« 長い一日 | トップページ | 王子ホールでの素晴らしい演奏 »

2016年6月 9日 (木)

感動したヴァイオリン指導

Img_2748


今日のICEPは私にとってすばらしい経験となりました。
午前中、私たちは、大阪府立大阪南視覚支援学校という、きれい
な新しい施設の学校で過ごしました。(1年前に建て替えたそう
です)クラスには15人ほどの生徒が、すばらしい先生の指導の
もと、音楽を学んでいました。

私が一番感動したのは、みどりが長い時間をかけて、ある一人の
生徒に指導していた方法でした。まず、生徒の手をみどりの
ヴァイオリンの上におき、その次にその手で彼女の鼻を触らせ、
またヴァイオリンの上に置きました。
これで、顔とヴァイオリンがどのような位置にあるのかを理解する
ことが出来たのです。
私はその瞬間、言葉や能力に関係なく、音楽を通してなら様々な
人々とコミュニケーションがとれるのだと、実感しました。

みどりの活動におけるリーダーとしての役割は、本当に素晴らしい。

チャド・キヤノン

Img_2768

ICEP today was a wonderful experience for me. We spent the morning at the Prefectural Osaka-Minami Special Support School for the Visually Impaired, a school with beautiful new facilities (they re-built the building about 1 year ago). There were about 15 students there, and they were learning music together, under the guidance of some great teachers. The most touching thing about our visit was how Midori spent a long time working with one particular student. She guided his hands over the violin, and even let him touch her nose, then the instrument, so he could understand the position of her face relative to the violin. I really felt at that moment: through music, we can communicate with all human beings, regardless of their language or ability. Midori's work as a leader and activist is amazing

Chad

|

« 長い一日 | トップページ | 王子ホールでの素晴らしい演奏 »