« ミッチーナよりメリークリスマス! | トップページ | 第11回損保ジャパン興亜管弦楽団定期演奏会 »

2014年1月10日 (金)

ミャンマーでの最終活動

Sunday, December 29, 2013
2013年12月29日(日)

私たちのミャンマーの旅も、もうすぐ終わりです。ICEPカルテットのメンバーは、この美しい国の千人以上もの子どもたちに、音楽を届けることができました。

最後の数日間は、ハードなスケジュールとなり、マンダレーからヤンゴン、ヤンゴンからパーンへ、そしてまたヤンゴンへと、町から町へ飛ぶように移動しました。ただ、国内移動の際に心配していた、国内線でのチェロ席も確保でき、本当にホッとしました。

この訪問を簡単にご報告しますと、アメリカ大使館の支援によるマンダレーへの訪問では、ジェファーソンセンターというアメリカの教育・文化支援の公共施設と、日本の浄土宗ともいき財団が建設支援しNPO法人メコン総合研究所運営による寺子屋、そしてマンダレーギタメイト音楽学校で、訪問コンサートを開きました。ギタメイト音楽学校では、幸運にも「Pat Waing (パットワイン)」と呼ばれている伝統的な太鼓の演奏を聴くことが出来ました。

パーンでは、ミャンマー赤十字の整形外科病院を訪ねました。聴衆の多くは、地雷のために手足を失った人々でした。 パーンは、不幸なことに世界で最も長く内戦が続いていてた紛争地域で、カルテットのメンバーにとっても病院での訪問演奏は、平和と「祝福」を伝える重要なものとなりました。この訪問は、国連がアレンジして運転手も手配してくださり、地元のパーンの社会福祉大臣も出席してくださいました。

ヤンゴンに戻り、最後のコンサート会場となるミャンマー・ピース・センターに到着しました。このコンサートには外交官の方々や、ヤンゴンのたくさんの人々が聴きに来てくれました。ICEPカルテットの演奏後、「Peace Lovers 平和を愛する人々」というグループの演奏があり、最後には、私たちが8日間の旅の間にも出会った、カイン、カチン、シャン州などのミャンマーの民族舞踊を、伝統的な衣装を着けて披露してくれました。

ミャンマー訪問で、多くの素晴らしい、親切で明るい人々と出会うことができてとても感謝しています。カルテットのメンバーが子どもたちにお届けした音楽は、子どもたちの心を開き、たとえ異なる言語を話していても、私たちは共通の思い出を作ることができました。
6月のICEPの活動では、この経験を日本全国の子供たちと分ち合うことを今から楽しみにしています! 

最後に、日本の協賛企業の皆様をはじめ、全日本空輸、日本口唇口蓋裂協会、特定非営利活動法人メコン総合研究所、浄土宗ともいき財団、カチンバプテスト連盟、国連の皆様と関係者の方々(運転手の方!)、ギタメイト音楽学校、コロンバストラベル、在ヤンゴンアメリカ大使館、ミャンマー・ピース・センター、ヤンゴンでのコンサートに出席してくださった在ヤンゴン日本大使館の皆様、メッタファンデーション、そしてその他多くの方々のご協力により、今回のミャンマー訪問が成功しましたことを心から感謝申し上げます。     

チャド キャノン

Dec. 29, 2013
Our journey to Myanmar has come to a close! Midori and the ICEP quartet have brought their music to more than a thousand young people in this beautiful country. Our last few days were a little wild, as we jumped from city to city (Mandalay to Yangon to Hpa'an to Yangon). We were just relieved the cello was accepted on the domestic flights as a passenger too!

Just to recap a little bit, our visit to Mandalay (supported by the US Embassy) included programs at the Jefferson Center (the US public center dedicated to supporting education and culture), another GMI (Greater Mekong Initiative) and Jodoshu Tomoiki Foundation terakoya school (the latter supports the construction of the terakoya schools), and a concert at the Mandalay Gitameit school, where we were blessed to hear a performance of the traditional drums (called "Pat Waing").

In Hpa'an, we visited an orthopedic hospital run by the Myanmar Red Cross. Many of the people in the audience were men who had lost limbs to land mines. Hpa'an has the unfortunate claim of having the world's longest continuing civil war, so it was an important gesture for Midori and the musicians to bring peace and "celebration" to the hospital there. The United Nations provided drivers and arranged for the visit, which was attended also by the Minister of Social Welfare for Hpa'an.

Back in Yangon, we arrived at the Myanmar Peace Centre just in time for our final peace concert, which was attended by diplomats and many people from the Yangon public. After the ICEP quartet played, there was a group called the "Peace Lovers" that performed for us. The final piece featured a group of dancers dressed in traditional clothing from many of the major ethnic groups throughout Myanmar, including the Kayin, Kachin, and the Shan, all of whom were groups we had encountered during our 8-day trip!

I am so thankful for the opportunity I have had to meet so many wonderful, kind, and optimistic people throughout Myanmar. The music Midori and the quartet brought to the children seemed to open their hearts, and allowed us all to create memories together, even though we all spoke different languages.
I look forward to the June portion of ICEP, when we can share our experiences with children all over Japan!

I am deeply thankful for the help and cooperation we received from so many organizations, including ANA Airlines, the Japan Cleft Palate Foundation, the Greater Mekong Initiative, the Jodo-shu Tomoiki Foundation, the Kachin Baptist Convention, the United Nations and its agencies (and their drivers, especially!), the Gitameit Music Schools, Columbus Travel, the US Embassy inYangon, the Myanmar Peace Centre, the Japanese Foreign Ministry (who attended our concerts in Yangon), the Metta Foundation, and many, many others without whom our tour could not have succeeded.

Chad Cannon


|

« ミッチーナよりメリークリスマス! | トップページ | 第11回損保ジャパン興亜管弦楽団定期演奏会 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーでの最終活動:

« ミッチーナよりメリークリスマス! | トップページ | 第11回損保ジャパン興亜管弦楽団定期演奏会 »