« 文化体験をしました。 | トップページ | 活動の意味を再確認しました »

2014年6月13日 (金)

特別な観客のみなさん!

Photo_4


今日の活動で、僕たちは品川にある青山特別支援学校、そして新小岩の東京鹿本学園という二つの異なる特別支援学校を訪問しました。それぞれの学校で、障害の程度が異なる100人〜150人の子ども達のために演奏しました。それは僕にとって、いろいろな意味で挑戦的な経験となりました。最初、子どもたちに柔軟に対応しながら僕らの演奏を伝えるのは難しいのではないかと思っていました。しかし、この学校の子ども達は、学校側からのサポートが行き届いていて、また音楽に対しても前向きな反応が見られたことも嬉しく感じました。

僕らは、いつものICEPの活動のように「楽器体験」をしました。子どもたちの更に近くで楽器を見せて聴いてもらい、体験もしてもらいます。ほとんどの子供たちは楽器を演奏するのが難しいようでしたが、できる限りみんなと接することができるように、たくさんの時間を割きました。多くの子どもたちが、私たちの演奏に強い興味を示してくれたことにも気が付きました。何人かはまるで指揮をするかのように自分の体を音楽に合わせて動かしていました。他の子どもたちも、普段見ることはない何かを目にしたことで、とても興味を持っているようでした。特に一人の女の子は、僕が演奏中に音楽に合わせて体を動かすのがわかると、笑ってくれました。(さらにその子に楽しんでもらおうと僕はもっと体を動かしてしまいました!)

音楽はすべての文化、人種、および条件を超越できる言語だと思います。これらの2校への訪問は、僕らカルテットの活動が大切なことであることを強く確信させてくれました。今日子ども達が見せてくれたように、僕たちの音楽は間違いなくたくさんの影響力を持っています。この思いは決して忘れません。

マイケル・カッツ

Today's activities brought us to two different special needs school - The Aoyama Special Support School in Shinagawa, and the Tokyo Shikamoto School in Shinkoiwa. In each of these schools we performed for a group of 100-150 kids with varying degrees of disability. In many ways it was a challenging experience. It was a very different audience from what we are normally accustomed to and we had to be especially flexible and attentive to the particular needs of the kids. In addition it was difficult to encounter some of the more severe cases of disabilities. Nevertheless it was encouraging to see how well these kids are taken care of and even more encouraging to see how most of them had a very positive reaction to the music. As we do in every ICEP performance we included our "petting zoo" portion, where we allow the kids to see, and hear our instruments more closely and in some cases even try playing a few notes. Knowing that most of these kids have very limited exposure to live music we wanted to spend extra time on this segment of our visit to make sure we can engage as many of them as possible. I was able to notice several kids who had an especially strong response to our playing. Some were moving according to the character of the music as if they were conducting with their bodies. Others appeared mesmerized as they witnessed something they don't get to see every day. One girl particularly moved me as she was smiling and laughing as she recognized how my body language relates to the musical phrasing (which of course led me to exaggerate everything I was doing in order to engage her even more). These two visits served as a strong proof of what all of us in the quartet strongly believe - music is a language that can transcend all cultures, races, and conditions. It has the power to reach and affect anyone, as the kids we met today showed us.
I will definitely remember today for a very long time.

Michael Katz

|

« 文化体験をしました。 | トップページ | 活動の意味を再確認しました »