« 明日から東京を離れます | トップページ | 前橋への訪問 »

2016年6月 6日 (月)

感動的な経験

今日は、佐久医療センターを訪問しました。佐久平の壮大な山々のすそ野にある美しい施設でした。患者の皆さんとそのご家族、そしてスタッフの皆さんはとても素晴らしかったです。
共有 スペースに集まった患者さんに何曲か演奏し、ベッドから離れられない患者さんのために、カルテットがそれぞれ病室を訪問しました。

その一つの病室で、感動的な経験をしました。1人の男性から、お母さんの症状がかなり悪くなり、最後の時間を家族と一緒に過ごすように呼ばれた、ということを聞きました。
お母さんへの演奏を、彼はとても喜び感謝してくれました。そのお母さんとその家族5人に、バッハ無伴奏チェロ第3番よりサラバンドを演奏しました。


演奏の後、お母さんの病状が、緊急な状態から落ち着いたと前病院長が話してくださいました。なぜこのようなことが起こったかは誰もわかりませんが、僕の演奏が家族の皆さんの幸せに少しでも役立ったのなら、その場にいられたことをとても幸せに思います。

Img_0609


Today we visited Saku Central Hospital. A beautiful facility in the
gorgeous mountain-surrounded Sakudaira. The patients, their
families, and the staff were all wonderful. We played several short
concerts for groups of patients gathered in common areas, then
split up and played in rooms of patients unable to leave their beds.


I had a very touching experience in one of thoserooms.

A man's mother was in poor health and her family was called to
join her inthe hospital for her final hours. He was very happy to
see that I would be playing for her and showed great appreciation.
I played a Bach's Sarabande from the 3rd Cello Suite for the mother
and 5 family members. I was told by the former hospital president
that after the music, her vital signs calmed to a non-emergency
state. Who knows how or why that happened, but I was happy to
be there with the family if it brought any of them a measure of
happiness.

William Frampton

|

« 明日から東京を離れます | トップページ | 前橋への訪問 »