« 社会福祉法人希望の家 /訪問コンサート | トップページ | 国立病院機構 福島病院/訪問コンサート »

2017年10月16日 (月)

福井県立南越特別支援学校/訪問コンサート


気持ちのいいお天気の中、
福井県の南越特別支援学校にお邪魔しました!
-----------------------------------
2017年10月4日 訪問コンサート

福井県立南越特別支援学校

<訪問した演奏家>
沢井一恵(筝)
さわい筝アンサンブル
-----------------------------------
*さわい筝アンサンブルのメンバーより、文章を寄せていただきました。


朝、越前市の自然豊かな山合の道を
学校へと向かいました。
快晴。
秋の始まりを感じさせる
ひんやりとした清々しい空気感。
こんな日はお箏の音が素直に響きます。
平屋建て瓦葺き屋根の校舎は
とても新しく、機能的でとにかく広いのです。

校舎に入ると、
満面笑みの男子生徒さんが近づいてきて
「おはようございます!」
と挨拶してくれました。
何のてらいもなく真っ直ぐこちらを見て。
やられた。
この時点で既に気持ちを掴まれてしまったよう。
間違いなく楽しくなる予感。

Img_4619

小学校6年生~高校3年生までの
生徒81人と先生方。
体育館ではステージではなく
生徒さんたちと同じフロアで演奏、
ワークショップをしました。

1曲目は一恵先生のソロで「六段」
一番前に座っていた高等部の
男子生徒さんが膝の上でこぶしをギュッと握り
見入っていました。「興味」のかたまりのように。
2曲目は「鳥のように」を
さわい箏アンサンブルで演奏。
3曲目の「焰」では
使用するドラムスティックの打音に
驚かないかなという心配をよそに、
途中からシンクロする手拍子が
聞こえてきました。
自然発生的行為は何よりも嬉しいものです。

Img_4657


いよいよ体験の時間です。
お箏がズラ~っと15面。
一恵先生がこのプログラムのために
考案された「カエルの歌」
一見、前衛造形的な柱並びで、
指で一の絃から巾(十三)の絃まで弾いてくると
「カエルノウタガ~♪」とメロディーになるしくみ。
「みんな弾いて~‼」と一恵先生の呼びかけに
堰を切ったように生徒さんたちが
集まってきました。

触って、弾いて、歌って、
叩いて、笑って、また弾いて…

その中で高等部の生徒さんが
平調子(5音階)にしておいたお箏で
「さくらさくら」を弾き始めました。

小学校3年生の時に体験したそうで、
ちゃんと記憶されていたことに
感動しました。


Img_4659

質問コーナーの後、
生徒代表の心のこもったお礼の言葉を
いただきコンサートは終了しました。

退場の際みんなが「ありがとう~!」と
手を振ってくれました。こちらこそ
「お箏を弾いてくれて本当にありがとう」でした。

夜、帰京される一恵先生と
駅のプラットホームで列車を待っていると
先生が「あっ、山の端に綺麗なお月さま」とポツリ。
そう、今夜は十五夜でした。
実りある幸せな一日に感謝。

(島嵜佐知恵)

|

« 社会福祉法人希望の家 /訪問コンサート | トップページ | 国立病院機構 福島病院/訪問コンサート »