« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

すてきな音色を聞いたよ:口屋内小学校のおともだちより

2011年6月1日(水)クラス訪問 四万十市立口屋内小学校

訪問した演奏家
・五嶋みどり(ヴァイオリン)
・ティエンシン・シンディー・ウー(ヴァイオリン)
・ヘレナ・ベイリー(ヴィオラ)
・ピーター・マイヤーズ(チェロ)

津野川小学校で訪問コンサートを開いた帰り道、口屋内小学校に立ち寄って、クラス訪問をしました。
口屋内小学校は全校児童が6名の学校です。みなさんから感想やイラストが届いたので、しょうかいします。

*感想は抜粋で紹介しています

--------------------------

5年 上戸星空さん

四人しかいないのに、まるで十人以上で演奏しているように聞こえた。
それに一人ひとりの表情が豊かだったり、みけんにしわをよせたり、いろいろな感情がこもっていた。
みどりさんも感情をこめればなにを弾いてもみんなに思いが伝わると言っていた。
私もギターを弾くときに思いをこめてがんばる。

--------------------------

3年 上戸健太さんのイラスト

20110627174456_00001

--------------------------

4年 松田千佳さん

私は、四曲えんそうを聞いてとてもきれいな音だなぁと思いました。一回、バイオリンをひいてみたかったです。ピーターさんといっしょにエーデルワイスやパフをひいてうれしかったです。帰るとお母さんがバイオリンを生で見たいと言っていて、すごい物をみたんだと思いました。

--------------------------

2年 あきもとゆかこさん

きのうのほうかご、すてきな音がくをききました。
わたしもバイオリンをひきました。かたにのせるとおとしそうではらはらしました。
いろんながっきにさわれてたのしかったです。
20110627174423_00001_2

--------------------------

5年 渡辺舞奈さん

とても楽しみにしていたチェロは低い音でかっこよかった。
「やってみますか?」
と英語で言っていたのでみんなやってみると、低い音は出たのに、高い音はでなかった。むずかしいなぁと思っていたけど練習を毎日してこんなに上手になるんだと思った。
初めて生で見れたし、チェロを実さいにひかしてもらってドキドキしたけど音が出てよかった。楽しい一日だった。

---------------------------

6年 松田侑也さん

今日の放課後にミュージック・シェアリングの皆さんが口屋内小学校に来てくれました。
まず最初に、ヘレナさんが来てくれ、ヴィオラを使った演奏をしてくれました。きれいな音が教室いっぱいに広がりぼくもやってみたいなぁと思いました。
次にウーさんが来てくれヴァイオリンをひいてくれました。ヘレナさんに続ききれいな音にぼくはおどろきました。ミュージック・シェアリングの人達は、毎日五時間練習をしていると聞き、つかれないのかなあと思いました。
次にピーターさんが来てくれました。ヴァイオリやヴィオラとはちがってすごく大きくてびっくりしました。それに実際にチェロをひくことができたのでとてもうれしかったです。
最後にみどりさんがヴァイオリンをひいてくれました。これで最後かぁと思ったのでじっくり演奏をききました。
ヴァイオリンのきれいな音が耳にのこりました。そして、あっという間に四人の演奏が終わりました。
もう一度ききたいな。

----------------------------

口屋内小学校のみなさん、どうもありがとう!

|

2011年6月23日 (木)

カルテットのみなさんへ:大阪市立総合医療センターのみなさんより

2011年6月4日(土)訪問 大阪市立総合医療センター


訪問した演奏家
・五嶋みどり(ヴァイオリン)
・ティエンシン・シンディー・ウー(ヴァイオリン)
・ヘレナ・ベイリー(ヴィオラ)
・ピーター・マイヤーズ(チェロ)

大阪市立総合医療センターのみなさんから手紙が届いたので、その一部を紹介します。

Photo
手づくりの表紙です


-----------------------------------------

Photo_2

みなさんへ
すばらしい音楽をありがとうございました。聞いていて感どうしました。
聞くきかいがまたあれば聞かせてください。

---------------------------------------
Photo_3

訪問コンサートが行われる事を聞いて、親子でとても楽しみにしていました。
演奏中は、病院に居る事を忘れ、音楽を楽しむ事ができました。
こんな贅沢な機会はこれからもそうないと思います。
入院生活の中でのいい想い出になりました。ありがとうございました。

-------------------------------------------------
3

ヴァイオリンの演奏がとてもキレイで気持ちが良くなりました。

 

-----------------------------------------------

Photo_4

今回の演奏を聞くことで子どもたちも楽しめたと思います。
このような行事があることで子どもの入院生活が楽しくなったと思います。
ありがとうございました。

----------------------------------------------

2


---------------------------------------------
大阪市立総合医療センターのみなさん、どうもありがとうございました!

事務局

|

2011年6月20日 (月)

オーケストラ訪問に参加して:川越女子高校のみなさんより

2011年5月26日(木)訪問 
埼玉県立川越女子高等学校 弦楽オーケストラ部

訪問した演奏家
・五嶋みどり(ヴァイオリン)
・ティエンシン・シンディー・ウー(ヴァイオリン)
・ヘレナ・ベイリー(ヴィオラ)
・ピーター・マイヤーズ(チェロ)

川越女子高校の弦楽オーケストラ部のみなさんからお手紙をいただきましたので、紹介します。

-----------------------------------------

このたびはご来校頂き、誠にありがとうございました。
このような機会でお会いできたことを弦オケ一同深く感謝しております。
五嶋みどりさんをはじめとする「ミュージック・シェアリング」の方々にふれあえたことで、たくさんのことを学びました。
本物の音楽とはどのようなものか、アジアで最も貧しいとされるラオスの環境、基礎を中心とするテクニック等のアドバイス・・・
一つ一つが忘れられない時間でした。迫力のある演奏、堂々たる気迫、息をのむほどの鮮明な表現がこれほどまで近くで、生で、この目で見て聞いて感じられたことに喜びを感じ、身震いもするほどでした。あのような大胆で、表現に満ちあふれた演奏をいつしか私もできたら・・・と思いました。
プロジェクターを使った社会活動の話を聞いたときは驚きました。同じアジアであるにもかかわらず、日本は音楽に満ち、世界的に有名な奏者が多くいらっしゃる。しかし、今回のお話を聞き、国に1つしか音楽学校がなく、読み書きがままならないラオスの現状を初めて知りました。私たちに何ができるかと考えさせられました。
その後、パート別、全体合奏とここに書ききれないたくさんのアドバイスをありがとうございました。ほぼ90%以上が初心者である私たちには、アドバイスの1つ1つを聞き逃すまいと必死でした。このような経験は私たちの宝物です。
本当にありがとうございました。

これからのますますのご活躍を心から応援しております。

川越女子高校 弦楽オーケストラ部 21代目部長より

------------------------------------------

みなさんの感想文から抜粋して紹介します。


たくさんの国に行って演奏し、音楽の楽しさを伝える活動はすばらしいなと思いました。世界には音楽を聴きたくても聴くことができない人がたくさんいると思うので、これからも活動を続けてほしいし、このような活動をする人がもっと増えると良いなと思いました。
基礎からていねいに教えてくださり、「気持ちを込めて弾くようにしてみましょう」と指導していただいた後、みんなで弾いたとき、とても楽しく感じました。
五嶋さんの指導は演奏することが楽しくなるし、自分ももっと上手に弾けるようになりたいと思わせるもので、とても楽しかったです。

ヴァイオリンAパート パートリーダー

032


今回改めて思ったことは、たとえ言語はちがったとしても音楽には言葉の壁というようなものがないということです。国がちがっても音楽でつながることができるっていいなと思いました。
パート別練習では、細かいことを教えてくださり、本当に勉強になりました。自信を持って弾くと言うのが課題です。そのためには日々の練習が欠かせません。1日1日大切にしようと思います。

ヴァイオリンBパート


正直なところ、クラシックの曲想のつけ方が分からなかったので、今回の演奏を参考にしたいと思います。
今回のミュージック・シェアリングの方々の訪問は、私にとって新しい発見があり、今までの練習のあり方をふり返らせてくれるようなとても大きなものになりました。

ヴィオラ パートリーダー

022


私は今暮らしている世界があたりまえだと思って生活してしまっていたのですが、ラオスのように私よりも年が小さい子が夜の市場で働いているというのを聞いて、自分が高校に通って勉強し、そしてチェロを演奏できることがどんなにありがたいことか改めて実感しました。
私も社会人になったら、少しでもみなさんのようにボランティアに参加したりして社会貢献をしたいです。

チェロ パートリーダー


音楽を続ける理由はいろいろあるとは思いますが、私はプロの音楽家というのはだいたい仕事でやっているもので、一部の人に聞かせるためだけにやっているものと考えていました。
私が音楽を続けるのは、楽しいし、それは一種のコミュニケーションだと思うからです。
ミュージック・シェアリングの方々は、音楽を通して世界中の人々とコミュニケーションをとれるのは、うらやましいと思いました。

コントラバスパート 2年


---------------------------------

弦楽オーケストラ部のみなさん、どうもありがとう!
日々の練習を続けて、コンサートに向けてがんばってくださいね。

|

2011年6月16日 (木)

弦楽四重奏をきいて:葛生小のおともだちより

2011年5月30日(月)訪問 佐野市立葛生小学校

葛生小学校をほうもんしたえんそうか
・五嶋みどり(ヴァイオリン)
・ティエンシン・シンディー・ウー(ヴァイオリン)
・ヘレナ・ベイリー(ヴィオラ)
・ピーター・マイヤーズ(チェロ)


佐野市立葛生小学校のお友だちから感想文やイラストがとどいたのでしょうかいします!

20110616170355_00001
すてきな表紙がついていました

-----------------------------------------

4年 稲原優衣さん
20110616170630_00001

------------------------------------------

4年 平原芽依さん
20110616170436_00001

わたしは、五嶋みどりさんとティエンシン・シンディー・ウーさんがひいていたヴァイオリンをまぢかで見せていただいた時、手が早くうごいていたのでとてもびっくりしました。
チェロもとても大きくてびっくりしました。また重くないのかなと思いました。1番低い音を出すとこわいような感じがしました。ヴィオラは、とても美しい音でした。
ヘレナ・ベイリーさんはみんなに明るくせっしてくださいました。
これからもたくさんの曲のえんそうをがんばってください。

------------------------------------------

5年 鶴見侑樹さん
20110616170508_00001

先日は、葛生小学校にいらしてくださりありがとうございました。いろいろな曲を聴かせていただいた中で、ぼくはベートーヴェンの曲が特に気に入りました。曲の感じがと中でいろいろ変化するところがおもしろかったです。ヴァイオリンのえんそうを生で聴くのは初めてでした。音色がとてもきれいで、心がやさしくなったような気がしました。近くで楽器を見せていただいたときはとても感動しました。これからもお体に気を付けて、すばらしいえんそうを聴かせてください。

-------------------------------------------

6年 藤澤佳熙さん
20110616170544_00001

今日、僕は初めて弦楽四重奏を聴きました。一曲目を聴いたとき、耳の中をスーッと通って頭に伝わる感じで、聴いていてとても、気持ちが良かったです。
そして、演奏される時、四人のみなさんの顔がきりっとした顔に変わって、体全体をつかって演奏されていました。すばらしい体験が出来て良かったです。ありがとうございました。

----------------------------------------------

5年 小橋若奈さん
20110616170718_00001

-----------------------------------------------

葛生小学校のみなさん、どうもありがとう!

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »