« 訪問は続きます! | トップページ | 愛情あふれる病院 »

2016年6月13日 (月)

患者さんの反応

最終日まであと2日、訪問コンサートもあと1回だけとなりましたが、
簡単ではありませんでした。
私たちは米沢病院を訪問しました。カルテットの演奏と、病棟の
個室での演奏もしました。私たちが会ったほとんどの患者さんは、
車椅子かベッドの上にいて、病気によって生じる様々な障がいに
苦しんでいました。このように苦しんでいる人々をみるのはつらい
のですが、同時に、彼らが音楽に反応して動きで表現してくれる
のを見ると、逆に励まされます。多くの患者さんは音楽が始まると
それぞれの動きで表現したり、笑顔になりました。

P6120086


特に感動したのは、何人かの患者さんが、ハンドベルでMIDROI
Songを、私たちのために演奏してくれた時です。

ICEPでの訪問は、誰もが音楽を必要として
いること、また誰もが音楽に触れる必要があるということをあら
ためて感じさせられます。

マイケル・カッツ

Our second to last day included only one visiting concert, but it was not an easy one.
We visited the Yonezawa Hospital where we gave a quartet performance as well as individual room visits. Most of the patients we met were in a wheelchair or had to stay in bed. They suffered from a variety of deformities caused by illness. It was difficult to see people suffering this way, but at the same time encouraging to see how moved they were by the music. Many of the patients moved differently and/or smiled once the music started. A particularly touching moment was when several patients performed the Midori song for us with handbells. Like all other ICEP visits, this visit reminded us the everybody needs music and everybody deserves access to music.

Michael

|

« 訪問は続きます! | トップページ | 愛情あふれる病院 »