« 2014年4月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年6月

2014年6月24日 (火)

ICEP2014 を終えて

6月24日、インターナショナル・コミュニティー・エンゲージメント・プログラム(ICEP)が終了しました!
日本をツアーする中、沢山の人々に出会い、音楽を通して交流できることはすばらしいことでした。また、東京の王子ホールや大阪のザ・フェニックスホールの活動報告コンサートで、ミャンマーの活動報告ができたこともとても嬉しいことでした。そして、私が2012年からICEPに携わるようになって、どれほど自分自身が変わったかを振り返るチャンスにもなりました。

この活動に参加して、どのような場所においても、例えば、先進国の真ん中でも(埼玉県朝霞市立第四小学校の新しくてきれいな小学校など)、B__020_2
発展途上国の外れでも(ミャンマーのミッチーナの端にある国内避難民キャンプなど)、音楽がどれほど影響力を持っているのかがわかりました
Img_0034

2013年の12月にメンバーが東京に集合してから、何千という子どもたちや、施設のスタッフ、家族、患者さんたち、孤児たち、そして避難民の笑顔を見ることが出来ました。これは本物の音楽に触れた嬉しさから湧き出る笑顔なのだと、みどりさんは教えてくれました。それは、日常生活の社交辞令的な笑顔ではないのです。

また今回日本でのICEP活動では、体の障害などにより自分の気持ちを表現することが難しい人たちにとって、音楽の与える影響がどれほど大きいかを経験できました。
 Img_1056_26月22日日曜日、障害を持つ人々と一日を過ごしましたが、音楽が始まるやいなや驚くべき変化が見られました。病院にいた話すことも体を動かすこともできない子どもたちの目が微笑んでいるのです!私は、一人の患者さんに「聞こえていますか?」と声をかけました。看護師さんがすぐに「もちろん、彼女は聞こえていますよ。だって笑っているんだもん!」と答えてくれました。看護師さんたちは、子どもたちがどのような状態かがわかるようでしたが、最初、私には全くわかりませんでした。しかし、みどりさんの奏でるヴァイオリンの音が病室に響くと、小さな女の子にはっきりと変化が表れるのが、私にもわかりました。

私は多くの方に感謝しています。旅好きで友人でもあるウイリアム・フランプトン。素晴らしいチェロの演奏と、やる気いっぱいで元気をくれるマイケル・カッツ。子どもたちと接する時には、ヴァイオリンの演奏だけではなく、彼女自身の優しい表情で、幸せを分かち合うことができるガヒョン・チョウ。そして、どんなに疲れていようとも、毎日多くの時間とエネルギーを恵まれない人々に音楽を届けることに、穏やかでありながらベストを尽くす献身的な姿のみどりさんです。

もちろん、ミャンマーや日本のツアーで、ご協力いただいた多くの皆さん、オフィスGOTO、そしてミュージック・シェアリングのスタッフにも心からお礼申し上げます。

それでは、また次回お会いしましょう。

チャド・キャノン

写真:鈴木 忍

ICEP Followup Blog

June 24, 2014

We have reached the end of yet another wonderful International Community Engagement Program (ICEP)! We have been so fortunate to be able to meet so many people throughout Japan, and to share experiences with them through music.

Of course, for me, it was a pleasure to be able to share some of the things we learned in Myanmar with the audiences in Oji Hall and The Phoenix Hall. Doing so gave me a chance to reflect on how much I have changed since joining ICEP back in 2012. The program has given me the chance to see how music can be a force for good everywhere: whether it is the center of the developed world (e.g. the beautiful, new Asaka City School #4 in central Saitama) or the fringes of the developing world (e.g. an IDP camp on the outskirts of Myitkyina). I have seen so many smiles from the thousands of children, institutional staff members, parents, patients, orphans, and refugees we have met since gathering in Tokyo in December of 2013. As Midori explained so aptly: these are smiles that come from a genuine, joyful response to music. They are not the forced, socially acceptable smiles that often find their way onto our faces in our day-to-day lives.

I think my main takeaway from the ICEP Japan program this year was how incredible it is to see music’s effect on those who, because of their physical limitations, cannot express themselves as most people do. On Sunday, June 22, we spent the entire day with individuals with disabilities, and it was amazing to watch them change as the music began. In one particular hospital, there were children who lacked the ability to speak, or move their bodies. Yet they would smile with their eyes! I remember asking one patient, “Can you hear the music?”. The nurse quickly responded, “Of course she can hear – she is laughing!”. I, seeing the patient for the first time, could not tell, but the nurse, who knew the patient very well, definitely saw a change come over that small girl, as the strains of Midori’s violin playing echoed in the hospital ward.

I am deeply grateful to: Will Frampton, who is such a hardy traveler and a good friend; Michael Katz, who always inspires me with his willingness to engage and whose cello playing is gorgeous; GaHyun Cho, who, in her interactions with the children, has a way of sharing happiness not just through her music but through her own countenance; and of course Midori, whose powerful commitment to sharing music with the underprivileged keeps her poised and at her best, even when, given the amount of time and energy she spends each day, she ought to be completely exhausted!

And of course a big thank you to the Music Sharing staff and Office Goto, who keep the show running, and whose work behind the scenes has blessed thousands of people around Japan and Myanmar this year.

Until next time,
CHAD CANNON

Photo:Shinobu Suzuki

|

たくさんの人々との出会い

(神奈川県立麻生養護学校)

2014624jpegg_001_2
ICEP 2014日本での活動の最終日は、神奈川県立麻生養護学校でした。私たちは、生徒たちが出演する秋のコンサートの練習に参加しました。
様々なレベルの能力の子どもたちと出会い、一緒にチャレンジすることは、とてもやりがいがあります。
私が日本語を話さず、生徒たちもほとんど英語を話さないので、私たちの間には、少々へだたりもありました。もし生徒たちが英語を話してくれたら、嬉しい驚きでもありますが、言葉だけが生徒たちとの意思の疎通の方法であるとは限りません。

それぞれの生徒たちに、補うべき優先順位の違いや、音楽的な長所がありますが、ミュージック・シェアリングのボランティアの皆さんは、それぞれの生徒に対して最高の教え方を見つけようと頑張っています。
また、生徒たちの積極的な姿勢と学ぶことへの意欲はとても印象的でした。間違いなく、この生徒たちは、秋のコンサートに向けて、さらに一生懸命に練習を重ねていくと思いますし、この練習に見合ったいい経験となることを願っています。


2014624jpegg_112
2年にわたり4回のICEPツアーに参加できたことは、私にとって素晴らしい経験となり、光栄に思っています。日本、ミャンマー、そしてバングラデシュでの経験は、私の人生を豊かなものにしてくれました。そして、このツアーで出会った人たちにほんの少しでも幸せを届けることができたらと思っています。人々とのふれあいで、たくさんの幸せを感じました。私はこの思い出をずっと大切にし、再び日本、ミャンマー、そしてバングラデシュを訪問したいと思っています。

ウイリアム・フランプトン

Our last day of ICEP 2014 was at a special care school in Kanagawa, where we participated in a rehearsal that the students were having for an upcoming performance. It is always interesting to work with children because one will encounter so many different levels of ability and challenges among the children. The fact I don't speak Japanese adds another layer to the way I work with these children since most of them don't speak much English. It is always a nice surprise for me when a student speaks English, but that isn't the only way we can communicate.

Each student had different priorities and musical strengths, and their Music Sharing teachers are so dedicated to finding the best way to connect with each student. I was very impressed by the students' positive attitudes and eagerness to learn. I'm sure they will keep practicing hard leading up to their performance in the fall, and I hope they find the experience a rewarding one.

It's been a wonderful experience and privilege to participate in these 4 ICEP tours. My experiences in Japan, Myanmar, and Bangladesh have enriched my life greatly and I hope we have brought a small measure of happiness to the people we have come into contact with on these tours. I know that my interactions with the people I met have given me great happiness and, I will always cherish those memories. I hope to return to Japan, Myanmar, and Bangladesh very soon.

William Frampton

Photo: Shinobu Suzuki

|

2014年6月23日 (月)

千葉と東京での訪問コンサート

(勝浦市立興津小学校・大田区知的障害者育成会)

ICEPの後半の1日は、まったく違った2つの場所での経験となりました。
早朝に電車に乗り、千葉県勝浦市にある興津小学校に行きました。小学校は、片側を山々に囲まれ、もう片方には美しい海が広がる小さな町の中のとても美しい場所にありました。Img_1071 好奇心旺盛でじっと聞き入る子どもたちに囲まれて演奏することは素晴らしいことです。低学年の教室を訪問するのも、とても楽しいです。
小学校訪問の後は、昼食をとり、長いツアーが続いたので休憩をとるのに、少しだけ海辺で時間を過ごしました。
Img_0734

そして夕方には、東京の武蔵新田にある矢口特別支援学校に向かいました。子どもたちに親が付き添って参加する夜の演奏会でしたが、愛情を持って気遣う御両親たちと子どもたちの姿を見ていて、元気づけられました。
何人かの子どもは、じっとしていることが難しいようでしたが、ほとんどの皆さんが、一生懸命集中し、私たちの演奏をとても楽しんでくれたようでした。

マイケル・カッツ

On the last full day of ICEP we had two very different experiences. We started the day very early as we had to take a train to the Katsuura City Okitsu Elementary School. The school was situated in one of the most beautiful locations we've been to, a small town with the mountains on one side and the ocean on the other.
Once again we've had a great experience playing for an attentive and curious crowd of children and the small class visits were particularly fun.

Following the school visit we took a little break and had a wonderful lunch at the Blueberry Hill Hotel. Before heading back to the train we made sure to make a short visit to the beach, a much needed break in another long day.

After arriving back in Tokyo we headed to the Yaguchi Special Support School in Musashinitta. It was an evening performance to allow parents to take part in the activity. It was encouraging to see the interaction between the parents and the children and witness the love and care they receive. It was difficult for some of the kids to stay engaged but overall most of them were very attentive and seemed to have enjoyed the music greatly.

Michael Katz

Photo:Shinobu Suzuki


|

2014年6月22日 (日)

患者さんとのコミュニケーション

(東大寺福祉療育病院、枚方療育園)

Img_1034_2

今日私たちは、大阪の近くの2か所の療育病院を訪ねました。
ここに入院している患者さんたちへの演奏は、私にとってすばらしい経験となりました。
私たちが日常生活の中で普段使っているコミュニケーションと、患者さんたちと話したり演奏したりする時のコミュニケーションは違うと感じました。普通のコンサートでは、演奏中の観客席からの声は、期待外れな演奏に対する反応として受け止めますが、ここでは患者さんたちからの最大の反応として笑顔で応えます。


Img_1051_5
患者さんたちと多くの時間を過ごしている看護師の皆さんは、患者さんの微妙な反応やコミュニケーションをよく理解しているので、寝たきりの子どもが手を上げたり、かすかにほほ笑むなどの反応を見せると、とても喜んでいます。看護師の方のそのような反応を見て、私もこのような施設を何度か訪問して子どもたちと触れ合ううちに、演奏に対する子どもたちの穏やかな時や興奮している時などの反応を、自分で観察することができるようになりました。このように感情を理解することは、大変で複雑です。あらためてコミュニケーションは私たちが人生において授かった贈り物であるとありがたく感じました。

今朝は短時間でしたが、奈良の東大寺を観光し、法華堂の建物がイメージと違いびっくりしました。8世紀の木造建築や彫刻を見ることができるなんて、とても光栄に思います。

ウィリアム・フランプトン

Today we visited two special care hospital facilities near Osaka. It is a challenging and gratifying experience to perform for those with congenital and degenerative disorders. Standards of communication that we take for granted in day to day life are not relevant when we speak and perform for the patients. In a formal concert, vocal outbursts from the audience would be met with disappointment. Here, we offer only smiles for those reacting in the way they can.

The nurses who spend so much time with their patients know each of their subtle reactions and communications, and are very excited when the bedridden child raises an arm or tenuously smiles. It is good that we can use their familiarity as a reference, but now that I have done these kind of visits many times I prefer my own observations of the child's resting state and their reaction to me and the music I play. The emotions an experience like this produces are intense and complex, challenging my perception of communication and helping me to appreciate the gifts we possess in life.

My brief visit to Todai-ji in Nara this morning was a highlight of this trip, and I was stunned by the Hokke-dō building and images within. What a privilege to be able to spend time in this 8th century wooden structure and to see the sculptures within.

William Frampton

|

2014年6月21日 (土)

大阪でのコンサート

6月21日 活動報告コンサート 

大阪駅に着いてすぐ、大阪がとても活気のある場所だと感じました!東京の人たちよりも積極的で、カラフルな洋服を着ているというような気がします。

コンサートが始まると、大阪の観客の皆さんの盛大な拍手で温かく迎えていただきました。そして、演奏が終わるやいなや、大喝采をいただくことが出来ました。大阪のコンサートでは、みんながより気持ちよく演奏できたように思います。

私にとって東京でのコンサートでのインタビューは、演奏するよりもはるかに緊張し頭の中が真っ白になり、心臓が飛び出そうでした。大阪のコンサートでは、インタビューが2回目だったので、東京よりうまくいきましたが、音楽家として舞台では、演奏することの方がはるかに楽だと思いました!

私としては、インタビューできちんとお話しできなかったことを、このブログで皆さんにお伝えできることをうれしく思います。
コンサートの司会者から質問されたことは、ミャンマーの子どもたちの印象についてでした。子どもたちに対してとても愛情を感じていることを、このブログでも何度か書きました。私は多くのことを、子どもたちから学びました。子どもたちの反応は自然で正直でわかりやすいのです。大人になるにつれ、他の人の批判を聞いてから音楽を聴いてしまうことがあります。ですが、私は音楽を聴く時には、子どものように好奇心を持って心を開く姿勢が必要だと思います。このことに関して、子どもたちから、音楽をどのように聴き楽しんだらよいのかという価値あることを学んだように思います。そして音楽鑑賞に年齢制限などないということも教えてくれました。

次にインタビューで聞かれたことは、ICEPの活動の意味についてでした。ほとんどの演奏会は、限られた短い時間の中で、コンサートに行く機会に恵まれない人たちへ向けて行われました。正直に言うと、病院の患者さんたちにお会いすると心が痛み、これからこの患者さん達はどのように生活していくのだろうかと思わずにはいられませんでした。時々、カルテットのメンバーもみんな同じように心に痛みを感じ、演奏後、控室に戻って一言も話せない時もありました。周りの世界について、少し理解することにより謙虚になりました。また同時に、世界にできることがあることを有難く感じました。私たちは、お医者さんのように心身を治すことはできませんが、音楽を通して人々の心に触れ、慰めることはできると信じています。

また、コンサートでは、音楽という磁石の力で私たちの団結力は高まります。メンバー全員、最初は知り合いではありませんでしたが、音楽を通して私たちは一つになることができました。演奏している時の最高の瞬間とは、客席も静まり音楽を一緒に感じる時です。それを言葉にすることはとても難しいことですが、それこそ音楽の魔法であると思います。見ることもできず触れることもできないのに、音楽を通して心が繋がるのです。なんて素敵なことでしょう!

世界は完全に平和ではありませんが、人々を繋ぐのは言葉より、音楽の力の方が強いこともあるような気がします。私は、ボランティアの演奏家の人数が日々増え、素晴らしい音楽をたくさんの人たちに広めることが出来たらと願っています。ICEPに参加したことにより、これからも大事なものをたくさんの人たちと共有しようと決めました。

それでは皆様の幸せをお祈りしています。

ガヒョン・チョウ

6/21 Osaka Report Concert

When I got to Osaka station, the first thing I realized is that the atmosphere here is more lively!
It was interesting for me to hear that Osaka people have more outgoing personalities than Tokyo people. I also noticed that people wore more colorful clothes than Tokyo that made the image of Osaka city!

Osaka People in the audience were warmly welcome us by acclamation, and after finishing the last note on the concert we have got a big hand. I think all of us played more comfortably in Osaka concert.

Personally I was more nervous about public speech than actual playing on the stage In the Tokyo concert interview session I was blanked out when I got the question. I felt that my heart was about to protrude to the outside. I was relieved after the interview that it was better than the Tokyo interview, but I realized again that playing music on the stage is much easier for musician!

In a way I am glad that there is blog writing duty as I can share the thoughts which might not have conveyed through my speaking.
By Myanmar trip, I confirmed again that I love children. Consequently, I have got the question from the announcer regarding the impression of children in Myanmar. I mentioned a few times about children in this blog so I will cut some of the sentences.
I think I learned many things from children. Children’s reaction was very natural and honest that it was actually easier to communicate. As being an adult I realized that we have got more know ledges in general that someone can criticize others easily which can apply to listening music. But I think the attitude we need when listening music is to have curious eyes and open-mind like children. In that sense children gave me a valuable lesson that what is the best way to enjoy music. Also, they let us know that there is no age limit to listen music.

In the 2nd question I received I explained how meaningful the ICEP activities were..
Most of the times the stages we performed were temporary and the people in the audience were people who cannot come to the concert. Honestly speaking, it was very painful to look some patients in the hospital and think how their lives would be. Sometimes all the quartet members said nothing after we came back to room as we all felt their pain together. We were humbled by acknowledging the world around us a little more, and at the same time we appreciate that there is something we can give to the world. We cannot help people their physical and mental diseases as doctors, but we believe that we can touch and console their heart and their mind through music.


The magnetic power of music is that we are united during the concert. Although we are all strangers to each other in the beginning, through music we feel together. The best moments I experienced through performing were the time when everyone in the audience got quieter and felt music together. It is hard to describe verbally what happened to us during the performance, but I think that it is the magic of music. Not visible not tangible, but our mind are connected to each other through sound. How beautiful it is!

Living in the world where there is no complete peace, I think the weight of music could become stronger as it is the only language that can harmonize between people. I hope that population of volunteer grows every day that everyone can spread the scent of their beautiful music. By these ICEP activities I also firmly decided to share the most precious part of my life continuously until the end of my life.

Best wishes,
GaHyun Cho

|

2014年6月19日 (木)

東京の学校にて

(朝霞市立朝霞第四小学校・筑波大学附属桐が丘特別支援学校)

Img_0927_11

6月19日木曜日、僕たちは東京近郊の2つの異なる学校を訪問しました。
最初に訪問したのは、朝霞市にある朝霞第四小学校です。そこで待っていたのは、僕らと同じくらいこの訪問を楽しみにしいていた子どもたちでした。僕たちはまず、大勢の子どもたちの前で演奏し、その後に、クラス訪問をしました。通訳を介さず僕らは楽器の説明をしなければならなかったのですが、本当に楽しかったです!子どもたちを笑わせて、音楽に興味を持たせる方法もわかりました。子どもたちが音楽を楽しむのを見るのは、とてもうれしいことでした。

次に訪問した学校は、筑波大学附属桐が丘特別支援学校でした。最初、この訪問は僕にとって難しいかなと思っていました。しかし、すぐに生徒の皆さんがとても魅力的で、鑑賞力のある子どもたちであるということが分かりました。

訪問コンサートの後、今年の10月にサントリー・ホールで開かれる、スペシャルコンサートに参加予定のバンド部の練習に参加しました。彼らにとって大きな挑戦となりますが、各自がとても熱心に練習をしていて、彼らの演奏の水準の高さに驚き感動しました。何人かの子どもたちは上手に英語を話し、僕たちの演奏に刺激を受け、もっと練習をして上手になりたいと話してくれました。エレキベースを演奏していた生徒は、将来、全ての楽器を演奏できるようになりたいと話してくれました!

このすばらしいスペシャルプロジェクトの練習に参加できたことは、素晴らしい経験となり、とてもうれしく思っています。

マイケル・カッツ


_sss0720_10

On Thursday June 19th we visited two different schools near Tokyo.
The first one was the Asaka City Elementary School no.4. We were met by an enthusiastic audience who were just as excited to meet us as we were excited to meet them. We first played for a large group and then made individual class visits. Those were particularly fun as we had to explain about our instruments without the use of a translator! I was able to find ways to make the kids laugh and stay engaged in the music. It was encouraging to see how much they enjoyed the music and how much they already knew about it!

Our second visit was quite different as we went to the Kirigaoka School for the Physically Challenged. This visit was a little difficult at first as it's never easy to see children who struggle with disabilities. But very soon we realized this was a very engaging and appreciative group of kids. Following our main presentation we worked with a group of kids who are going to participate in the special concert in Suntory Hall next October. Despite the big challenge they were facing, each of them worked really hard to prepare for the performance and we were very impressed by the level of their playing. Several of the kids spoke very good English and told us how inspired they were by our playing and that it gives them motivation to practice more and get even better. One kid who played the electric bass even told us that one day he wants to be able to play all the instruments!
It was a wonderful experience and I'm happy I had a chance to help them prepare for this very special project!
Michael Katz

Photo:Shinobu Suzuki

|

2014年6月18日 (水)

東京でのコンサート

私たちはニューヨークと東京でのリハーサル後、日本での訪問コンサートを開始しました。しかし、リハーサルを繰り返すたびに、私たちがまだまだ練習しなければいけない部分に気がつき、理想の演奏に近づけるのに時間が足りないことを思い知らされました。今日のコンサートの前も、7時間以上練習をしました。メンバーは皆、疲れてはいましたが、絶対に良い演奏をしたいという気持ちから、だれも不満を言いませんでした。

_023_2

私にとって、USCの教授でもあるみどりさんと同じステージに上がることは、とても名誉なことです。ICEPに応募したきっかけは、ミャンマーと日本の多くの人々と音楽を共有したいという気持ちはもちろんありましたが、みどりさんと一緒に演奏したいという気持ちも強くありました。アーティストとして、先生として、みどりさんはいつも私に音楽を通してインスピレーションを与えてくれるのです。みどりさんと舞台の上で演奏を通して意思を通わせることが出来たことは、私にとってとても刺激的でした!

またカルテットの他の二人のメンバーは、偶然にもニューイングランド音楽院の卒業生でした。しかし学生時代には一緒に演奏する機会が一度もなかったので、彼ら二人と再会し共に演奏できることは幸運なことで、彼らをよく知ることもできました!もちろん、皆、個性があり意見が合わない時もありましたが、最後にはお互いの意見を受け入れ互いを尊重し、うまく調和することが出来ました。
私は、こうしてみんなで作り上げたものを誇りに思っています!音楽家としてだけでなく人間として友人として、マイケルとウィリアムを尊敬しています。

コンサートでは多くの観客の皆様に演奏することができて、嬉しく思っています。みなさんとても楽しんで頂けたようでした。コンサート後、人々が私たちにお辞儀をし握手を求め、私たちがプログラムにサインするなど、外国人として日本の観客の様子を見るのはとても印象的でした。
2014618_100_2

東京でのコンサートは終わりましたが、私たちの活動はまだまだ続きます。
明日は朝の6時50分に大阪に向かいます!
さようならー!

ガヒョン・チョウ

We started visiting concerts after we had rehearsals in New York and Tokyo. But we always discovered new things to practice to make our music better and we also noticed that our time is not enough to get to the point we wish to achieve.
After finishing our concert today I realized that we played on our instruments for more than 7 hours (roughly) before the concert (including pre-concert)!
Physically all the members expressed their tiredness, but nobody complained as our wish to get better was strong.

For me it was an honor to be on the same stage as Ms. Midori, my professor at USC. It is true that I applied to ICEP as I wanted to share music with local people in Myanmar and Japan, but it was also a strong wish of mine to play with Midori. As an artist and a teacher, she always gives me inspiration through her music. It was very exciting for me to communicate with her through music on the stage!

I have to also mention the two guys in our group. Coincidentally, we all graduated from the New England Conservatory in Boston, but we did not have a chance to play together when we were at the school. I felt fortunate to meet these guys again and play together. It was so much fun to get to know them!
Everyone has a different personality, and sometimes our ideas did not match, but at the end we all accepted the other person's opinion, adjusted to each other, and made good harmonization. I am proud of what we achieved! I respect Michael and William not only as musicians but as people and friends.

I was glad to see many people in the audience and play for them. It seemed that people enjoyed listening to our playing! As a foreigner, it was impressive to see the traditional Japanese way of expressing appreciation after the concert: bowing and shaking hands, and getting our signatures on the program.

The Tokyo concert is done, but it is not the end yet. We are off to Osaka tomorrow at 6:50am! Sayonara~!

GaHyun Cho

Photo:Shinobu Suzuki

|

2014年6月17日 (火)

米沢のおいしい体験

今日は、米沢にある矯正施設で訪問コンサートを開き、僕らの生活の話や楽器の説明をしました。
生徒の一人が、日本の食べ物の中で何が一番好きかと尋ねました。僕は昨晩、焼き肉店で食べた米沢牛が本当に美味しかったと話しました。お肉はとても柔らかく、バターのようで、さすが名の知れた米沢牛だと感じました。生徒からは米沢のサクランボも食べてみてと勧められ、東京に帰る前にお店に直行しました。

生徒たちはとても礼儀正しく、また熱心に私たちと会話してくれました。とても有意義な訪問だったと感じています。

ウイリアム・フランプトン


Today, we played at a correctional institution in Yonezawa.
We made good connections with the students here byshowing him our instruments and talking a little bit about our lives. One student asked about food we like in Japan and I told him how much I enjoyed the famous Yonezawa beef I had last night at the yakiniku (Japanese barbecue restaurant) in town. It was very tender and tasted so buttery. It's renown is well deserved. The student suggested I try the cherries from Yonezawa, and I went straight to the grocery store before our train left for Tokyo.

The students were very respectful and eager to communicate with us, making this a very worthwhile visit.

William Frampton

|

幸せを届けられると信じて

(宮城県立西多賀支援学校、仙台西多賀病院)

昨日、私たちは仙台の障害を持つ子どもの学校と病院で演奏しました。生徒のみなさんは友好的でしかも積極的で、彼らとの会いは素晴らしいものでした。何人かの生徒は私たちの楽器を弾きたがり、一人の生徒は病院のいろいろな場所で行った4回の演奏をすべて聴きに来てくれて、演奏を楽しんでくれました。さらに彼がヴァイオリンの弓を持ってきて、私のヴィオラを弾いたのも、面白かったです。

病院では、様々な障害を持つ人々に出会いました。病院のスタッフは、患者さんの反応を理解するのが仕事の一つです。何人かの患者さんは全く話すことができませんが、音楽に対する彼らの反応は、このブログを読んでいる人とはまったく違ってると思います。病院のスタッフは、演奏している時の患者さんの様子をずっと近くで観察していました。私達の訪問で、病室で生活する患者さんが少しでも幸せを感じ、友好を感じてくれたらと願っています。

ウィリアム・フランプトン

Yesterday, we performed at a hospital and school in Sendai for those with physical and mental disabilities. The students were warm and outgoing, and it was so nice to meet all of them. Some of the students wanted to try our instruments, and one student enjoyed string music so much that he came to all 4 of our performances in different parts of the hospital. He also brought a violin bow to our performance and it was fun to have him play my viola with it.

We encountered many different people at the hospital with a wide range of disabilities. Identifying what the patients react positively to is one of the main jobs for the staff of the hospital, and it is a privilege to communicate with the patients in a way that they have not experienced before. Some of the patients have never spoken and their reaction to music is measured differently from most people reading this blog. The staff were observing these patients closely as we played music for them. I hope we can bring a little bit of happiness and companionship to those who are held in that lonely place.

William Frampton

|

2014年6月16日 (月)

音楽の力

(宮城県立西多賀養護学校、仙台西多賀病院)

今年のICEPで強烈に印象に残ったのは、西多支援学校と、西多賀病院でした。この学校と病院では、4つの場所で演奏し、体力的にも精神的にも大変な一日でした。ほとんどの方の病状が先天性とのことでしたが、神経障害の患者さんの方に演奏しました。この病気のことは知ってはいましたが、今まで患者さんと接することはありませんでした。
3
病院の多くの患者さんは子どもで、車椅子かベッドに横たわっていました。体も動かせるところが限られていて、多くの人は言葉を話すことさえ困難なようでした。彼らの日々の生活が、このように難しいものであることを知り衝撃を受けました。しかし、僕たちの演奏が始まるとすぐに、皆、音楽に反応し大きな変化が見られました。皆さんの目を見ただけで、どれだけ音楽に興味を持ち、魅了されたのかということがわかったことが、とても驚きでした。

「楽器体験」で、メンバーがそれぞれ部屋の中を回った時、とても感動的ですばらしい経験をしました。ベッドから出ることができない1人の男の子に、病院のスタッフが小さいヴァイオリンの弓を渡しました。僕もチェロを彼のすぐそばまで引き寄せると、なんと、彼は小さい弓を使って僕らの楽器を弾くことができたのです。

このような病気で苦しんでいる方は、多くはないと思いますが、今回、患者さんたちと接する機会が与えられ、音楽という贈り物を彼らと共有することができたことを、心から光栄に思います。

マイケル・カッツ


One of the most difficult and powerful days of ICEP was our visit to the Nishitaga Special Support Hospital. We played 4 different concerts at the facility so it was an exhausting day. It wasn't only physically exhausting but also emotionally draining. We played for patients with various neurological disorders, most of them congenital. Though I have known about some of these conditions I've never witnessed them personally and didn't know what to expect.

Almost all of the patients (many of the children) were in wheelchairs or had to stay in bed. Many were extremely underweight and had disfigured joints, limbs, and sometimes even faces. They had limited control over their bodies and it was difficult for many of them to communicate verbally and it was quite shocking for us to witness the difficulties they have to deal with on daily basis.But as soon as we started playing you could tell the vast majority was really engaged and transformed by the music. Many were moving according to the music or made an attempt to clap at the end. But the most striking thing was looking at their eyes and seeing how mesmerized and curious they were.

During our petting zoo portion when we spread around the room and allow our audiences to hear and touch our instruments we had one of the most touching and beautiful experiences of the trip. One young boy who couldn't get out of his bed was given a small violin bow by the hospital staff. We brought our instruments close to him (I had to lay my cello on the bed right next to him!) and he was able to use the bow to play our instruments.

Very few people are our of the difficult lives these patients experience. I'm glad I had a chance to witness it for myself and share the gift of music with them.

Michael Katz 

|

2014年6月15日 (日)

子どもたちのワクワクをもっと!

(東京家庭学校)

Img_0882_4

子どもたちの施設を訪問し演奏するたびに、私はとても喜びを感じます。みなさんの予想とは異なると思いますが、実は、子どもたちは最高の観客なのです!
子どもたちの中には、椅子に座って足が床につかないような小さな子どももいましたが、キラキラ目を輝かせながら、集中して聴いてくれました。

ミャンマーでの訪問も、個人的に一番強く印象に残っているのは児童養護施設でした。この施設の子どもたちは2歳から5歳と小さく、演奏など聴くことができないのではないかと思っていました。ところが驚いたことに、誰一人泣きもせず、他の子とおしゃべりもしないでじっと聴いてくれたのです!
『楽器体験』の時には、好奇心の強い子どもたちから多くの質問を受けました。

「どうして黒い部分では弾かないの?」(女の子は指盤のこと言っていました)
「黒い部分を弾いたらどんな音が出るの?」
「右手に持ってる、白いところはなあに?」(その子は、弓の馬の毛の部分を指していました)
「これを演奏することはできる?ラララ~♪」

たくさんの子どもたちが、ヴァイオリンの演奏体験を楽しんでくれました。
ある女の子が「これ私には重いわ!」と言っているのを聞いて、この子たちが試すことが出来る子どもサイズのヴァイオリンがあったらよかったなと思いました。しかし大きいサイズの楽器でも、子どもたちは私たちの演奏をまねて弾こうとしていました。最初のパートを弾こうと試みる子もいれば、とても速いパートを弾こうとして諦めて笑顔を見せる子もいました。

子どもたちから、何時間練習をしているのかと質問されました。メンバーの答えは同じです。小さいころから、何年も何時間も練習を続けています。そして最後は、また来てくれるの?と聞かれました。児童養護施設を訪れるたびに必ず受ける質問で、いつも私は、ほんの限られた時間しかこの場にいられないのだと気づかされる時です。私たちも、同じくらい、またここに戻ってきたいと思っています。私は、子どもたち、そして教育を信じています。私たちが音楽を演奏することで、子どもたちの心がクラシック音楽に開かれること、また彼らの輝くような明るい未来を心から願っています。

ガヒョン・チョウ


Img_0137_3

Visiting children's institutions always brings me joy to perform. Unlike people's expectation, children are actually the best audience! They are so small that some children's feet even do not touch the floor when sitting on the chairs, but they stare in wonder with twinkling eyes. Also, they listened more attentively than you think.

Personally, the most memorable place in Myanmar was also an orphanage house. They were so young(age 2-5) that we did not think that they can be quite during the performance, but interestingly nobody cried or spoke to another not even once! They really listened!

In the 'petting zoo' I received many questions from the curious children:
' Why are you not playing on the black part?(she meant the fingerboard.)',
' What does it sound like if you play on it?',
' What is the white part in your right hand?(she meant the horse hair in a bow'),
' Can you play this? dararara~rara~~'.

Most of the children enjoyed to try playing on violin.
I wish there were different size of violins that they can try.
A girl said 'it is too heavy for me!'. Even it was a big size instrument they tried to imitate our playing. Some children tried to play fast parts and left with a smile.

Consequently, we got a question from a child about how many hours we practice. All the member's answer was equal. Many many hours not only for a day but for years of practicing since when we were young!

The last question they asked us was if we will come back.
That was the question we often get when we visit nursing home.
That is the time that I realize I am there for a very limited time.

Yes. We would love to come back as much as they wish.
I believe in children, and I believe in education.
I hope our sharing of music opened their mind to classic music.
Also, I sincerely wish for their brightest future!

GaHyun Cho

Photo:Shinobu Suzuki

|

2014年6月14日 (土)

活動の意味を再確認しました

(東京都立青山特別支援学校、東京都立鹿本学園)

今年また昨年夏に演奏した地を再度訪問できること、そして新たな場所で新しい出会いを持てることを、とても光栄に思います。

昨日、私は障害を持つ子どもたちとその介助者の方が遊んでいる姿を目にして強く心を動かされました。様々な障害を持つ彼らの反応は、感動的で温かいものでした。私たちが、社会の枠組みから外れないように抑えている様々な感情を、この子どもたちを見ていて気づきました。
1_3

私がある子どもたちのグループに近づいていくと、子どもたちは興奮してジャンプをし、私のヴィオラの弓を使って弾いてみたいという動作をしました。子どもたちもよく知っている「きらきら星」や、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」など短い曲を演奏しました。多くの子どもたちはすぐに反応を示し、その新しい体験を楽しんでいるようでした。うまく自分の腕をコントロールすることが出来ず体験が難しい子どもたちや、病気のせいで孤独感を感じているような子どもには、特につながりを感じてほしくて、アイコンタクトをとりながら短い曲を演奏しました。

子どもたちに演奏していて、私たちが行っていることがとても重要なことだと確信しました。音楽を通して少しでも幸せを届けることが出来たらと思っています。この活動で、一人の子どもでも人生を違ったものにすることができるなら、また、誰かの一日が、少しでもいい日になるなら、彼らのために6000マイル移動してきた価値は大いにあると思いました。

ウイリアム・フランプトン

June 14 2014

It is a privilege to return to some of the same sites we performed at last summer along with new locations and the people we meet there. Yesterday I experienced a poignant set of moments playing for disabled children and their caretakers. The range of responses from those with different disabilities were touching and warm. We experience with those children some of the raw human emotions that most of us suppress in order to function by society's rules. When I walked over to one group of students, they jumped up with excitement to meet me and motioned that they would like to try drawing my bow across the viola. With each child I played a short song that they would recognize like twinkle, twinkle, little star or Mozart's Eine Kleine Nachtmusik, and it was fulfilling to give them a new experience which most of them connected with right away. Others did not have enough control over their arms to participate in that way and for them I played a couple short pieces, making eye contact with each child in hopes of forging some kind of connection, especially for those who experience loneliness as part of their condition.

I believe we are doing important work when we visit these children, and I hope to provide some level of happiness through music. If it only makes a difference in one child's life or makes someone's day a little better, it is worth traveling the 6000 miles to play for them.

William Frampton

|

2014年6月13日 (金)

特別な観客のみなさん!

Photo_4


今日の活動で、僕たちは品川にある青山特別支援学校、そして新小岩の東京鹿本学園という二つの異なる特別支援学校を訪問しました。それぞれの学校で、障害の程度が異なる100人〜150人の子ども達のために演奏しました。それは僕にとって、いろいろな意味で挑戦的な経験となりました。最初、子どもたちに柔軟に対応しながら僕らの演奏を伝えるのは難しいのではないかと思っていました。しかし、この学校の子ども達は、学校側からのサポートが行き届いていて、また音楽に対しても前向きな反応が見られたことも嬉しく感じました。

僕らは、いつものICEPの活動のように「楽器体験」をしました。子どもたちの更に近くで楽器を見せて聴いてもらい、体験もしてもらいます。ほとんどの子供たちは楽器を演奏するのが難しいようでしたが、できる限りみんなと接することができるように、たくさんの時間を割きました。多くの子どもたちが、私たちの演奏に強い興味を示してくれたことにも気が付きました。何人かはまるで指揮をするかのように自分の体を音楽に合わせて動かしていました。他の子どもたちも、普段見ることはない何かを目にしたことで、とても興味を持っているようでした。特に一人の女の子は、僕が演奏中に音楽に合わせて体を動かすのがわかると、笑ってくれました。(さらにその子に楽しんでもらおうと僕はもっと体を動かしてしまいました!)

音楽はすべての文化、人種、および条件を超越できる言語だと思います。これらの2校への訪問は、僕らカルテットの活動が大切なことであることを強く確信させてくれました。今日子ども達が見せてくれたように、僕たちの音楽は間違いなくたくさんの影響力を持っています。この思いは決して忘れません。

マイケル・カッツ

Today's activities brought us to two different special needs school - The Aoyama Special Support School in Shinagawa, and the Tokyo Shikamoto School in Shinkoiwa. In each of these schools we performed for a group of 100-150 kids with varying degrees of disability. In many ways it was a challenging experience. It was a very different audience from what we are normally accustomed to and we had to be especially flexible and attentive to the particular needs of the kids. In addition it was difficult to encounter some of the more severe cases of disabilities. Nevertheless it was encouraging to see how well these kids are taken care of and even more encouraging to see how most of them had a very positive reaction to the music. As we do in every ICEP performance we included our "petting zoo" portion, where we allow the kids to see, and hear our instruments more closely and in some cases even try playing a few notes. Knowing that most of these kids have very limited exposure to live music we wanted to spend extra time on this segment of our visit to make sure we can engage as many of them as possible. I was able to notice several kids who had an especially strong response to our playing. Some were moving according to the character of the music as if they were conducting with their bodies. Others appeared mesmerized as they witnessed something they don't get to see every day. One girl particularly moved me as she was smiling and laughing as she recognized how my body language relates to the musical phrasing (which of course led me to exaggerate everything I was doing in order to engage her even more). These two visits served as a strong proof of what all of us in the quartet strongly believe - music is a language that can transcend all cultures, races, and conditions. It has the power to reach and affect anyone, as the kids we met today showed us.
I will definitely remember today for a very long time.

Michael Katz

|

2014年6月12日 (木)

文化体験をしました。

今日は文化体験として、雅楽奏者の八木さんのお寺に招かれました。八木さんは日本茶とお菓子でもてなしてくださり、私達は手作りのクッキーなどとても美味しくいたたきました。

八木さんは二人の雅楽奏者の方と共に、管楽器である篳篥、笙、龍笛を演奏してくださいました。唱歌という曲は、主に5つの単調レ、ミ、シ、ラ、ファからなる曲で、千年ほど前に宮廷で演奏された時の厳粛な雰囲気を想像することができました。

さらに琴や琵琶も見せてくれました。 それぞれの楽器が、韓国の伝統的な楽器に似ていたのがとても興味深く感じました。雅楽の背景は、5世紀ころ、中国、韓国の古代文明から音楽と舞踊が日本に持ち込まれたと言われており、韓国と日本が近い国であることを再確認しました!

八木さんは、私たちに楽器も弾かせてくださいました。私は特に「篳篥」の音が好きで、体験も楽しみました。5つの楽器の中で篳篥は一番小さい楽器ですが、威圧するような音で他の楽器をリードしていて、まるでバイオリンみたいだと思いました。
また「笙」という楽器を見ることができたのもとても印象的でした。演奏前に15分間温めなければならない楽器なんて今まで見たことがなかったからです。弦楽器奏者として、自分の楽器を温めるなんて考えられません。

今日は、日本文化について新しい一面を理解する素晴らしい機会となりました。メンバー全員、日本文化をもっと知りたいと思い、日本文化に魅了されました!私たちの更なる日本への探究は続きます!

ガヒョン・チョウ

Photo_5
写真は龍笛です。
Photo_6
こちらが篳篥

Today we were invited to Mr. Yagi’s temple for cultural experience.
When we arrived, he served the Japanese green tea and sweet first. He also gave us home-made cookies! We gladly appreciated his offering of ‘Chado’. All of us continuously savored the flavors while we were there. It was delicious!!

Mr.Yagi introduced Japanese music ‘Gagaku’. He and two other musician played on wind instrument Hichiriki, Sho, and Ryueteki. The music called Shoga was mostly used with 5 monotone D,E,B,A,and F. I was able to conceive a solemn atmosphere when this music was played in Imperial court thousand years ago.

He also introduced two string instruments called Koto and Biwa.It was interesting to see how all the instruments are similar to Korean’s traditional instruments.In the background of Gagaku, it is said that from 5th century music and dance were brought to Japan from the ancient civilizations of countries such China and Korea. I recognized again that Korea and Japan are neighboring countries!

Mr.Yagi also gave us a chance to try all the instruments. I specially enjoyed to listen and try on ‘Hichiriki’. It was the smallest instruments in 5, but it leaded other instruments because of dominating sound! I thought the character of the instrument is same as violin!Also, it was striking for me to see the instrument ‘sho’. I had never seen any instruments before that has to be heated in the fire for 15min before actual playing! As a string player it is nothing but dizzy to think my instrument heated!

It was great opportunity for us to learn all the new factors about Japanese culture.We were all fascinated by Japanese culture that we would like to know more about the Japanese culture! Our exploring to Japan will continue!!

GaHyun Cho


|

2014年6月11日 (水)

ICEP2014始動しました!

梅雨に入り、まさに雨続きですが、ICEPメンバーは本日より元気に活動を開始しました!
本日伺ったのはミュージック・シェアリング楽器指導の活動先でもある、横浜国立大学教育人間科学部附属特別支援学校のバンド部です。

現在、バンド部の皆さんは、チャイコフスキーバレエ組曲「くるみ割り人形」の「トレパック」を練習中です。
まず、パート練習にメンバーが参加し、一人一人の部員を指導しました。その後、ミュージック・シェアリングの楽器指導ボランティアの先生も加わり、一緒に演奏しました。

最初、生徒のみなさんは少々緊張気味のようでしたが、メンバーが笑顔で接するにしたがい、徐々に笑顔になっていきました。
メンバーも初めての訪問先で、「よくできました」や「頑張りました」など、覚えたての日本語を一所懸命使って練習に参加しました。

練習の後は、カルテットの演奏を皆さんに聞いていただきました。
1曲目はヴォルフ「セレナーデ」
2曲目はバンド部の練習していたチャイコフスキーバレエ組曲より「トレパック」

みなさん、とても真剣に聞いてくださいました。
バンド部の熱心な練習の姿は、メンバーの心にも強く印象に残ったようです。

バンド部の皆さん!ありがとうございました。

スタッフブログ


| | トラックバック (0)

ICEP2014日本メンバーからご挨拶!

2014年ICEP6月の日本での活動が始まります。
半年ぶりに日本で再結成したICEPメンバーからのメッセージです。

English follows Japanese

★ガヒョン・チョウ(ヴァイオリン)

おはようございます、こんにちは!
日本の皆さんへごあいさつさせて頂きます。
昨日東京に到着しました。また来日できてとても嬉しいです!
昨年12月に東京に来たときは、日本の皆さんに お目にかかることができませんでした。
今回は多くの日本の人と出会い、音楽を通して交流できることを、とても楽しみにしています。

今日の午後は、メンバーと小石川後楽園に行き1時間ほど美しい場所を散策することができました。さまざまな種類の花が咲き、草木の茂る公園で、滝の流れに皆が癒されました。
日本の夏の訪れを感じるとともに、私たちが日本の皆さんに音楽を届ける時が来たのだと感じました。

皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

Ohaio gozaimas, Konnichiwa~~

I send you greeting to everyone in Japan!:)
I arrived in Toyko last night, and I am very glad to be back to Tokyo!
Last time when we came to Tokyo in December, most of the time we had rehearsal that I didn't get to meet many people in Japan; I am more excited to meet people and share music here in Japan!

Today in the afternoon, our members were able to go to Koishkawa Korakuen Garden for a break. It was so beautiful that we didn't want to leave after staying there an hour. Many different types of flowers were blooming, and green trees, breeze, and waterfall made us refreshed and at the same time awakened that summer has begun in Japan; it is time for us to play some music for you here!:)

Hope to see you soon!:)

GaHyun

★ウイリアム・フランプトン(ヴィオラ)

私は去年に続き再び来日することになりましたが、この旅を通して音楽や文化を体験することを楽しみにしています。
今回は、初めて歌舞伎を鑑賞し、心から楽しむことが出来ました。
ニューヨークからの時差ぼけはありましたが、また是非歌舞伎鑑賞をしたいと強く思いました。またこの日は、焼肉、寿司、ラーメンなど、次回行きたいと願っていた東京のレストランにも行くことができました。

これから、日本の子どもたちや学生などたくさんの人々と音楽を通して交流することを楽しみにしています。今回はどんなことが待っているのか予想することはできませんが、去年の訪問では、日本の皆さんからの温かく親切な歓迎にとても驚きました。今回、この素晴らしい国の人々に、私ができることをお返しいたいと思っています。

I have been eagerly anticipating my return to Japan, and all of the musical and cultural experiences that come with this trip. For my first day in Japan on this trip, I went to my first Kabuki performance and thoroughly enjoyed it. The jet lag from New York nearly defeated me, but the final act revived me and I am eager to see another Kabuki play. In the last 24 hours I have also enjoyed eating some of my favorite foods: yakiniku, sushi, and ramen, all from some of my favorite Tokyo restaurants that I was eager to return to.
I now look forward to interacting with children, students, and adults in Japan. I hope to share music with them, but I can never expect what I'll get back. The warmth and kind welcome from all of our audiences last summer took me by surprise, and makes me want to give all I can to the people in this wonderful country.

William Frampton

★マイケル・カッツ(チェロ)

東京からこんにちは!僕にとって、これで4回目の来日ですが、本当に嬉しく思っています。
昨年12月末のミャンマーでの活動直後から、次のミュージック・シェアリングの活動を、心待ちにしていました。ミャンマーでの経験により、音楽を人々と分ち合うことの重要性をよく理解しました。ミャンマーと日本の状況は全く違っていますが、どちらの国でも音楽が必要であることに変わりはありません。

来日してすぐ、私たちは小石川後楽園や、歌舞伎など、日本文化の素晴らしさをすでに味わいました。これからの2週間は、より多くの皆さんと交流できることを楽しみにしています。

Greetings from Tokyo!
I'm extremely excited to be back in Japan, now for the 4th time.
Ever since coming back from Myanmar at the end of December I was waiting to continue my work with Music Sharing.
Our experience in Myanmar showed us the importance of sharing the gift of music with others. Even though Myanmar and Japan are very different, the need for music is great in both.
Yesterday was our first full day in Japan and we already got a wonderful taste of Japanese culture when we took a long walk at the Koishikawa Korakuen followed by a Kabuki show in Shibuya. I'm looking forward to many more interactions and adventures in the next 2 weeks and I couldn't be more excited to be back in Japan with Music Sharing!

Michael Katz

|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年9月 »