« 幸せを届けられると信じて | トップページ | 東京でのコンサート »

2014年6月17日 (火)

米沢のおいしい体験

今日は、米沢にある矯正施設で訪問コンサートを開き、僕らの生活の話や楽器の説明をしました。
生徒の一人が、日本の食べ物の中で何が一番好きかと尋ねました。僕は昨晩、焼き肉店で食べた米沢牛が本当に美味しかったと話しました。お肉はとても柔らかく、バターのようで、さすが名の知れた米沢牛だと感じました。生徒からは米沢のサクランボも食べてみてと勧められ、東京に帰る前にお店に直行しました。

生徒たちはとても礼儀正しく、また熱心に私たちと会話してくれました。とても有意義な訪問だったと感じています。

ウイリアム・フランプトン


Today, we played at a correctional institution in Yonezawa.
We made good connections with the students here byshowing him our instruments and talking a little bit about our lives. One student asked about food we like in Japan and I told him how much I enjoyed the famous Yonezawa beef I had last night at the yakiniku (Japanese barbecue restaurant) in town. It was very tender and tasted so buttery. It's renown is well deserved. The student suggested I try the cherries from Yonezawa, and I went straight to the grocery store before our train left for Tokyo.

The students were very respectful and eager to communicate with us, making this a very worthwhile visit.

William Frampton

|

« 幸せを届けられると信じて | トップページ | 東京でのコンサート »