« 王子ホール報告コンサート開催! | トップページ | 自然あふれる長野にて »

2015年6月13日 (土)

文化体験~箏曲家・沢井一恵先生をたずねて

今日は、ICEPのメンバーが
ミュージック・シェアリングの協力アーティストである
箏曲家、沢井一恵先生のスタジオを訪問しました。
西洋の楽器を操るメンバーが、日本古来の弦楽器である箏にとても興味を示していました!

***************

今日の午前中は文化体験のため沢井一恵先生のスタジオへ行きました。
先生の沢井一恵先生はとてもお洒落で可愛らしい方ですが、最初にスタジオのドアを開けてくださったときに思った通り、一度箏に向かえば一流の演奏家特有の集中状態に入られました。まずその集中力の切り替えの早さに僕は多くのことを学びました。
僕は箏を聴くのは小学校四年生以来でしたが、当時は残念ながら楽器に触れることはあっても、音楽の先生は箏を演奏できず、従ってこの楽器がどういう音がするのかはなんとなく想像できても、どのような音楽が奏でられるのかということはわからなかったのです。
今回沢井先生の六段の演奏を聴き、もしこのような演奏を自分が小学校四年生の時に目の前で体験していたなら、僕はもしかしたら箏の道に進んでいたかもしれない、と思いました。と同時に、僕が今回小学校で訪問コンサートを行うときにも、かつて自分がクレーメルの演奏を聴いた時、自分の身に起きたような自分を揺さぶられるような感覚、同じような感覚が子どもたちの心に起こるのだろうか、と思ったときに、自分が今回このミュージック・シェアリングの活動に参加している事の自分にとっての意味、芸術家としての大きな意義と使命を見出したように感じました。

沢井先生の演奏の音と体の動きの音楽的な意味を持つ連続性、音の始まりと終わりに対する意識とその被せ方など、ヴァイオリン演奏で普段僕が課題にしている事の多くが学べた数時間でした。

ちなみに、門下生の方々が演奏しているときの真剣さにもとても感銘を受けました。このような温かく厳しい雰囲気の学びの場というのはとても刺激的です。


午後は損保ジャパン日本興亜損保の社員の皆さんによるオーケストラの練習に参加し、僕はコンサートマスターの隣で演奏しました。皆、心から音楽を愛し楽しんでいるのが音になって現れており、ここでも僕は音楽を一緒に作る喜びを感じました。残念だったのは、練習を最後まで出来ず、コンサートも聴けないことです。皆さん良い演奏会を。

練習の後はドヴォルザークの弦楽四重奏曲12番「アメリカ」より一楽章を演奏しました。
我々はカルテットとしてだんだん成長しているような気がします。

そして夜には長野に着きました。
まず空気が違います。僕にとって今一番必要なのはこの新鮮な空気、山の緑の匂い、そして良い音楽です。

弓 新(ヴァイオリン)
Photo_2

***************

今日は素晴らしい一日でした。
今朝は、素晴らしい筝曲家である沢井一恵先生とその生徒さんたちの待つ、渋谷の沢井先生のスタジオに向かいました。初めに2曲僕たちの前で披露してくださいました。
一曲目は、筝曲の古典である「六段」。そしてもう一つは、偉大な作曲家であった沢井先生のご主人が作曲した「十七絃箏による独奏」です。
沢井先生の生徒さんたちは現在東京藝術大学に通っているか、またはその大学を目指している人たちで、僕たちを温かく迎え入れてくれて、とても楽しむことができました。
ICEPのメンバーたちは、この沢井筝曲院での文化体験をとても楽しんでいたといえるでしょう。
そして、とても興味深かったことの一つに世界的に有名な現代音楽作曲家のひとりであるソフィア・グバイドゥーリナが沢井先生のために作曲した箏協奏曲の演奏を聴いたことです。その協奏曲はNHK交響楽団とともに演奏されたものでした。グバイドゥーリナ氏は、その協奏曲の作曲中、沢井先生の家に宿泊し、なんと、箏と箏の間の床に寝ていたのだそうです!
Photo

午後は、損保ジャパン日本興亜管弦楽団の皆さんと楽しい時間を過ごしました。楽団員の皆さんは会社の中の音楽が大好きな人たちで構成されています。外国から来たゲストがリハーサルに参加することで皆さんは興奮しただけでなく、もちろん、五嶋みどりとの出会いもとても喜んでいらっしゃいました。一つの会社の社員で構成するオーケストラというものを初めて知り、かなりびっくりしました。

これから、美しい街、長野に向かいます。私はまだ長野には行ったことがありませんが、実は身近に感じています。私はアメリカのソルトレイクシティで育ったのですが、ソルトレイクシティは2002年にオリンピックが行われました。その前の1998年のオリンピックは長野が開催地だったのです。
明日の善光寺訪問が楽しみです!

チャド・キャノン(コーディネーター)

"Today was fabulous. This morning we visited the amazing koto player, Ms. Kazue Sawai, and her students, in her Shibuya studio. She performed two pieces for us. One is a koto classic, "Roku-dan" or "Six Steps." The other is a bass koto concerto written by her late husband, who was a great composer. It was fun to be welcomed so warmly by her students, many of whom are either currently at Tokyo University of the Arts, or are hoping to attend there later. I could tell the ICEP quartet members really enjoyed their time at Sawai Sensei's studio. It was also fun to hear about how Sofia Gubaidulina, one of the most famous composers in the world, had written a koto concerto for Sawai Sensei that was performed by her and the NHK Symphony. Ms Gubaidulina had actually stayed at Sawai Sensei's house, and slept between the koto instruments on the floor!!

Then we enjoyed an hour with the Sompo Japan company orchestra, which is comprised of company workers who just love music. They were excited to have some foreign guests join their rehearsal, and of course enjoyed meeting Midori. I have never seen a company put together an orchestra like this, so I was actually kind of amazed!

We then traveled to the beautiful town of Nagano. I have never been to Nagano before, but I feel close to Nagano since I grew up in Salt Lake City, which hosted the 2002 Winter Olympic Games, following the 1998 Olympics in Nagano. Excited to visit Zenkoji tomorrow!"
Chad Canonn (Coordinator)

|

« 王子ホール報告コンサート開催! | トップページ | 自然あふれる長野にて »