« 活動の意味を再確認しました | トップページ | 音楽の力 »

2014年6月15日 (日)

子どもたちのワクワクをもっと!

(東京家庭学校)

Img_0882_4

子どもたちの施設を訪問し演奏するたびに、私はとても喜びを感じます。みなさんの予想とは異なると思いますが、実は、子どもたちは最高の観客なのです!
子どもたちの中には、椅子に座って足が床につかないような小さな子どももいましたが、キラキラ目を輝かせながら、集中して聴いてくれました。

ミャンマーでの訪問も、個人的に一番強く印象に残っているのは児童養護施設でした。この施設の子どもたちは2歳から5歳と小さく、演奏など聴くことができないのではないかと思っていました。ところが驚いたことに、誰一人泣きもせず、他の子とおしゃべりもしないでじっと聴いてくれたのです!
『楽器体験』の時には、好奇心の強い子どもたちから多くの質問を受けました。

「どうして黒い部分では弾かないの?」(女の子は指盤のこと言っていました)
「黒い部分を弾いたらどんな音が出るの?」
「右手に持ってる、白いところはなあに?」(その子は、弓の馬の毛の部分を指していました)
「これを演奏することはできる?ラララ~♪」

たくさんの子どもたちが、ヴァイオリンの演奏体験を楽しんでくれました。
ある女の子が「これ私には重いわ!」と言っているのを聞いて、この子たちが試すことが出来る子どもサイズのヴァイオリンがあったらよかったなと思いました。しかし大きいサイズの楽器でも、子どもたちは私たちの演奏をまねて弾こうとしていました。最初のパートを弾こうと試みる子もいれば、とても速いパートを弾こうとして諦めて笑顔を見せる子もいました。

子どもたちから、何時間練習をしているのかと質問されました。メンバーの答えは同じです。小さいころから、何年も何時間も練習を続けています。そして最後は、また来てくれるの?と聞かれました。児童養護施設を訪れるたびに必ず受ける質問で、いつも私は、ほんの限られた時間しかこの場にいられないのだと気づかされる時です。私たちも、同じくらい、またここに戻ってきたいと思っています。私は、子どもたち、そして教育を信じています。私たちが音楽を演奏することで、子どもたちの心がクラシック音楽に開かれること、また彼らの輝くような明るい未来を心から願っています。

ガヒョン・チョウ


Img_0137_3

Visiting children's institutions always brings me joy to perform. Unlike people's expectation, children are actually the best audience! They are so small that some children's feet even do not touch the floor when sitting on the chairs, but they stare in wonder with twinkling eyes. Also, they listened more attentively than you think.

Personally, the most memorable place in Myanmar was also an orphanage house. They were so young(age 2-5) that we did not think that they can be quite during the performance, but interestingly nobody cried or spoke to another not even once! They really listened!

In the 'petting zoo' I received many questions from the curious children:
' Why are you not playing on the black part?(she meant the fingerboard.)',
' What does it sound like if you play on it?',
' What is the white part in your right hand?(she meant the horse hair in a bow'),
' Can you play this? dararara~rara~~'.

Most of the children enjoyed to try playing on violin.
I wish there were different size of violins that they can try.
A girl said 'it is too heavy for me!'. Even it was a big size instrument they tried to imitate our playing. Some children tried to play fast parts and left with a smile.

Consequently, we got a question from a child about how many hours we practice. All the member's answer was equal. Many many hours not only for a day but for years of practicing since when we were young!

The last question they asked us was if we will come back.
That was the question we often get when we visit nursing home.
That is the time that I realize I am there for a very limited time.

Yes. We would love to come back as much as they wish.
I believe in children, and I believe in education.
I hope our sharing of music opened their mind to classic music.
Also, I sincerely wish for their brightest future!

GaHyun Cho

Photo:Shinobu Suzuki

|

« 活動の意味を再確認しました | トップページ | 音楽の力 »