« 米沢のおいしい体験 | トップページ | 東京の学校にて »

2014年6月18日 (水)

東京でのコンサート

私たちはニューヨークと東京でのリハーサル後、日本での訪問コンサートを開始しました。しかし、リハーサルを繰り返すたびに、私たちがまだまだ練習しなければいけない部分に気がつき、理想の演奏に近づけるのに時間が足りないことを思い知らされました。今日のコンサートの前も、7時間以上練習をしました。メンバーは皆、疲れてはいましたが、絶対に良い演奏をしたいという気持ちから、だれも不満を言いませんでした。

_023_2

私にとって、USCの教授でもあるみどりさんと同じステージに上がることは、とても名誉なことです。ICEPに応募したきっかけは、ミャンマーと日本の多くの人々と音楽を共有したいという気持ちはもちろんありましたが、みどりさんと一緒に演奏したいという気持ちも強くありました。アーティストとして、先生として、みどりさんはいつも私に音楽を通してインスピレーションを与えてくれるのです。みどりさんと舞台の上で演奏を通して意思を通わせることが出来たことは、私にとってとても刺激的でした!

またカルテットの他の二人のメンバーは、偶然にもニューイングランド音楽院の卒業生でした。しかし学生時代には一緒に演奏する機会が一度もなかったので、彼ら二人と再会し共に演奏できることは幸運なことで、彼らをよく知ることもできました!もちろん、皆、個性があり意見が合わない時もありましたが、最後にはお互いの意見を受け入れ互いを尊重し、うまく調和することが出来ました。
私は、こうしてみんなで作り上げたものを誇りに思っています!音楽家としてだけでなく人間として友人として、マイケルとウィリアムを尊敬しています。

コンサートでは多くの観客の皆様に演奏することができて、嬉しく思っています。みなさんとても楽しんで頂けたようでした。コンサート後、人々が私たちにお辞儀をし握手を求め、私たちがプログラムにサインするなど、外国人として日本の観客の様子を見るのはとても印象的でした。
2014618_100_2

東京でのコンサートは終わりましたが、私たちの活動はまだまだ続きます。
明日は朝の6時50分に大阪に向かいます!
さようならー!

ガヒョン・チョウ

We started visiting concerts after we had rehearsals in New York and Tokyo. But we always discovered new things to practice to make our music better and we also noticed that our time is not enough to get to the point we wish to achieve.
After finishing our concert today I realized that we played on our instruments for more than 7 hours (roughly) before the concert (including pre-concert)!
Physically all the members expressed their tiredness, but nobody complained as our wish to get better was strong.

For me it was an honor to be on the same stage as Ms. Midori, my professor at USC. It is true that I applied to ICEP as I wanted to share music with local people in Myanmar and Japan, but it was also a strong wish of mine to play with Midori. As an artist and a teacher, she always gives me inspiration through her music. It was very exciting for me to communicate with her through music on the stage!

I have to also mention the two guys in our group. Coincidentally, we all graduated from the New England Conservatory in Boston, but we did not have a chance to play together when we were at the school. I felt fortunate to meet these guys again and play together. It was so much fun to get to know them!
Everyone has a different personality, and sometimes our ideas did not match, but at the end we all accepted the other person's opinion, adjusted to each other, and made good harmonization. I am proud of what we achieved! I respect Michael and William not only as musicians but as people and friends.

I was glad to see many people in the audience and play for them. It seemed that people enjoyed listening to our playing! As a foreigner, it was impressive to see the traditional Japanese way of expressing appreciation after the concert: bowing and shaking hands, and getting our signatures on the program.

The Tokyo concert is done, but it is not the end yet. We are off to Osaka tomorrow at 6:50am! Sayonara~!

GaHyun Cho

Photo:Shinobu Suzuki

|

« 米沢のおいしい体験 | トップページ | 東京の学校にて »