訪問コンサート

2020年1月 6日 (月)

富山病院/雅楽訪問コンサート

11月29日(金)には雅楽の訪問コンサートを

富山病院で行いました!

その様子をご紹介します♪
-----------------------------------

2019年11月29日(金)

雅楽訪問コンサート

独立行政法人国立病院機構富山病院

<訪問した演奏家>

石川高(笙)

中村仁美(篳篥)

八木千暁(龍笛)

-----------------------------------
↓演奏者の中村仁美さんより
  文章を寄せていただきました↓
******************

10月半ばの台風で大きな被害を受けた北陸新幹線。

本数が減ったためか私たちの乗った新幹線は満員でした。

新幹線「かがやき」で富山駅に降り立つのは初めてなので、なんだかうきうきします。

病院に向かうバスからは、

遠くに雪をいだいた立山連峰が見えました。

ここではこんな雄大な風景がいつもみられるのですね。素晴らしいです。

 

病院のコンサート会場には、

壁に和風の切紙飾りをしてくださっていて、雰囲気を醸し出しています。

Dscn9681

患者さんたちはご家族に付き添われていて、

少人数で温かい雰囲気のもと、演奏させていただきました。

こういう場では、ごく近くでその人一人に音を届けるように吹く、という時間を過ごすことができます。

体全体で音を受け止めてくれているのを感じますし、

表情が緩んだり、様々な反応を示してくれるととっても嬉しくなります。

Dscn9706

病院の中では、生の音楽の振動を耳で聞き、肌で感じる機会が少ないだけに、

その体験ひとつひとつが貴重でかけがえのないものであると感じます。

付き添いの方々もともに笙・篳篥・龍笛の音色を楽しみ、

舞の実演に合わせて体を動かしてくださったり、いろんな質問をしてくださったりしました。

Dscn9775

今回は台風の影響で富山行が危ぶまれたり、インフルエンザがはやって時期が延期されたりして、

演奏会が実現するまでには沢山の方々の尽力があったことと思います。

雅楽を届ける一期一会の出会いをありがとうございました。

 

中村仁美

|

2019年12月11日 (水)

小浜市立雲浜小学校/筝訪問コンサート

11月27日(水)には箏の訪問コンサートを

小浜市立雲浜小学校で行いました!

その様子をご紹介します♪
-----------------------------------

20191127日(水)

箏訪問コンサート

福井県小浜市立雲浜小学校

<訪問した演奏家>

沢井一恵・さわい箏アンサンブル

-----------------------------------
↓さわい箏アンサンブルのメンバーより
  文章を寄せていただきました↓
******************
 

初冬のこの時期にしては暖かく感じられた中、

私たちは小浜市立雲浜小学校を訪問しました。

 

小浜市は福井県の南に位置している海辺の町で、ちょっとした小旅行気分。

玄関前に車を停めると、校庭から走り寄って来る子どもたちの

「こんにちは~!」という元気な声が迎えてくれました。

 

コンサートの会場は体育館です。

ステージは使わず、子どもたちとの至近距離で楽器をセッティング。

体験用のお箏も10面準備しました。

 

控室として用意していただいた会議室からの眺めは絶景で、

窓一面がキャンバスの如く校庭の先に松林と海が…。

 

子どもたちの開放的な明るさと人懐っこさが、この一望で頷けました。

昼食には「給食」をいただき、もちろん完食しました!

 

午後2時からコンサート開始。

Cimg2441

まずは一恵先生の「六段の調」

始まりの静かな五の一音に皆引き込まれ、食い入るように見ていました。

2曲目は私たちの「鳥のように」

最後は「独奏十七弦と箏群のための 焰」

大きな拍手とワァ~!という驚きの声が上がりました。

Cimg2450

Cimg2452

演奏後のお箏体験では「カエルの歌」に調弦された箏に皆何度も並び直し

夢中で弾いていました。

一恵先生の呼びかけで、まさかの校長先生を筆頭に先生方が箏の前に座り演奏。

緊張しながらも見事なユニゾンを披露され、子どもたちは大喜びでした。

 

そして質問コーナーでは

「お箏は何歳から始めましたか?」

1日何時間くらい練習しますか? 何曲くらい弾けますか?」とか

「どんなことを想いながら弾いてますか?」という高学年らしい質問もありました。

 

あっという間の1時間でしたが、皆さんに楽しんでいただけたようです。

 

1日を通して細やかな対応をしてくださった先生方に感謝しております。

そして、Welcome満載の「元気」と「清々しさ」を発信してくれた子どもたちに

心からありがとうでした。

 

(さわい箏アンサンブル 後藤礼奈)

|

秋津療育園/雅楽訪問コンサート

10月29日(火)と11月14日(木)には

秋津療育園を訪問しました!

-----------------------------------

2019年10月29日(火)

2019年11月14日(木)

雅楽訪問コンサート

社会福祉法人 天童会 秋津療育園

<訪問した演奏家>

石川高(笙)

中村仁美(篳篥)

八木千暁(龍笛)

-----------------------------------

↓演奏者の石川高さんより、

  文章を寄せていただきました。

******************

2019年1029日(火)

秋津療育園/雅楽訪問コンサート  石川高 記

 

秋津と言えば、私の家から電車で20分ほどのところです。

御近所の皆様と雅楽を楽しむこの日を、心待ちにしておりました。

 

駅までお迎えに来ていただき、

静かな住宅街のなかの療育園に到着して、さっそく準備です。

 

さて、演奏会の始まりです。

会場の大きな広間に入ってゆくと、

皆様が待っていてくださいました。

外は雨でしたが、部屋のなかには、

和やかな暖かい雰囲気がありました。

笙、篳篥、龍笛の響きに、

こちらを向いたお顔が明るく変わってゆくのが観えます。

楽しんでくださっている様子がわかると、

私達演奏者も楽器の響きがよくなるのですよ。

Img_8101

職員の皆様にも参加していただき、

篳篥の「唱歌(しょうが)」を歌いました。

そして、楽器に触れていただきながら、私達が演奏しました。

園長先生も笙に挑戦してくださいました。

車椅子の間を演奏しながら歩いてゆくと、色々な表情に出会います。

目の輝きや、身体の動きに活きいきとした反応を感じて、うれしくなりました。

Img_8078

そして、質問のコーナーでは、園長先生から、

「でんでん太鼓にしょうの笛という歌がありますが、雅楽の笙のことなのでしょうか。」

という御質問をいただきました。

江戸時代には、伊勢参りのおみやげに、

「しょうの笛」という、笙のミニチュアの様な玩具があったそうです。

現物はひとつも残っていませんが、

当時の着物の柄やお弁当箱の蒔絵に、

他のおもちゃに混ざって、笙に似た小さな楽器が描かれています。

 

コンサートの後、直接病棟にうかがいました。

廊下を三人で演奏しながら歩き、皆様の部屋を訪れると、

ちょっと思いがけない感じでこちらを見ている方もいらっしゃいました。

奥のじゅうたんの部屋にゆき、楽器の紹介をしました。

三つの楽器の響きを楽しんでいただけたでしょうか。とても楽しい、充実した一日でした。

Img_8114

一月には、皆様で初詣にいらっしゃるとうかがいました。

そのとき神社には雅楽が響いていると思います。今日のことを思い出してくださいね。

 

|

2019年12月 6日 (金)

ギタリストの村治奏一さんが訪問コンサートを行いました!

協力アーティストの村治奏一さんが

香川県、京都府、東京都の施設を訪れました!

-----------------------------------

ギター訪問コンサート

【10月16日(水)~10月17日(木)】

<香川県>

玉藻荘

特別養護老人ホーム 高松さんさん荘

養護老人ホーム あぜりあ園

【11月20日(水)】

<京都府>

京都府立医科大学附属病院

【11月21日(木)】

<東京都>

品川区立伊藤学園

≪訪問した演奏家≫

村治奏一(ギター)

-----------------------------------

↓演奏者の村治奏一さんより、

  文章を寄せていただきました。↓

******************

ブログを御覧の皆さま、こんにちは!
クラシックギタリストの村治奏一です。

今年もまた、ミュージック・シェアリングさんによる
訪問コンサートの季節がやってまいりました。
今回は10月と11月に、
それぞれ四国、京都、東京の
3つの地域で公演を行いました。

四国では、高松にある高齢者施設を
3ヶ所まわらせて頂き、50分程の
コンサートを開催。
空間全体が木材で覆われた
コンサートホールの様な響きの会場もあれば
サロンの様な親密な会場もあり、
様々な響きの中で演奏を楽しませていただきました。

Img_6328

京都では、長期に渡り入院をされている
子供さんたちと、その親御さんの為に約30分の
ミニコンサートを開催。
小さな子供さんたちは最前列に座って、
目と耳を広げて聴いてくれました。

Img_0312

また、東京では60名程の生徒さんの前で
楽器体験も含めて約45分ほどのコンサートを行いました。

Img_0331

Img_8203

Img_8209

ミュージック・シェアリングさんの訪問コンサートに
携わらせていただいて早10年以上が経ちますが、
生徒さんの、演奏を聴く姿勢がここ最近はますます
向上してきている様な気がしました。
普段の演奏会ではなかなか出会うことの出来ない
聴衆の方々と巡り合うことが出来、
僕にとっても大変充実した、刺激的な
訪問コンサートとなりました!

|

2019年12月 5日 (木)

千曲市立屋代小学校/オーボエ訪問コンサート

9月25日(水)には

千曲市立屋代小学校

を訪問しました!

-----------------------------------

2019年9月25日(水)

オーボエ訪問コンサート

千曲市立屋代小学校

 

<訪問した演奏家>

荒絵理子(オーボエ)

遠藤直子(ピアノ)

-----------------------------------

↓演奏者の荒絵理子さんより、

  文章を寄せていただきました。↓

******************

925

屋代小学校に訪問しました。

入口に旧校舎があり、とても味がある素敵な建物で和みました。

到着したらとても明るくて優しい音楽の先生が迎えてくださいました。

 

演奏のための準備が終わり、控え室の和室で待っていると

5年生の子が迎えに来てくれました。

コンサート会場(音楽室)までの途中、開放的な体育館が印象的でした。

 

そして音楽室で5年生のコンサート開始。

P1010406

風笛、リベルタンゴ、トゥーランドットの演奏後に、オーボエの体験をしてもらいました。

苦労した子もいたけど、みんな音出ました。

P1010402

質問コーナーでは

楽器の値段はいくらですか?

どのくらい練習するのですか?

などの質問をしていただきました。

 

そして今度はすぐに6年生のコンサート。楽器の説明も一生懸命聞いてくれました。

風笛、リベルタンゴ、情熱大陸のあと体験コーナー。

6年生もみんな音を出すことが出来ました。

質問コーナーでは、楽器の値段の他、歌はうまくなりますか?という質問もありました。

P1010404

最後の星に願いをでは、こちらもびっくりするほどの集中力で聴いてくださいました。

 

コンサート終了後、屋代駅までの道のりが心地よく、

屋代駅でりんごを買い、駅にあるピアノを弾きました。

 

また思い出に残る素敵な小学校に訪問出来たことに感謝です。

 

荒絵理子

|

2019年11月20日 (水)

長野県稲荷山養護学校/オーボエ訪問コンサート

10月11日(金)には

長野県稲荷山養護学校

を訪問しました!

-----------------------------------

2019年1011日(金)

オーボエ訪問コンサート

長野県稲荷山養護学校

 

<訪問した演奏家>

荒絵理子(オーボエ)

遠藤直子(ピアノ)

-----------------------------------

↓演奏者の荒絵理子さんより、

  文章を寄せていただきました。

******************

 

1011()に長野県稲荷山養護学校を訪問しました。

屋代駅まで教頭先生が迎えに来てくださいました。

校舎は、木の温もりを感じるとても素敵な建物でした。

校舎内を歩くのもとても心地よく、控え室もここに住みたい!

と思えるほどの素敵なお部屋でした。

 

準備をして、アリーナ(体育館)でコンサート。

とても響く素敵な場所

午前の部は、高学年。

風笛、リベルタンゴの演奏後にオーボエの体験コーナー。

みんな頑張りました。 

そして、質問コーナーでは

いつからやってるの?

難しいね!などの嬉しいお言葉を頂きました。

1_20191120123001

給食を頂き、午後は低学年。

風笛、リベルタンゴの後

たくさんの子が体験してくれました。

質問ではトトロ歌える?ドラえもんできる?

オーボエはどうやって作ってるの?

車作るより大変?

などの質問を頂きました。

2_20191120123001

木のぬくもりだけではなく、先生方の温かさ、

そして何よりも純粋で、心のキレイな生徒さん達に

私自身がたくさんのものを頂けた素敵な1日でした。

 

訪問コンサートの翌日、大型台風で千曲川が氾濫しました。

皆さんが無事かどうか心配でなりません。

皆さんから頂いた笑顔を思い出しながら祈るばかりです。


 

荒絵理子

|

2019年10月15日 (火)

びわこ学園医療福祉センター野洲/雅楽訪問コンサート

9月30日(月)には

びわこ学園医療福祉センター野洲

を訪問しました!

 

-----------------------------------

2019年930日(月)

雅楽訪問コンサート

びわこ学園医療福祉センター野洲

 

<訪問した演奏家>

石川高(笙)

中村仁美(篳篥)

八木千暁(龍笛)

-----------------------------------

↓演奏者の石川高さんより、

  文章を寄せていただきました。

******************

 

今までは、「野洲」を「やす」と読むことさえ知らなかった私でしたが、駅を降り、お迎えに来ていただいた自動車から外を眺めていると、あまりにも美しい景色の広がりに目を奪われました。穏やかな姿の山を背景に、森の樹々は陽の光を受けて透きとおるように輝いています。そのむこうには静かな池が観えてきて、心を落ち着かせてくれます。銅鐸博物館もありました。演奏会の後、もう一日ここで過ごしたくなる気持です。

 

さて、学園につきました。大きな平屋の建物が廊下でつながる、自由な雰囲気の素晴しい建築です。

そして準備を終え、いよいよ演奏会の時間です。

P9300079

職員の廣谷さんに導いていただき、皆さんの集まる部屋に、演奏しながら入ってゆきますと、好奇心溢れるまなざしや、活きいきとした笑顔と歓声で迎えてくださいました。「秋の夕日に、照る山もみじ」と、篳篥と一緒に歌いましたね。越殿楽を演奏しながら皆様の間を歩くと、手を打って楽しんだり、瞳を凝らして楽器を観ていたり、ちょっと恥ずかしくてうつむき加減の人もいて、個性豊かな反応に、とてもうれしくなりました。

P9300003

それぞれの御部屋にもうかがいました。雅楽の響きは大きいので、皆様を驚かせてしまうのではと心配でしたが、だいじょうぶでした。近づいてくる音に、顔を上げてくださるその瞳と向き合い、楽しい心の交流がありました。

P9300103_20191016110501

演奏が終り、控室に続く廊下を歩いていると、たくさんの不思議な形の粘土作品が展示してありました。粘土の深い色あいと、独特な形が調和して、迫力ある存在感で立ち上がっていました。

 

そしてお別れのときです。学園の向こうに、美しい三上山がそびえていました。近江富士と呼ばれているそうですね。もうじき紅葉の季節です。いつか再び訪れたいと思いました。

 

(石川高)

|

2019年10月11日 (金)

淀川キリスト教病院/雅楽訪問コンサート

103日(木)には

淀川キリスト教病院を訪問しました!

 

-----------------------------------

2019103日(木)

雅楽訪問コンサート

淀川キリスト教病院

 

<訪問した演奏家>

石川高(笙)

中村仁美(篳篥)

八木千暁(龍笛)

-----------------------------------

演奏者の八木千暁さんより、
  文章を寄せていただきました。
******************

淀川キリスト教病院 

 

大阪市にある淀川キリスト教病院を訪問しました。

コンサートは院内のチャペルでした。チャペルの天井は高く、壁面にあるパイプオルガンのパイプは、笙(しょう)の竹管のようにきれいに並んでいます。日本の伝統音楽の雅楽も、神聖な場所で仲よく響きそうです。Dsc_2498 Dsc_2506

まず「春鶯囀」(しゅんのうでん)の「遊声」(ゆうせい)を演奏しました。遊声はフリーリズムの小曲、その響きは鶯のさえずりを模したと言われています。

次に雅楽の管楽器を演奏する基礎、唱歌(しょうが)を体験していただきました。篳篥(ひちりき)の唱歌のポイントは、塩梅(えんばい)をしっかり習得し、それをトレースして演奏することです。唱歌を体験していただいた後に、「越殿楽」を演奏しました。Dsc_2497 Dsc_2496

越殿楽は現在、最も知られる雅楽曲で、管絃楽のみで演奏されます。龍笛(りゅうてき)のソロからはじまり合奏になりますが、唱歌を歌っていただいたので楽曲が親しみやすくなったのではないでしょうか。※管絃楽:管楽器と箏、琵琶、打楽器による合奏

雅楽の中には、舞楽(ぶがく)や歌物(うたいもの)もあります。

平安貴族もたしなまれた歌物、朗詠(ろうえい)の「嘉辰」(かしん)を演奏しました。

「嘉辰令月 歓無極 萬歳千秋 楽未央」

今日の良き日、喜びは極まりなく、楽しみは尽きることはありませんようにと願い、斉唱しました。

最後に奈良時代、林邑(りんゆう)の僧、仏哲(ぶってつ)により日本に伝えられたという「陪臚」(ばいろ)を演奏しました。

院内のロビーや病室へも訪問し、多くの方に雅楽をお聞きいただきました。Dsc_2536

音楽の響きは時代、国境、宗教を越え、私たちに多くの喜びや楽しみをもたらしてくれます。

お聞きいただきました皆様の平安を心よりお祈りいたします。

|

大阪府立藤井寺支援学校/雅楽訪問コンサート

今年度も秋の訪問コンサートが始まりました!

秋の訪問コンサートでは6月にカルテットで訪問した施設に

雅楽、オーボエ、ギター、筝といった楽器が訪問します。

 

104()には、大阪府立藤井寺支援学校を訪れ

雅楽の訪問コンサートを実施しました!

-----------------------------------

2019104日(金)

雅楽訪問コンサート

大阪府立藤井寺支援学校

 

<訪問した演奏家>

石川高(笙)

中村仁美(篳篥)

八木千暁(龍笛)

-----------------------------------

演奏者の中村仁美さんより、
  文章を寄せていただきました。
******************

前日の雨も上がり、まぶしい陽射しの中、藤井寺支援学校へ向かいました。

楽屋として使わせていただく音楽室に入ると、まず目に入ったのが長さの違う長いパイプをぶら下げた楽器。これはもしや!と、のど自慢の番組で聞く例の鐘のメロディーを叩いて喜んでいたところ、こんなのもありますよ、と出てきたのが、なんとインドネシアのガムラン音楽で使うグンデルという楽器。手作りです! Img_20191004_090926 Img_20191004_090938

スレンドロ音階という不思議な音階に調律されていて本格的な響き。これを叩けばフワーっと違う国の空気が流れてきそう。なかなか買えない楽器をこんな風に手作りして、世界の音を子どもたちに伝えてくれる先生がいらっしゃるなんて、すごいなあ!と感動しました。

 

今日は高校生50人程が対象のレクチャーコンサートです。2_20191010185101

 

まずは車椅子の女の子二人がお迎えに来てくださり、演奏しながら歩いて登場。雅楽や楽器の説明、唱歌を歌う体験、楽器を吹く体験、舞に合わせて体を動かしてみる体験などを交えながら「春鶯囀遊声」「胡飲酒破」「越天楽」などの演奏を聞いていただきました。4_20191010185101 3_20191010185201

 

 最後の質問の時には装束についての疑問が沢山出てきました。どうして頭に烏帽子をかぶっているのか? 色の意味はあるのか?など。私たちの来ている装束は、着物よりも古い時代のものですから、疑問が沢山ありますよね。烏帽子をかぶってみた感想はどうでしたか?

楽器についても、どうして笙は温めなければいけないのか、という突っ込んだ質問をありがとうございました。6

 

被り物が苦手なのでちょっと遠くに離れて聴いていてくれる子、耳を手でふさいで調整しながらもずっと聞いてくれる子、目は合わなくても体で感じながら聴いていてくれる子、ずーっとニコニコ楽しく過ごしてくれる子、一人ひとり聴き方感じ方が違うのが当たり前だということに改めて気づきます。

 思い切り吹いてみたら篳篥の音が出てびっくり喜ぶ顔、先生が吹きながら楽器の振動を子どもの手に伝えてくれている様子が印象に残りました。素敵な時間を一緒に過ごしてくださってありがとうございました。

 

中村仁美

|

2018年12月17日 (月)

敦賀市立松原小学校&福岡市立こども病院/クラシックギター訪問コンサート

11月、福井と福岡の2県で
クラシックギターの訪問コンサートを実施しました!
-----------------------------------
クラシックギター訪問コンサート

2018年11月9日 敦賀市立松原小学校
2018年11月19日 福岡市立こども病院

<訪問した演奏家>
村治奏一(クラシックギター)
-----------------------------------
↓演奏者の村治奏一さんより、
  文章を寄せていただきました。↓
******************

クラシックギタリストの村治奏一です。
今年もまた、
「ミュージック・シェアリング訪問コンサート」
の季節になりました。

Img_0082

福井県にある敦賀市立松原小学校へ行ってきました。
こちらでは小学5年生、6年生合わせて
150名近くの生徒さんたちの前で演奏をいたしました。

Img_0074

響きの関係でどうしてもスピーカーは用いるのですが、
極力最小限の使用に留めて、
なるべく生音を聴いていただくように努めました。

20181109_2

現代曲から映画音楽まで様々な曲を演奏しましたが、
終始生徒さんたちは集中して聴いてくださり
とても嬉しかったです。

近い将来、生徒の皆さんが大きくなったとき、
音楽会を聴きに行くキッカケのひとつとなれば幸いです。

Img_0070

-------------------------------------

また、福井県の松原小学校に続き、
福岡県にある福岡市立こども病院でも
演奏をいたしました。

Img_3427

同病院に入院されているお子様の為に、
院内3箇所で、15分ほどのミニ公演を行いました。
聴きやすい穏やかな曲から、エキサイティングな曲、
ギターの定番曲など3〜4曲をお楽しみいただきました。

Img_342777

各回とも聴いてくださる子供達の数は
通常の小学校訪問公演と比べるとぐっと少なめなので、
途中、皆さんにギターの弦に触れてもらうコーナーも
設けてみました。

Img_34422

力強く奏でる子、やさしい音を奏でる子、
皆それぞれに違う音色を楽しんでいるのが
とても印象的でした。

(村治 奏一)
******************

普段その音を耳にする機会も比較的多い
ギターですが、皆さんが知っているCDや映像では、
他の楽器や歌と一緒に
演奏しているものが多いと思います。

実際に楽器を見たり触ったりしてから、
ギターだけで奏でられる曲を聴くと、
いつもの音色とは少し違う印象を
持つかもしれませんね。
そういった新鮮な驚きや感動を、
この訪問コンサートを通じて
皆さんに体験していただけていれば嬉しいです。


|

より以前の記事一覧