« 中原養護学校にて | トップページ | 米沢の病院にて »

2015年6月16日 (火)

福島に来ました!

(福島県立盲学校)
(福島市立第三小学校)


Ok21_7今日は福島の盲学校と小学校で訪問コンサートをしました。盲学校の子どもたちは皆とても前向きで明るく、彼らを支えている先生方も皆温かい方達ばかりで、コンサートの後、僕たちは皆とても明るく清々しい気持ちになりました。

小学校では六年生と五年生が演奏を聴いてくれましたが、演奏後の質問の際、演奏中の呼吸、合図に関するとても鋭い質問が出るなど、子どもたちの素晴らしい感受性が垣間見られました。
それから、個人的に印象に残ったのは図書室に置いている本の内容のレヴェルの高さです。子どもの為の本とはいえ、社会の仕組みや世界の芸術、文学、60-70年代の世界の人々の暮らしの写真集などが揃えてあり、またそれらの本を子どもたちが給食休み中に純粋に好奇心を持って読んでいる姿に驚くと共に、自分の小学校時代を思い出し懐かしい気持ちになりました。僕も時間があれば数日は図書室に篭ってこれらの本を読みたいと思いました。
Blog1
福島での一連の活動の終了後、電車で米沢へ向かったのですが、ここでちょっとしたハプニングがありました。ホテルにパスモを忘れてきていました。電車発車5分前にホテルと確認が取れ、幸いホテルが駅から徒歩1分だった事もあり、そこから猛ダッシュで取りに行き、どうにか電車に間に合うことができました。これからはしっかりしなくては。
米沢に着いてからは男四人で温泉に行きました。 
忙しいミュージック・シェアリングのツアーも残り三日です。

弓 新 (ヴァイオリン)


***********************************************

今日もまた素晴らしい音楽と素敵な子どもたちとの出会いにあふれる1日でした。

午前中は福島県立盲学校を訪問しました。様々な障害レベルを持つ30人の生徒が僕たちを待っていました。生徒たちは、他の人々が当然だと思っている「自分の目で見るということ」ができないにも関わらず、自分たちの将来を明るく前向きに考えていました。
Oki41_6
訪問プログラムの中で僕が好きなのは「楽器体験コーナー」です。ミドリ、アラタ、トニー、ファイトがそれぞれの楽器を持って子どもたちのすぐそばまで行き、子どもたちが手で楽器を触れるという体験の時間です。目の見えない生徒たちは、自分の手を使って「見る」という方法をよく理解しています。手で楽器の上から下まで触れて、楽器の弦、ペグ、木の本体などを確認していました。何人かの生徒たち楽器の端を持ち、音を出すときの木の振動を確かめてとても嬉しそうでした。

午後は近くの小学校を訪問し、日本でまだ会ったことのない素敵な子どもたちとの出会いがありました。5年生のクラスと、6年生のクラスを訪問 しましたが、子どもたちが、私たちを迎え入れてくれた態度と礼儀正しさにはとても感動しました。先生方も、子どもたちをとても誇りに思っていることでしょう。
Blog2_2
今、米沢に着きましたが、また米沢牛を食べるのがとても楽しみです。

チャド・キャノン (コーディネーター)

Today was another day full of great music and beautiful children. Our morning was spent at the Fukushima Prefectural School for the Blind, where we met about 30 children with varying degrees of blindness. It was amazing to see their optimism about life in spite of not having something most people take for granted: the ability to see with one's own eyes.

My favorite part of the day by far was when Midori, Tony, Arata, and Veit took their instruments up close and allowed the children to feel the instruments with their own hands. The blind children really know how to use their hands to "see," so they lightly ran their hands up and down the instruments, examining the physical details (strings, pegs, wooden body, etc.). Some of them just held the side of the instrument and looked so happy to experience the vibrations.

Later in the day we visited a school that had some of the nicest kids we have met yet in Japan - one 6th grade class and one 5th grade class. I was so impressed by their welcoming attitudes and kind behavior. Their teachers must be proud!

Now we are in Yonezawa - I was glad to be able to eat some Yonezawa beef again!

Chad Cannon(Coodinator)


|

« 中原養護学校にて | トップページ | 米沢の病院にて »