« ICEP2015 日本での活動を振り返る(2) | トップページ | 沢井一恵先生、東燃ゼネラル音楽賞を受賞 »

2015年7月 1日 (水)

ICEP2015 日本での活動を振り返る(3)文化体験

ICEPの活動は、コンサートへ足を運ぶことが難しい学校、病院、施設の子どもたちに「本物の音楽」を届けるとともに、若手演奏家たちの「音楽における社会貢献活動とはどのようなものなのか」を、実体験を通して学ぶ場でもあります。
「文化体験」はICEPの活動の一貫で、西洋音楽を学んできた若手演奏家の視野を広げるために、プログラム期間中に実施されています。

●沢井一恵先生(筝曲家)のスタジオ訪問

沢井先生のご紹介は協力アーティストのページへ

まず、沢井先生にお話を伺いました。
Photo

迫力の演奏!
Photo_2

お弟子さんによる箏と尺八の演奏
Odesisanntatinoennsou

初めて筝に触れて
Photo_3


●善光寺訪問
長野では、「牛に引かれて善光寺参り」で有名な善光寺を訪れました。今回は特別にご住職にガイドしていただく幸運に恵まれ、メンバー全員様々な日本の文化を学ぶことができました。

見るもの全てが驚き。
Photo_4

ご回向柱とは、卒塔婆の一種で、御開帳期間中に本堂前に立てられる高さ約10mの柱です。前立本尊の御手と「善の綱」によって結ばれるため、前立本尊に触るのと同じ御利益があるといわれています。
Photo_5

Kc4f1575

|

« ICEP2015 日本での活動を振り返る(2) | トップページ | 沢井一恵先生、東燃ゼネラル音楽賞を受賞 »