« 特別な観客のみなさん! | トップページ | 子どもたちのワクワクをもっと! »

2014年6月14日 (土)

活動の意味を再確認しました

(東京都立青山特別支援学校、東京都立鹿本学園)

今年また昨年夏に演奏した地を再度訪問できること、そして新たな場所で新しい出会いを持てることを、とても光栄に思います。

昨日、私は障害を持つ子どもたちとその介助者の方が遊んでいる姿を目にして強く心を動かされました。様々な障害を持つ彼らの反応は、感動的で温かいものでした。私たちが、社会の枠組みから外れないように抑えている様々な感情を、この子どもたちを見ていて気づきました。
1_3

私がある子どもたちのグループに近づいていくと、子どもたちは興奮してジャンプをし、私のヴィオラの弓を使って弾いてみたいという動作をしました。子どもたちもよく知っている「きらきら星」や、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」など短い曲を演奏しました。多くの子どもたちはすぐに反応を示し、その新しい体験を楽しんでいるようでした。うまく自分の腕をコントロールすることが出来ず体験が難しい子どもたちや、病気のせいで孤独感を感じているような子どもには、特につながりを感じてほしくて、アイコンタクトをとりながら短い曲を演奏しました。

子どもたちに演奏していて、私たちが行っていることがとても重要なことだと確信しました。音楽を通して少しでも幸せを届けることが出来たらと思っています。この活動で、一人の子どもでも人生を違ったものにすることができるなら、また、誰かの一日が、少しでもいい日になるなら、彼らのために6000マイル移動してきた価値は大いにあると思いました。

ウイリアム・フランプトン

June 14 2014

It is a privilege to return to some of the same sites we performed at last summer along with new locations and the people we meet there. Yesterday I experienced a poignant set of moments playing for disabled children and their caretakers. The range of responses from those with different disabilities were touching and warm. We experience with those children some of the raw human emotions that most of us suppress in order to function by society's rules. When I walked over to one group of students, they jumped up with excitement to meet me and motioned that they would like to try drawing my bow across the viola. With each child I played a short song that they would recognize like twinkle, twinkle, little star or Mozart's Eine Kleine Nachtmusik, and it was fulfilling to give them a new experience which most of them connected with right away. Others did not have enough control over their arms to participate in that way and for them I played a couple short pieces, making eye contact with each child in hopes of forging some kind of connection, especially for those who experience loneliness as part of their condition.

I believe we are doing important work when we visit these children, and I hope to provide some level of happiness through music. If it only makes a difference in one child's life or makes someone's day a little better, it is worth traveling the 6000 miles to play for them.

William Frampton

|

« 特別な観客のみなさん! | トップページ | 子どもたちのワクワクをもっと! »