょう」という返事をくれました。
そのランガマティーには1泊しただけでしたが、訪問先のモーナガールという学校の生徒たちや指導者たちに強烈な印象を与えました。彼らの人生を変えたと言っても過言ではないでしょう。たとえば、伝統舞踊を披露してくださった一人の学生はICEPの演奏家に出会い、ダッカでの大学を卒業してから海外に留学することを考えたと言います。
これこそICEPの活動の目的で、音楽を通して子どもたちに自分の夢や将来の計画を広げるような刺激を与えること、そして音楽を通して平和を伝えることだ、とみどりさんは言っています。

#2ウィル君こそ文化大使
私がバングラデシュの下見から戻った時、12月の本番にカルテットのメンバーが、バングラデシュの文化を十分に受け入れてくれるだろうかと少し心配していました。しかし、ウィル君は、これが初めてのICEPのツアーであり、初めてのアジアでの経験だったにもかかわらず、日本をはじめバングラデシュで出会った子どもたちやお世話になった先生たちに、積極的に接していました。
彼は、その国の生活、文化、考え方などを真剣に受け止め、そして、自分の才能と知識を、躊躇せず子どもたちに披露し、スタッフに声をかけていました。
ICEPの活動で、彼はまさに文化大使のような才能を発揮し、これからもますますその才能を伸ばしていくのだろうと思います。

#3ヒロ君は 広い心を持つアーティスト
ヒロ君の持っている音楽への取り組み方は、ICEP活動への貢献の一つだと思います。常に、ICEPの演奏が高い質であることに努力していました。
4月に、私はジュリアードでヒロ君と一緒に演奏する機会がありましたが、彼が音楽の細かいところ(ニュアンスの解釈)をどれだけ大切にしているかを目の当たりにして、感動しました。
ICEPのツアーの時も、たとえ連日コンサートが続いていても、夜遅くに部屋で練習しているのを度々聞きました。
また、今回の日本のツアーは日系アメリカ人のヒロ君にとって、とても特別な経験だったと思います。心の中で感じたことを日本語で表現することにより、
なお効果的に音楽を子どもたちに届けることが出来ました。とは言っても、言葉がなくても子どもたちは彼の弾くチェロの音が大好きになったようです。
私は、大きなチェロに初めて触れる子どもの手を取っているヒロ君の姿がとても印象的でした。

#4グローバルビジョンと大きな可能性を持つ早美花さん
フランス語、英語、そしてもちろん日本語が話せる、早美花さんは正真正銘のコスモポリタンです。そして、もちろんヴァイオリンのテクニックも素晴らしいです。
その言語力を使って、ICEPの活動では人前で話し、子どもたちや聴衆と接しました。
また、言葉や文化の異なるカルテットの中で、チームワークをとても大事にして、みんなをまとめていました。彼女もこのICEPで発揮したすばらしい才能をますます発揮することと思います。
子どもたちにやさしく接し、音楽を教えて、話しかける姿はとても素敵でした。


この4人のアーティストと一緒に活動できたことは私にとって素晴らしい経験でした。
これからまた、今年のミャンマー訪問、来年の日本ツアーと、ICEPの新しいメンバーに会うのを楽しみにしています。
また、音楽を通してどのような変化が起きるか楽しみです!

チャド


This year’s ICEP program is finished! After two trips to Bangladesh, and another to Japan, I have grown in my understanding of the world, and music’s role in it.
I have way too many impressions to share in a single blog entry, so I will share what I think were a few of the most successful moments of ICEP 2012/2013, through vignettes featuring each member of this year’s quartet. Each member brought a unique set of personality traits and talents to the group, the employment of which touched many people in both Japan and Bangladesh.

#1 –Midori acting as a true Messenger of Peace.
When I first suggested we go to Rangamati, where a harsh history of violence and a large military presence requires special government permission to enter, Midori’s response was: “We’d better go.” We spent only one night there, but the impact of that visit on the students and administration of Moanoghar (the school we visited) is hard to overstate. Just to give one example, one of the students who danced for us is now seriously considering studying abroad when he finishes his college degree in Dhaka. Midori’s vision of inspiring children to enlarge their dreams for themselves and their future is having real effects, and she is, through activities like ICEP, helping to promote the message of peace through the powerful medium of music.

#2 – Will acting as a true cultural ambassador.
One of my biggest concerns after my preliminary trip to Bangladesh was whether or not the members of the quartet would have the courage it takes to truly engage the culture. While the ICEP trip was William’s first visit to Asia, he demonstrated a serious commitment to learning about the people we visited, both in Bangladesh and in Japan. He had absolutely no fear about sharing his talents and knowledge with the children, and he made an effort to converse with our hosts at each institution – demonstrating to them his sincere interest in them and their way of life. ICEP seems to have helped William tap his potential for being a cultural ambassador – something I am certain he will continue for the rest of his career.

#3 – Hiro acting as an artist with a big heart.
One thing that Hiro contributed to the group was his apt musical sensibility, and his commitment to maintaining the extremely high quality of ICEP’s performances. I had the privilege of performing once with Hiro at Juilliard, and I was impressed with his careful consideration of all the musical material, and his concern that it be interpreted not only correctly, but with meaning. During both ICEP trips, I often heard Hiro practicing in his hotel room late into the evenings, even after a concert-packed day! The Japan portion of ICEP 2012/2013 was very special, I think, for Hiro, given his second-generation Japanese status. He was able to use his Japanese language skills to share his music effectively (though he didn’t need words for the kids to love his cello), and to express the things that were in his heart. I will never forget how Hiro would let individual children play his cello, with his hand guiding theirs as they bowed across the instrument’s large strings.

#4 – Samika as a globally-minded musician with great potential.
It is rare to find a Japanese person who is actually fluent in one foreign language, let alone two. Samika, who speaks both French and English, is a cosmopolitan artist, whose violin technique is wonderful. From what I could tell through our two journeys together, Samika used ICEP as a chance to develop skills that will help her achieve even more success in her career – public speaking (using her highly developed linguistic skills in a more public setting), audience engagement (especially getting close to the children), and teamwork (figuring out how to navigate a chamber music setting, with cultural and linguistic differences among the members), just to name a few. I admire Samika for how well she handled these challenges, and I loved watching her as she mastered her ability to share her music effectively with the children, who seemed to get so much joy out of each interaction with her.

Working with these four artists has been an amazing experience for me, and I look forward to meeting a whole new group for this (and next) year’s ICEP trips to Myanmar and Japan. I am excited to see what changes can be wrought through more music sharing!

Chad Cannon

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年11月 »