« 音楽の力 | トップページ | 米沢のおいしい体験 »

2014年6月17日 (火)

幸せを届けられると信じて

(宮城県立西多賀支援学校、仙台西多賀病院)

昨日、私たちは仙台の障害を持つ子どもの学校と病院で演奏しました。生徒のみなさんは友好的でしかも積極的で、彼らとの会いは素晴らしいものでした。何人かの生徒は私たちの楽器を弾きたがり、一人の生徒は病院のいろいろな場所で行った4回の演奏をすべて聴きに来てくれて、演奏を楽しんでくれました。さらに彼がヴァイオリンの弓を持ってきて、私のヴィオラを弾いたのも、面白かったです。

病院では、様々な障害を持つ人々に出会いました。病院のスタッフは、患者さんの反応を理解するのが仕事の一つです。何人かの患者さんは全く話すことができませんが、音楽に対する彼らの反応は、このブログを読んでいる人とはまったく違ってると思います。病院のスタッフは、演奏している時の患者さんの様子をずっと近くで観察していました。私達の訪問で、病室で生活する患者さんが少しでも幸せを感じ、友好を感じてくれたらと願っています。

ウィリアム・フランプトン

Yesterday, we performed at a hospital and school in Sendai for those with physical and mental disabilities. The students were warm and outgoing, and it was so nice to meet all of them. Some of the students wanted to try our instruments, and one student enjoyed string music so much that he came to all 4 of our performances in different parts of the hospital. He also brought a violin bow to our performance and it was fun to have him play my viola with it.

We encountered many different people at the hospital with a wide range of disabilities. Identifying what the patients react positively to is one of the main jobs for the staff of the hospital, and it is a privilege to communicate with the patients in a way that they have not experienced before. Some of the patients have never spoken and their reaction to music is measured differently from most people reading this blog. The staff were observing these patients closely as we played music for them. I hope we can bring a little bit of happiness and companionship to those who are held in that lonely place.

William Frampton

|

« 音楽の力 | トップページ | 米沢のおいしい体験 »