« 訪問プログラムが始まりました! | トップページ | 本日は大阪【ICEP報告コンサート】 »

2015年6月 9日 (火)

ただ今大阪をツアー中!

(大阪市立梅南津守小学校)

みなさんこんにちは!
今日は、大阪で最初の訪問コンサートがありました。
小さいドイツの街から来た僕にとって、日本のラッシュアワーの時間帯に電車に乗ることは特別なことで、訪問先までの道中がすでに、僕にはとてもエキサイティングです。
学校に着くと、僕たちはそれぞれ3クラスに分かれて、楽器の説明をし、演奏しました。あるクラスで、勇気のある男の子が僕のヴィオラに挑戦しました。そして最後には、一緒に右手と左手を使っていくつか子どもの歌を演奏しました。彼は、この木からとても素晴らしい音が出ることに驚いているようでした。
明日は、大阪のザ・フェニックスホールでコンサートが行われます。ということで、今日の午後と夜は、明日のコンサートのためのリハーサル?をしました。リハーサルといっても、音合わせ練習や、コンサートでどのような雰囲気作り出せるのかなどを何時間も繰り返してディスカッションすることも含まれています。そして、この努力は明日のコンサートで報われることでしょう。楽しみです!
ファイト・ヘルテンシュタイン(ヴィオラ)
Img_0605

Hello everyone!
Today we had our first activities in Osaka. To experience a train during rush-hour in Japan is always something special for me coming from a very small town in Germany. So our trip to the school was already quite exciting for me.
Arriving in the school we saw three different classes introducing our instruments and playing for the kids. During one of these sessions a boy was brave enough to pick up my viola and we ended up playing some children songs together sharing the right and left hand on the same instrument. He seemed so surprised what nice sounds came out of a piece of wood and his eyes were glooming.
Tomorrow is our concert in Phoenix Hall in Osaka so we spent the rest of our afternoon and evening in rehearsal getting ready for our big day tomorrow? That means hours of intonation practice, discussing and re-discussing what to do on certain places and which atmosphere we should be creating. But the reward for this will be a great concert tomorrow.
Looking forward!

Veit Hertenstein (Viola)

今日は、みどりさんとICEPのメンバーとともにまた大阪に戻ってくることができました。とても嬉しいです。私のICEPでの大阪訪問はこれで3度目となります。
今日は市内の小学校を訪問しました。子どもたちの中には、生演奏を初めて聴く子どももいましたが、生演奏をすぐ近くで聴くという子どもたちの体験を楽しく見ることができました。
この小学校の校長先生はICEPの訪問プログラムを見るのは今回が3度目とのことで、以前は大阪市内の違う小学校で聴かれたことがあるそうです。校長先生は、音楽がどれほどこの小学校の子どもたちによい影響を及ぼしたか、ということを力強く言ってくださいました。「たとえ私たち教師が、子どもたちを教えようとして何十、何百時間費やしても、一度のICEPメンバーの訪問プログラムから音楽を聴くという経験には匹敵しないのです。」また、こうも続けられました。「カルテットの演奏は、子どもたちそれぞれに興味深い何かを残します:それは子どもたちが、新しい発見に対する興奮を感じること。
以前ICEPメンバーが訪問させていただいた学校の子どもたちや教員の皆さんが、今だに訪問プログラムがいかに素晴らしかったかを話してくださるそうです!

2012年から2014年のICEPに参加したアメリカ人ヴィオラ奏者、ウィル・フランプトンからも、素敵なメッセージを受け取りました。
「参加した去年、おととしの夏に出会った全ての人たちに愛を送ります。今年のメンバーのツアーが成功しますように」というものでした。ICEPは、世界中のたくさんの人々をつなぎました!

チャド・キャノン (コーディネーター)

Today I was so happy to come back to Osaka with Midori and the ICEP group. This is my third time visiting with ICEP.

While at an inner-city elementary school today, I enjoyed watching children experience music up-close, some of them for the first time.

The principal of the school has seen our ICEP program three times now, at different schools around Osaka, and he shared with me a very powerful testimony of how music has affected the children in his schools. He said, "Even if we spent tens, hundreds, even thousands of hours trying to teach children, our efforts can't compare to the experience of hearing music from ICEP's visits." He continued to explain that music does something unique to the children: it allows them to feel the excitement of discovery. He said that the children and staff at the former schools ICEP has visited still talk about how amazing the visit was!

I also received a fun message from Will Frampton, our ICEP violist from 2012-2014. He sends his love to all those in Japan he met the last two summers, and hopes we are all doing well. ICEP has connected so many people around the world!

Chad Canonn (Coordinator)

|

« 訪問プログラムが始まりました! | トップページ | 本日は大阪【ICEP報告コンサート】 »