« 東京の学校にて | トップページ | 患者さんとのコミュニケーション »

2014年6月21日 (土)

大阪でのコンサート

6月21日 活動報告コンサート 

大阪駅に着いてすぐ、大阪がとても活気のある場所だと感じました!東京の人たちよりも積極的で、カラフルな洋服を着ているというような気がします。

コンサートが始まると、大阪の観客の皆さんの盛大な拍手で温かく迎えていただきました。そして、演奏が終わるやいなや、大喝采をいただくことが出来ました。大阪のコンサートでは、みんながより気持ちよく演奏できたように思います。

私にとって東京でのコンサートでのインタビューは、演奏するよりもはるかに緊張し頭の中が真っ白になり、心臓が飛び出そうでした。大阪のコンサートでは、インタビューが2回目だったので、東京よりうまくいきましたが、音楽家として舞台では、演奏することの方がはるかに楽だと思いました!

私としては、インタビューできちんとお話しできなかったことを、このブログで皆さんにお伝えできることをうれしく思います。
コンサートの司会者から質問されたことは、ミャンマーの子どもたちの印象についてでした。子どもたちに対してとても愛情を感じていることを、このブログでも何度か書きました。私は多くのことを、子どもたちから学びました。子どもたちの反応は自然で正直でわかりやすいのです。大人になるにつれ、他の人の批判を聞いてから音楽を聴いてしまうことがあります。ですが、私は音楽を聴く時には、子どものように好奇心を持って心を開く姿勢が必要だと思います。このことに関して、子どもたちから、音楽をどのように聴き楽しんだらよいのかという価値あることを学んだように思います。そして音楽鑑賞に年齢制限などないということも教えてくれました。

次にインタビューで聞かれたことは、ICEPの活動の意味についてでした。ほとんどの演奏会は、限られた短い時間の中で、コンサートに行く機会に恵まれない人たちへ向けて行われました。正直に言うと、病院の患者さんたちにお会いすると心が痛み、これからこの患者さん達はどのように生活していくのだろうかと思わずにはいられませんでした。時々、カルテットのメンバーもみんな同じように心に痛みを感じ、演奏後、控室に戻って一言も話せない時もありました。周りの世界について、少し理解することにより謙虚になりました。また同時に、世界にできることがあることを有難く感じました。私たちは、お医者さんのように心身を治すことはできませんが、音楽を通して人々の心に触れ、慰めることはできると信じています。

また、コンサートでは、音楽という磁石の力で私たちの団結力は高まります。メンバー全員、最初は知り合いではありませんでしたが、音楽を通して私たちは一つになることができました。演奏している時の最高の瞬間とは、客席も静まり音楽を一緒に感じる時です。それを言葉にすることはとても難しいことですが、それこそ音楽の魔法であると思います。見ることもできず触れることもできないのに、音楽を通して心が繋がるのです。なんて素敵なことでしょう!

世界は完全に平和ではありませんが、人々を繋ぐのは言葉より、音楽の力の方が強いこともあるような気がします。私は、ボランティアの演奏家の人数が日々増え、素晴らしい音楽をたくさんの人たちに広めることが出来たらと願っています。ICEPに参加したことにより、これからも大事なものをたくさんの人たちと共有しようと決めました。

それでは皆様の幸せをお祈りしています。

ガヒョン・チョウ

6/21 Osaka Report Concert

When I got to Osaka station, the first thing I realized is that the atmosphere here is more lively!
It was interesting for me to hear that Osaka people have more outgoing personalities than Tokyo people. I also noticed that people wore more colorful clothes than Tokyo that made the image of Osaka city!

Osaka People in the audience were warmly welcome us by acclamation, and after finishing the last note on the concert we have got a big hand. I think all of us played more comfortably in Osaka concert.

Personally I was more nervous about public speech than actual playing on the stage In the Tokyo concert interview session I was blanked out when I got the question. I felt that my heart was about to protrude to the outside. I was relieved after the interview that it was better than the Tokyo interview, but I realized again that playing music on the stage is much easier for musician!

In a way I am glad that there is blog writing duty as I can share the thoughts which might not have conveyed through my speaking.
By Myanmar trip, I confirmed again that I love children. Consequently, I have got the question from the announcer regarding the impression of children in Myanmar. I mentioned a few times about children in this blog so I will cut some of the sentences.
I think I learned many things from children. Children’s reaction was very natural and honest that it was actually easier to communicate. As being an adult I realized that we have got more know ledges in general that someone can criticize others easily which can apply to listening music. But I think the attitude we need when listening music is to have curious eyes and open-mind like children. In that sense children gave me a valuable lesson that what is the best way to enjoy music. Also, they let us know that there is no age limit to listen music.

In the 2nd question I received I explained how meaningful the ICEP activities were..
Most of the times the stages we performed were temporary and the people in the audience were people who cannot come to the concert. Honestly speaking, it was very painful to look some patients in the hospital and think how their lives would be. Sometimes all the quartet members said nothing after we came back to room as we all felt their pain together. We were humbled by acknowledging the world around us a little more, and at the same time we appreciate that there is something we can give to the world. We cannot help people their physical and mental diseases as doctors, but we believe that we can touch and console their heart and their mind through music.


The magnetic power of music is that we are united during the concert. Although we are all strangers to each other in the beginning, through music we feel together. The best moments I experienced through performing were the time when everyone in the audience got quieter and felt music together. It is hard to describe verbally what happened to us during the performance, but I think that it is the magic of music. Not visible not tangible, but our mind are connected to each other through sound. How beautiful it is!

Living in the world where there is no complete peace, I think the weight of music could become stronger as it is the only language that can harmonize between people. I hope that population of volunteer grows every day that everyone can spread the scent of their beautiful music. By these ICEP activities I also firmly decided to share the most precious part of my life continuously until the end of my life.

Best wishes,
GaHyun Cho

|

« 東京の学校にて | トップページ | 患者さんとのコミュニケーション »