« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月16日 (月)

福井県立南越特別支援学校/訪問コンサート


気持ちのいいお天気の中、
福井県の南越特別支援学校にお邪魔しました!
-----------------------------------
2017年10月4日 訪問コンサート

福井県立南越特別支援学校

<訪問した演奏家>
沢井一恵(筝)
さわい筝アンサンブル
-----------------------------------
*さわい筝アンサンブルのメンバーより、文章を寄せていただきました。


朝、越前市の自然豊かな山合の道を
学校へと向かいました。
快晴。
秋の始まりを感じさせる
ひんやりとした清々しい空気感。
こんな日はお箏の音が素直に響きます。
平屋建て瓦葺き屋根の校舎は
とても新しく、機能的でとにかく広いのです。

校舎に入ると、
満面笑みの男子生徒さんが近づいてきて
「おはようございます!」
と挨拶してくれました。
何のてらいもなく真っ直ぐこちらを見て。
やられた。
この時点で既に気持ちを掴まれてしまったよう。
間違いなく楽しくなる予感。

Img_4619

小学校6年生~高校3年生までの
生徒81人と先生方。
体育館ではステージではなく
生徒さんたちと同じフロアで演奏、
ワークショップをしました。

1曲目は一恵先生のソロで「六段」
一番前に座っていた高等部の
男子生徒さんが膝の上でこぶしをギュッと握り
見入っていました。「興味」のかたまりのように。
2曲目は「鳥のように」を
さわい箏アンサンブルで演奏。
3曲目の「焰」では
使用するドラムスティックの打音に
驚かないかなという心配をよそに、
途中からシンクロする手拍子が
聞こえてきました。
自然発生的行為は何よりも嬉しいものです。

Img_4657


いよいよ体験の時間です。
お箏がズラ~っと15面。
一恵先生がこのプログラムのために
考案された「カエルの歌」
一見、前衛造形的な柱並びで、
指で一の絃から巾(十三)の絃まで弾いてくると
「カエルノウタガ~♪」とメロディーになるしくみ。
「みんな弾いて~‼」と一恵先生の呼びかけに
堰を切ったように生徒さんたちが
集まってきました。

触って、弾いて、歌って、
叩いて、笑って、また弾いて…

その中で高等部の生徒さんが
平調子(5音階)にしておいたお箏で
「さくらさくら」を弾き始めました。

小学校3年生の時に体験したそうで、
ちゃんと記憶されていたことに
感動しました。


Img_4659

質問コーナーの後、
生徒代表の心のこもったお礼の言葉を
いただきコンサートは終了しました。

退場の際みんなが「ありがとう~!」と
手を振ってくれました。こちらこそ
「お箏を弾いてくれて本当にありがとう」でした。

夜、帰京される一恵先生と
駅のプラットホームで列車を待っていると
先生が「あっ、山の端に綺麗なお月さま」とポツリ。
そう、今夜は十五夜でした。
実りある幸せな一日に感謝。

(島嵜佐知恵)

|

2017年10月10日 (火)

社会福祉法人希望の家 /訪問コンサート


こんにちは!
秋も深まってきましたね♪
社会福祉法人希望の家の皆さんのところへ
お邪魔しました!

-----------------------------------
2017年9月26日
訪問コンサート
社会福祉法人 希望の家 
 希望の家療育病院 ・ 青い鳥ぐんま

<訪問した演奏家>
石川 髙(笙)
中村 仁美(篳篥)
八木 千暁(龍笛)
-----------------------------------

↓雅楽奏者(笙)石川 髙さんより
文章を寄せていただきました↓

******************


この日は、希望の家療育病院の皆様、
青い鳥ぐんまの子供達のための、
二回の訪問コンサートがありました。
会場の「矢野記念ホール」は、
病院内にあり、とてもきれいな、
響きの良いホールでした。


Img_4548


最初は、希望の家療育病院に
入院なさっている皆様と、
ご家族や職員の皆様、
合わせて50人以上の方々に
お集まりいただきました。

ベッドや車椅子の間を縫うようにして、
「越殿楽(えてんらく)」を三人で演奏しながら歩くと、
皆様の様々な表情と出会います。
Img_4538


興味津々の眼差しや、ほころぶ笑顔をみていると、
私たちもとてもうれしくなります。

Img_4536


Img_4540

後に先生から伺いましたが、
普段から色々な音楽に親しみ、
とても詳しい方もいらっしゃるそうですね。
朗詠「嘉辰(かしん)」を歌うと、
会場からも呼応するように声が聞こえました。
とても楽しい経験でした。

最後の曲「陪臚(ばいろ)」が終り、
大きな拍手をいただきました。
皆様と一緒に、素晴しい演奏会を作ることができました。


次は、青い鳥ぐんまの
子供たち17人と先生方です。
Img_4568

皆とても集中して、演奏を聴いてくれました。

Img_4564

楽器体験では、笙、篳篥、龍笛の
活発な音が会場に響きわたりました。

先生も笙に挑戦していただきました。
龍笛で、越殿楽の一行目が
吹けるようになった人もいました。
短い時間にそこまでできるとは、素晴しいです!
ぜひ、これからも龍笛を続けてください!

最後に「嘉辰(かしん)」を歌った時には、
気持のよい静けさの中で、
皆さんがこちらにしっかりと意識を向けて
聴いてくださっているのがよくわかりました。

たくさんの感想と質問もいただきました。
「笙で音が出せたので楽しかった」、
「楽器は何処で手に入れられるのですか」など
積極性に驚かされました。

Img_4577


雅楽に深く興味を持ってくださり、
私達にもありがたい機会でした。

(石川 髙)

|

2017年10月 3日 (火)

足利市立山前小学校/訪問コンサート

マスタークラスの翌日に、
訪問コンサートでお邪魔しました。

-----------------------------------
2017年9月26日
訪問コンサート
足利市立山前小学校

<訪問した演奏家>
石川 髙(笙)
中村 仁美(篳篥)
八木 千暁(龍笛)
-----------------------------------

↓雅楽奏者(篳篥)中村仁美さんより
文章を寄せていただきました↓

******************

朝、渡良瀬川河原の道を中学生らしき集団がいくつも
走っているのがホテルから見えました。部活の朝練中
かしら。きょうも良いお天気です。

タクシーに乗って、「山前小学校まで」と告げると、あそこは
昔は本当にマンモス校でね・・・と運転手さんが教えてくだ
さいました。お子さんが通っていらした学校なのだそうです。

今日午前中の山前小での訪問コンサートは、珍しく高学年
を各学年ごとに3回。そしてその後に3年生4クラスをクラス
訪問する、という予定。いつも1時間程の訪問コンサートを
30分とコンパクトにしてみましたが、子どもたちはとても集中
して音を聴いたり、唱歌を歌ったりしてくれました。

Img_4481

唱歌は「越天楽」の最初のひと節を、譜面なしに覚えて
歌ってみましたが、
「姿勢を良くして大きな声を出してみよう」
と声替えすると、すぐ姿勢を正してとても良い声で歌って
くれました。
「コンサートが終わってから教室に帰る時にも歌ってましたよ」
と後から聞いて、嬉しかったです。

Img_4488

Img_4503


3年生のクラス訪問は5分ずつ。一番伝えたい言葉と音を
選んで、大切に伝えます。いつものクラスにいる方が子ども
たちはリラックスしていて、反応がとっても正直でいいですね。
篳篥を吹きながら教室に入っていった時の、
「うわ~すごーい!」「え~大きい音!」
といいたげな顔がとっても素敵です。

Img_4518

5分間って実は結構長いですね。
こんなに近くで生の音を聴いた経験は、きっと何か子ども
たちの中に残ってくれるだろうと思います。ミュージック・
シェアリングならではのクラス訪問、五嶋みどりさんが
工夫されたのでしょうか。
とってもいいなあと思っています。

Img_4523_2

子どもたちの反応が良いのは、昨日のマスタークラスに、
ほとんどの先生方が参加して楽器や舞を体験してくださっ
たので、先生の関心が子どもたちも伝わったからかもしれ
ませんね。

また、学校と私たちをつないでくださった市民会館の皆さま
にも大変お世話になりました。子どもたちに雅楽を生で
聴いてもらえる機会をいただき、ありがとうございました。

(中村 仁美)

|

2017年10月 2日 (月)

足利市立山前小学校/雅楽マスタークラス

秋晴れのさわやかな季節になりましたね。
いかがおすごしでしょうか?

さて、いよいよ秋の訪問プログラムがはじまりました‼!
活動の様子は、この活動ブログで紹介していきます。
どうぞお楽しみに♪

まずは、山前小学校のマスタークラスです!

-----------------------------------
2017年9月25日
訪問プログラム(マスタークラス)
足利市立山前小学校

<訪問した演奏家>
石川 髙(笙)
中村 仁美(篳篥)
八木 千暁(龍笛)
-----------------------------------

↓雅楽奏者(龍笛)八木千暁さんより
文章を寄せていただきました↓

******************

足利市立山前小学校を訪ねました。

東武線「足利市駅」より車で15分、途中の渡良瀬川の
河原ではススキが風に穂先を揺らしていました。
ここは国の史跡にも指定されている「足利学校」の
お膝元、教育や伝統を大切にされるところです。
かつては足利学校でも、漢詩の歌などを学んだの
ではないかと想像が膨らみます。

初日のマスタークラスには、校長先生他たくさんの
先生が参加してくださいました。限られた時間の中で
管楽器の体験や雅楽の歌いもの、朗詠(ろうえい)
「嘉辰」(かしん)を伝統的な譜面を見ながら歌って
頂きました。

Img_4452_2

Img_4453


舞の体験では、手と足の動きが異なり難しい「陵王」
(りょうおう)の舞をすんなりと合わせて舞ってください
ました。後から伺ったところ、流行りのダンスを子供さん
達に指導するため、日頃からダンスの研鑽を積んで
いらっしゃるとのこと。先生方の舞が上手なことに
合点がいきました。

Img_4468

Img_4473


マスタークラスならではの距離感の近い、和やかな
一時となりました。


(八木 千暁)

|

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »