« たくさんの人々との出会い | トップページ | 「サントリーホールスペシャルステージ2014五嶋みどり プレコンサート」に出演します! »

2014年6月24日 (火)

ICEP2014 を終えて

6月24日、インターナショナル・コミュニティー・エンゲージメント・プログラム(ICEP)が終了しました!
日本をツアーする中、沢山の人々に出会い、音楽を通して交流できることはすばらしいことでした。また、東京の王子ホールや大阪のザ・フェニックスホールの活動報告コンサートで、ミャンマーの活動報告ができたこともとても嬉しいことでした。そして、私が2012年からICEPに携わるようになって、どれほど自分自身が変わったかを振り返るチャンスにもなりました。

この活動に参加して、どのような場所においても、例えば、先進国の真ん中でも(埼玉県朝霞市立第四小学校の新しくてきれいな小学校など)、B__020_2
発展途上国の外れでも(ミャンマーのミッチーナの端にある国内避難民キャンプなど)、音楽がどれほど影響力を持っているのかがわかりました
Img_0034

2013年の12月にメンバーが東京に集合してから、何千という子どもたちや、施設のスタッフ、家族、患者さんたち、孤児たち、そして避難民の笑顔を見ることが出来ました。これは本物の音楽に触れた嬉しさから湧き出る笑顔なのだと、みどりさんは教えてくれました。それは、日常生活の社交辞令的な笑顔ではないのです。

また今回日本でのICEP活動では、体の障害などにより自分の気持ちを表現することが難しい人たちにとって、音楽の与える影響がどれほど大きいかを経験できました。
 Img_1056_26月22日日曜日、障害を持つ人々と一日を過ごしましたが、音楽が始まるやいなや驚くべき変化が見られました。病院にいた話すことも体を動かすこともできない子どもたちの目が微笑んでいるのです!私は、一人の患者さんに「聞こえていますか?」と声をかけました。看護師さんがすぐに「もちろん、彼女は聞こえていますよ。だって笑っているんだもん!」と答えてくれました。看護師さんたちは、子どもたちがどのような状態かがわかるようでしたが、最初、私には全くわかりませんでした。しかし、みどりさんの奏でるヴァイオリンの音が病室に響くと、小さな女の子にはっきりと変化が表れるのが、私にもわかりました。

私は多くの方に感謝しています。旅好きで友人でもあるウイリアム・フランプトン。素晴らしいチェロの演奏と、やる気いっぱいで元気をくれるマイケル・カッツ。子どもたちと接する時には、ヴァイオリンの演奏だけではなく、彼女自身の優しい表情で、幸せを分かち合うことができるガヒョン・チョウ。そして、どんなに疲れていようとも、毎日多くの時間とエネルギーを恵まれない人々に音楽を届けることに、穏やかでありながらベストを尽くす献身的な姿のみどりさんです。

もちろん、ミャンマーや日本のツアーで、ご協力いただいた多くの皆さん、オフィスGOTO、そしてミュージック・シェアリングのスタッフにも心からお礼申し上げます。

それでは、また次回お会いしましょう。

チャド・キャノン

写真:鈴木 忍

ICEP Followup Blog

June 24, 2014

We have reached the end of yet another wonderful International Community Engagement Program (ICEP)! We have been so fortunate to be able to meet so many people throughout Japan, and to share experiences with them through music.

Of course, for me, it was a pleasure to be able to share some of the things we learned in Myanmar with the audiences in Oji Hall and The Phoenix Hall. Doing so gave me a chance to reflect on how much I have changed since joining ICEP back in 2012. The program has given me the chance to see how music can be a force for good everywhere: whether it is the center of the developed world (e.g. the beautiful, new Asaka City School #4 in central Saitama) or the fringes of the developing world (e.g. an IDP camp on the outskirts of Myitkyina). I have seen so many smiles from the thousands of children, institutional staff members, parents, patients, orphans, and refugees we have met since gathering in Tokyo in December of 2013. As Midori explained so aptly: these are smiles that come from a genuine, joyful response to music. They are not the forced, socially acceptable smiles that often find their way onto our faces in our day-to-day lives.

I think my main takeaway from the ICEP Japan program this year was how incredible it is to see music’s effect on those who, because of their physical limitations, cannot express themselves as most people do. On Sunday, June 22, we spent the entire day with individuals with disabilities, and it was amazing to watch them change as the music began. In one particular hospital, there were children who lacked the ability to speak, or move their bodies. Yet they would smile with their eyes! I remember asking one patient, “Can you hear the music?”. The nurse quickly responded, “Of course she can hear – she is laughing!”. I, seeing the patient for the first time, could not tell, but the nurse, who knew the patient very well, definitely saw a change come over that small girl, as the strains of Midori’s violin playing echoed in the hospital ward.

I am deeply grateful to: Will Frampton, who is such a hardy traveler and a good friend; Michael Katz, who always inspires me with his willingness to engage and whose cello playing is gorgeous; GaHyun Cho, who, in her interactions with the children, has a way of sharing happiness not just through her music but through her own countenance; and of course Midori, whose powerful commitment to sharing music with the underprivileged keeps her poised and at her best, even when, given the amount of time and energy she spends each day, she ought to be completely exhausted!

And of course a big thank you to the Music Sharing staff and Office Goto, who keep the show running, and whose work behind the scenes has blessed thousands of people around Japan and Myanmar this year.

Until next time,
CHAD CANNON

Photo:Shinobu Suzuki

|

« たくさんの人々との出会い | トップページ | 「サントリーホールスペシャルステージ2014五嶋みどり プレコンサート」に出演します! »