« 前橋への訪問 | トップページ | 長い一日 »

2016年6月 8日 (水)

ハプニング!

今日は、本当に大変な一日でしたが、とても充実していました。

僕が鯖江駅で電車を降りると、なんと、残りのメンバーが降りる前にドアが閉まってしまい、次の駅がどこかも知らずに、出発してしまったのです。全員の顔がゾッとした驚愕の表情になりました。しかし、すぐに恐怖は大笑いに代わりました。これまでも、ICEPの訪問プログラムには参加していますが、こんなことは始めてです。

ようやく、恐れを知らない我らがコーディネーター、チャドと連絡を取るためwi-fiの場所を見つけようと駅の中に入りましたが、その後もしばらく笑いを止めることができませんでした。
小学校への行き方もわかり、越前町立朝日小学校の子どもたちや教職員の皆さんにとても温かく迎えていただきました。生徒たちは僕たちカルテット・メンバーの素敵な絵も描いてくれました。
生徒たちはとてもよい聴き手で、ヴァイオリンクラブのみなさんと一緒にキラキラ星変奏曲を合奏しました。

山々に囲まれて過ごした素敵な一日でした!

ウィリアム・フランプトン

13417681_850056258432961_7246549992

Today was a hectic but rewarding day. It began when I got off of the train in Sabae only to see the doors close on the rest of the group, with the train bound for an unknown next stop. The look of horror on their faces was priceless, but the terror gave way to laughter within seconds. I have played many ICEP concerts before, and nothing like this has ever happened. I couldn't stop laughing for several minutes, though I eventually proceeded into the station and found a wifi signal to communicate with our fearless coordinator, Chad.
I ended up finding my way to the school concert myself, and we were received so warmly by the children and staff at Echizen town Asahi Elementary School. They even drew lovely pictures of the quartet members.
The students were wonderful listeners and the violin club even played an arrangement of twinkle twinkle little star with us. It was a wonderful day among the mountains!

William Frampton

|

« 前橋への訪問 | トップページ | 長い一日 »