« 2016年6月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

秋の訪問コンサート2 ~佐久医療センター/伝統楽器・箏の調べ~

秋も深まり木々が色づきはじめた頃、
長野県の佐久医療センターにおじゃましました。

-----------------------------------
2016年10月26日 訪問コンサート

佐久総合病院 佐久医療センター

<訪問した演奏家>
沢井一恵(筝)
さわい筝アンサンブル
-----------------------------------
*さわい筝アンサンブルのメンバーより、文章を寄せていただきました。


沢井一恵とさわい箏アンサンブルです。
10月26日(水)の秋晴れの中、
美しい山並みと色づいた木立に囲まれた
佐久医療センターのいこいの広場で、
箏の演奏と楽器体験を行いました。


患者さんやご家族、病院スタッフなど100名近い皆さんの前で、
江戸時代の作曲と言われる「六段の調」、
それから私たちが所属する
沢井箏曲院初代家元沢井忠夫の代表曲二曲を演奏しました。
後半の二曲は、現代的な音楽で、弦を両手で弾いたり、
スティックでたたいたり、箏の弦ではなく木目の部分を鳴らしたり、
メロディーと共に様々な奏法も楽しんでいただけたと思います。
箏=着物・正座というイメージとは異なる
華やかでダイナミックな演奏を通して、
伝統楽器の様々な可能性やおもしろさを
感じていただけたら望外の喜びです。

Img_3472

Img_3453


会の最後には、楽器体験コーナーも設けました。
このプロジェクトは特別支援学校のように子ども対象のことが多く、
体験コーナーは大人気なのですが、
今回は大人のお客様が多かったせいか、
みなさん遠慮がちでした。

それでも、車いすで演奏を聞いてくださった患者さんの何人かが、
「さくら」に挑戦しました。
「思ったより力が必要」「弦がかたい」などと
感じたことをお話しながら爪弾きを楽しみました。
中には、1回手ほどきを受けただけでマスターし、
アンサンブルのメンバーと即興の「さくら」を合奏し、
会場から拍手喝さいを受けた方も。

そして、私たち演奏者が退場し、
楽器屋さんが会場を片づけ始めたころ、
病院スタッフの方達が箏にさわって
音を出して楽しんでいらしたことも付け加えておきましょう。

私たちは、演奏をして皆さんに楽しんでいただく立場でありましたが、
「さわるのは初めて」という方々と
一緒に箏の音色を楽しみ、喜びをいただく立場でもありました。
またこうした機会に出会えるように精進したいと思います。

沢井箏曲院 アンサンブル潤音 倉澤真紀

|

2016年10月25日 (火)

国立新美術館ロビーコンサートのご報告

とても暖かく気持ちの良い秋空の下、
2度目となる国立新美術館でのロビーコンサートが
10月21日(金)に開催されました!

当日の様子をトップページにアップいたしました。
どうぞご覧ください!

そして、今回のMIDORI Songには素敵な歌詞が付きました。
これからもたくさんの方に歌っていただきたいと思っています。

演奏は五嶋みどりとともに
えびな少年少女合唱団&リトルキャロル(合唱)
アンサンブル麻生OBOG会(ヴァイオリン・フルート)
そして楽器指導支援ボランティア(ヴァイオリン、フルート、チェロ、ピアノ、サクソフォーン、指揮)の皆さんです。

Photo_3


Photo_4


平日のお昼にもかかわらず
たくさんの方にお越しいただき
どうもありがとうございました。

Photo

|

2016年10月12日 (水)

はじまりました♪2016年秋の訪問コンサート ~群馬県立盲学校/届け!ギターの音色~

いよいよ秋の訪問プログラムが始まりました!
今年もたくさんの方にすてきな音色が届きますように…♪

今回は、群馬県立盲学校におじゃましました。

-----------------------------------
2016年9月16日 訪問コンサート

群馬県立盲学校

<訪問した演奏家>
村治 奏一(ギター)
-----------------------------------
*村治さんご本人より、文章を寄せていただきました。

クラシックギタリストの村治奏一です。
国内の様々な学校や施設に訪問し、
クラシック音楽を学生の皆様へお届けする
ミュージックシェアリング・訪問コンサートプログラム。
2008年に初めて参加させていただいてから
はや8年が過ぎました。
今年は群馬県立盲学校へお邪魔しました。

3歳の幼児から成人の方まで
50人近くの生徒さんと先生方にクラシックギターの
生演奏を聴いていただきました。
これまで、小学校などでの訪問コンサートでは
多い時だと100人以上の生徒さんの前で演奏することもあり、
スピーカーを使って音量を大きくしつつ公演をするのですが、
今回は生徒さんとの距離がとても近かったため、
久しぶりに生音で演奏を行いました。

Img_3062_4


終演後、生徒さんと話す場があったのですが、
音色の変化や奏法に関する具体的な感想・質問もあり、
集中して聴いてくれていた事が伝わってきて
大変嬉しく思いました。

Img_3072_3


Img_3081


また演奏会の最後では
生徒さんの一人が沖縄三線を演奏してくださり、
独特の優しい響きに僕自身癒された思いでした。


Img_3099_2


これからも様々な場所で
生徒さんたちへクラシックギターの音色を
届けていきたいと思います。

村治奏一

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年11月 »