« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月26日 (木)

あらためて学んだ、音楽の素晴らしさ~いしかわ特別支援学校 筝曲~

2015年11月19日 邦楽マスタークラス(筝曲)
     11月20日 訪問コンサート

石川県立いしかわ特別支援学校

<訪問した演奏家>
沢井一恵(筝)
さわい筝アンサンブル


-----------------------------------

*さわい筝アンサンブルのメンバーより、文章を寄せていただきました。


ミュージック・シェアリング 秋の訪問プログラムの一環で、11月19日と20日の2日間、石川県立いしかわ特別支援学校を訪れました。

1日目の「邦楽マスタークラス」では、学校の先生方を対象に、筝の演奏技法などを学んでいただきます。

初めて指につけるお筝の爪が逆さまだったり、目の前で信じられないくらい遠くに爪が飛んでいったりと珍事件がたくさんでしたが、受講されている先生方は、もちろん真剣!


100


少しづつお箏がわかってきて、色々な奏法が出来るようになってくると、先生方の瞳がキラキラと輝き始めます。

上手くいかず悔しい顔が見られたり、出来た瞬間の何とも言えない嬉しい顔が見られたりと、生き生きとした表情に、とても元気を頂きました。


2日目は、子どもたちのために訪問コンサートを行いました。はじめのうちから、みんな興奮気味でした。心の中では「こんなに騒がしいとお箏の音なんて聞こえないかもしれないな…」と思っていました。

そんな中、一恵先生が生徒達の真ん中までお箏を持って行き「六段の調」を演奏されました。最初の一音が響いた次の瞬間、子どもたちの視線・意識が、吸い込まれるかのように中心にいる一恵先生の方に飛んだのがわかりました。私もその1人でしたが…。


147


演奏を聴いてもらった後、お箏をみんなの目の前まで持っていき触ってもらいました。

普段も児童施設や病院でピアノや歌を演奏する機会はありますが、直接楽器に触れてもらうという事は、私自身は初めての経験でした。


148


自分では動かせない手を付き添いの親御さんや先生が持って弦に置いてくれるのです。私はその可愛い指が触れている弦を一緒に軽く弾いてみました。指先の振動が伝わって表情が変わるのがわかりました。

動かせる生徒さんは自分で弦を弾きます。音が鳴ると、とても喜んで手を叩き満面の笑みを見せてくれました。

音の振動が伝わる事の嬉しさ、日本の伝統の楽器を演奏出来る嬉しさ、喜んでくれた皆さんの顔。あらためて音楽の素晴らしさを、私自身が学ぶ事が出来ました。

2日間に渡り、一恵先生と共に出来た、いしかわ特別支援学校でのミュージック・シェアリング 訪問プログラムの経験は、何より自分の音楽人生に必要なものばかりでした。ありがとうございました!


(さわい筝アンサンブル 門川千夏)

|

2015年11月17日 (火)

邦楽マスタークラス~神奈川県立中原養護学校 雅楽~

2015年11月12日 邦楽マスタークラス(雅楽)

神奈川県立中原養護学校

<訪問した演奏家>
石川 高(笙)
中村 仁美(篳篥)
八木 千暁(龍笛)

-----------------------------------

*笙の石川高さんより、文章を寄せていただきました。


今日は、11月24日の訪問コンサートに向けて、先生方とマスタークラスを行いました。学校につき、準備をしていると、子どもたちがスクールバスに乗って帰ってゆく姿が、窓越しに見えます。

夕暮の体育館に、約10名の先生方にお集まりいただきました。「越天楽(えてんらく)」の演奏をとても集中して聴いてくださり、熱意が伝わってきます。

001


楽器の体験では、生き生きとした音が体育館に響きました。

笙は割とすぐに音が出ますが、指使いがちょっと難しいです。指孔が小さいので、最初のうちは、どこをおさえているのか感触がわからなくなってしまいます。夢中になって楽しんでくださっている様子に、私は感激しました。

026


次は舞の体験です。「陵王(りょうおう)」の舞の動きをどんどん覚えて、短い時間でしたが、密度の高いマスタークラスとなりました。

032


24日のコンサートでは、先生方に手を添えていただき、子供達も楽器体験をする予定です。

終了すると、校舎の外は日が沈んですっかり暗くなっていました。玄関に極楽鳥花が美しく咲いていました。


(笙 石川高)

|

2015年11月13日 (金)

協力アーティストコンサート情報 ~石川高さん・中村仁美さん出演 雅楽トリオ"千歳" <Chitose>~

協力アーティストの石川高さん(笙)と中村仁美さん(篳篥)が出演されるコンサートをご紹介します。

※公演は終了しました


Save Tohoku Charity Concert "prayer" Vol.17

雅楽トリオ "千歳"<Chitose>

●日時:2015年11月14日(土)14:30開演(14:00開場)
●会場:ドイツ語福音教会
●出演:石川高(笙)、中村仁美(篳篥)、角田眞美(龍笛)
●プログラム:
雅楽「越天楽」「千秋楽」(盤渉調)
朗詠「嘉辰」
三宅一徳作曲「黎明」
清元栄吉(遠藤和宏)作曲「和雅の音」
いずみたく作曲「見上げてごらん夜の星を」
●会場アクセス:
JR「五反田」駅より徒歩11分
都営バス「反96 御殿山行」「反96六本木ヒルズ行」乗車、「東五反田三丁目」下車、徒歩2分)
●チケット申込み:
中村 090-6005-4485 
hitomi-take39♪biglobe.ne.jp 
※「♪」を「@」に変えてご送信ください


ご興味のある方は、ぜひ足をお運びください。


Chitose

Chitose2

|

2015年11月11日 (水)

元気の良い子どもたちと、充実の時間を共に~白山市立東明小学校 オーボエ~

2015年11月5日 訪問コンサート

白山市立東明小学校

<訪問した演奏家>
荒 絵理子(オーボエ)
遠藤 直子(ピアノ)

-----------------------------------

*荒さんご本人より、文章を寄せていただきました。


初めて北陸新幹線に乗り、金沢へ行きました。

東明小学校に着くと、控え室の家庭科室に案内されました。とても懐かしさを感じました。

001


会場となる音楽室でコンサートの準備。ピアノが長い間動かされていなかったのか、移動したら、床がミシミシとものすごく鳴り、心配しましたが、何とか準備完了。


可愛い女の子が迎えに来てくれて、コンサート開始。よろしくお願いします!と元気よく挨拶をして頂き、演奏がスタートしました。

オーボエでもっとも有名な曲、チャイコフスキー「白鳥の湖」を演奏しましたが、音楽室にたくさんの作曲家の肖像画が貼ってあったので、それを指さしながら説明しました!


016_2


サンサーンスの「動物の謝肉祭~白鳥」も演奏しましたが、「白鳥の湖」と「白鳥」の作品の違いも肖像画を見ながら説明出来て、有難いことでした。音楽の先生ありがとうございました。

体験コーナーでは、ほとんど全員が参加してくれました。そして、全員音を出すことが出来ました!凄い!

質問コーナーでは、楽器の値段、練習時間はもちろん、昔やっていたピアノや、ヴァイオリン、フルートの質問や、今もピアノが弾けるのか?などの質問もいただき、大いに盛り上がりました!

大きい声の挨拶もいただき、私としても、とても充実したコンサートになりました。


(オーボエ 荒絵理子)

|

2015年11月10日 (火)

子どもたちの生き生きとした瞳に囲まれて~長野県三帰寮 ギター~

2015年11月1日 訪問コンサート

社会福祉法人 大勧進養育院
児童養護施設 三帰寮

<訪問した演奏家>
村治 奏一(ギター)

-----------------------------------

*村治さんご本人より、文章を寄せていただきました。


この季節は毎年参加させていただいている小学校訪問コンサート。今回は長野県長野市の三帰寮の子どもたちに演奏を聴いていただきました。

長野駅に着くと、東京より一段とひんやりした空気。寮の先生がお出迎えをしてくださいました。車で15分程走ると、三帰寮に到着。縄跳びやキャッチボールをしていた子どもたちが元気良く挨拶をして歓迎してくれました。その後ステージのセッティングをし、給食をいただいて、いよいよ訪問コンサートスタート。


017


コンサートのプログラムは毎回少しずつ変えているのですが、今回は初めてバロック作品と現代音楽作品を取り入れてみました。フランソワ・クープランの「神秘の障壁(バリケード)」と「手品」、それから藤倉大氏に今年委嘱したギターソロ作品「チャンス・モンスーン」です。

初めてクラシックギター演奏に触れる子どもたちにとっては、どちらも難易度の高めの作品かと思いましたが、皆食い入るように、楽しそうに演奏を聴いてくれました。


Dsc08234


終演後、職員室に挨拶にうかがうと、さっそくイラスト付きの感想文を書いている児童が!その場でプレゼントしてくれました。(プレゼントしてくれた感想文はこちら


3歳から18歳まで、幅広い年齢層の子どもたちがいましたが、みな生き生きとしたいい表情をしていました。

次は今月半ばに福井県の小学校を訪問します。こちらもとても楽しみです。


(ギター 村治奏一)

|

2015年11月 9日 (月)

「好き」という気持ちから繋がる未来~バンドネオン・三浦一馬さんより~

10月16日に大阪市立梅南津守小学校を訪問した協力アーティストの三浦一馬さんより、文章を寄せていただきました。

訪問プログラムの様子はこちらでも紹介しています。

-----------------------------------

今回、僕が伺ったのは、大阪市立梅南津守小学校。学校に到着したのが、ちょうど給食にかかる時間帯で、どこからともなく美味しそうな匂いが漂ってくる。うーん、こっちまでお腹がすいてくるなぁ…。

まずは、会場となる音楽室を見せて頂くことに。どこの学校でも大体そうだけれど、音楽室の壁って、名だたる音楽家たちの肖像画が貼ってありますよね。昼間だからいいようなものの、夜中に見て目が合っちゃったりなんかしたら怖いだろうな…。そんなことを考えつつ、あちこち見回していると、部屋の後ろの方にアコーディオンが置いてあるのを発見。これは使える!と思い、こっそり1台お借りして、セットの裏にスタンバイ。

この日の”お客様”は、小学6年生の子供達。きっと、バンドネオンを見るのは初めてかな?では、まずはこの楽器の演奏からスタートしましょう。オープニングには、A.ピアソラ作曲「来たるべきもの」をセレクト。


Pa160425_r


ミュージック・シェアリングのコンサートでは、毎回スクリーンを用意して頂き、スライドでの解説を挟みながら演奏を進めます。もちろん、演奏だけのコンサートでも良いのだけれど、写真や映像を使って話をした方が、ずっと身近なものとして感じられることもありますからね。そして、それは僕が子供の頃、同じような学校コンサートを聴く中で抱いていたことでもあります。

「バンドネオンって、どんな楽器?」というところから話を初めて(もちろん、先ほど拝借したアコーディオンも使いながら)楽器の特徴を見てもらいます。…と、ここからが凄かった!よく、キーワードとなる言葉をクイズにして出題するのですが、みんな、本当によく色々なことを知っている!2つの楽器の違いを当てるなんてことは楽々とクリアし、地図・国旗を見て国名を当てる問題でも、すぐに答えが返ってくる。こんなに正解率が高いと、今度から問題を出す方も大変になってくるなぁ…。

”アルゼンチン”というキーワードから、話題は「タンゴ」へ。もちろん、演奏を欠かす訳にはいきませんね。ここでは、その代表的な作品である「ラ・クンパルシータ(G.M.ロドリゲス)」と「7月9日(J.L.パドゥラ)」の2曲を披露。

最後のブロックは、小っ恥ずかしながら、僕の音楽家としての半生を当時の写真と共に。「半生」なんて言葉を使うには早すぎるけれど、それでも、みんなより少しだけ長く生きている先輩として、やはり伝えたいことはあります。

僕がバンドネオンと出逢ったのは、小学4年生、10歳のとき。偶然見ていたテレビ番組で楽器の存在を知り、そこから、バンドネオンの世界にのめり込んで行くことになったのです。初めて人前で演奏した野外ライヴ、アルゼンチンへの留学、イタリアでのコンクール…。

思い返せば色々なことがあり、時には「バンドネオンなんかやめてやる!」と思ったこともあるけれど、結局は「この楽器が好き」という気持ちが僅かでも上回っていたから、今日まで続けてくる事が出来たんですよね。そして不思議なことに、10歳の少年が今日に至るまでの出来事は、その全てが面白いように繋がっているのです。

そんなことを話しているうちに、残り時間もあと僅かに。最後に、G.ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏し、この日のコンサートは幕を下ろしました。


必ず誰もが1つは抱くであろう「夢」というもの。僕の場合、それがバンドネオン奏者になることだった訳で、その気持ちを持ち続けた結果、いま僕は、曲がりなりにもプロのバンドネオン奏者として生きることが出来ています。この日、僕は子供たちに話をしながら、同時に、僕自身の新しい夢についても思いを巡らせ、音楽家としての将来を見つめていました。来年はデビュー10周年という節目。さて、どんな未来を創ろうか。


Pa160457_r


(バンドネオン 三浦一馬)

|

2015年11月 6日 (金)

たくさんのエネルギーをもらった1日~福島市立福島第三小学校・福島県立盲学校 オーボエ~

2015年10月28日 訪問コンサート

福島市立福島第三小学校
福島県立盲学校

<訪問した演奏家>
荒 絵理子(オーボエ)
遠藤 直子(ピアノ)

-----------------------------------

*荒さんご本人より、文章を寄せていただきました。


≪福島市立福島第三小学校≫

会場に着くと、担当の先生が迎えに来てくださいました。

準備をして、いよいよ訪問コンサート。

たくさんの拍手の中、入場、そして1曲目の「風笛~あすかのテーマ~」から演奏しました。

016


皆さんとっても熱心に聴いてくれました。フィギュアスケートが好きな子がいたのかな?「仮面舞踏会」や「白鳥の湖」、「トゥーランドット」などでは、頷きながら聴いてくれる子もいました。

体験コーナーでは、たくさんの子が参加してくれました。全員音を出すことが出来ました!

そして質問コーナー。中学校の時の担任の先生のことや、リードをどのように作るのか、どのくらい練習しているか・・・などの質問をもらいました。音楽の先生からも質問を頂きました。

P1090808


最後に、合唱のプレゼントを頂きました。皆さんびっくりするくらい上手で、心から感動しました。


***


≪福島県立盲学校≫

学校に着くと、とても明るい先生が「ようこそいらっしゃいました~!」と元気に出迎えてくださいました。

早速音楽室へ行き、準備をしました。音楽担当の先生は、何とオーボエを吹かれていて、音楽室で先生の楽器を見せて頂きました。

私は盲学校を訪問することが初めてだったので、とても不安だったのですが、生徒思いの熱心な先生方のお陰で、その不安がなくなりました。


おいしいお弁当を頂き、いざ訪問コンサート!元気な男の子2人が控え室まで迎えに来てくれました!楽しくお話をしながら、音楽室へ。そしてまず、リコーダーの歓迎演奏をしてくださいました。


私と遠藤さんのご紹介を頂き、「風笛~あすかのテーマ~」の演奏からスタート。

間近で聴いてくれていたのですが、みんな身体を揺らしたりしながら、熱心に聴いてくれました。

047


体験コーナーでは、たくさんの子が音が出ました。

088


093
息を吹き込んで、音が出る時の楽器の振動を感じてもらいます。


質問コーナーでは、好きな食べ物、どのくらい練習しているのか・・・などなど、たくさんの質問をしてもらいました。
最後にお礼の言葉も頂きました。


控え室に帰るときも、元気な男の子2人が送ってくれました!

108

写真もパチリ。


先生方の熱心さ、そして生徒の皆さんの素直さ、純粋さ、表情豊かさなど、私自身が、たくさんのエネルギーをもらいました!


(オーボエ 荒絵理子)

|

2015年11月 2日 (月)

今日のよき日~国立病院機構米沢病院 雅楽~

2015年10月29日 訪問コンサート

国立病院機構米沢病院

<訪問した演奏家>
石川 高(笙)
中村 仁美(篳篥)
八木 千暁(龍笛)

-----------------------------------

*龍笛の八木さんご本人より、文章を寄せていただきました。


秋深まる山形県米沢市「国立病院機構米沢病院」に参りました。

演奏会場へ到着すると、職員の皆様力作の看板が私達を迎えてくれました。


119


控室で準備中、皆さんの様子がドア越しに聞こえてきました。会場は満員、80名余りの患者さんと先生方、職員の方々が集まっていました。


「平調音取(ひょうじょうのねとり)」、「越殿楽(えてんらく)」で演奏会のスタートです。


135_2


私たちが「五常楽(ごしょうらく)」の演奏をしながら皆さんの中に入っていくと、篳篥(ひちりき)の大きな音色にびっくりしたり、演奏に合わせて体を動かしたり、初めての雅楽の音色、生の迫力を楽しんでいただきました。

131_2


雅楽の歌物(うたいもの)、朗詠(ろうえい)「嘉辰(かしん)」、舞楽の代表曲「陵王(りょうおう)」も聞いていただきました。

質問コーナーでは、「一日どのくらい練習するのですか」「宮中と関係があるのですか」「雅楽はゆったりとした音楽だと思ったのですが、陵王は少し違うイメージに聞こえました」など鋭い質問に、答えに苦労する場面もありました。

最後に病院長先生より「雅楽は古来より、世の太平を願って演奏されたこともあり、『嘉辰』の歌詞に"今日のよき日、人生は楽しみなかばである"とあるように、人生を楽しみましょう」と温かいお言葉がありました。

その後、病室から移動できない患者さんの所でロビーコンサート、病室でのミニコンサートをいたしました。

155_4


皆さんとても熱心に聴いて下さり、楽しく充実した時間を過ごしました。

160


雅楽は宮廷の芸能として大成し、様々な人々の思いや、長く伝承されてきた歴史が込められています。病院長先生のお言葉のように、私たちの演奏でより多くの方々に感動や喜びを届ける活動をしていきたいと思います。


(龍笛 八木千暁)

|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »