« 弦楽四重奏をきいて:葛生小のおともだちより | トップページ | カルテットのみなさんへ:大阪市立総合医療センターのみなさんより »

2011年6月20日 (月)

オーケストラ訪問に参加して:川越女子高校のみなさんより

2011年5月26日(木)訪問 
埼玉県立川越女子高等学校 弦楽オーケストラ部

訪問した演奏家
・五嶋みどり(ヴァイオリン)
・ティエンシン・シンディー・ウー(ヴァイオリン)
・ヘレナ・ベイリー(ヴィオラ)
・ピーター・マイヤーズ(チェロ)

川越女子高校の弦楽オーケストラ部のみなさんからお手紙をいただきましたので、紹介します。

-----------------------------------------

このたびはご来校頂き、誠にありがとうございました。
このような機会でお会いできたことを弦オケ一同深く感謝しております。
五嶋みどりさんをはじめとする「ミュージック・シェアリング」の方々にふれあえたことで、たくさんのことを学びました。
本物の音楽とはどのようなものか、アジアで最も貧しいとされるラオスの環境、基礎を中心とするテクニック等のアドバイス・・・
一つ一つが忘れられない時間でした。迫力のある演奏、堂々たる気迫、息をのむほどの鮮明な表現がこれほどまで近くで、生で、この目で見て聞いて感じられたことに喜びを感じ、身震いもするほどでした。あのような大胆で、表現に満ちあふれた演奏をいつしか私もできたら・・・と思いました。
プロジェクターを使った社会活動の話を聞いたときは驚きました。同じアジアであるにもかかわらず、日本は音楽に満ち、世界的に有名な奏者が多くいらっしゃる。しかし、今回のお話を聞き、国に1つしか音楽学校がなく、読み書きがままならないラオスの現状を初めて知りました。私たちに何ができるかと考えさせられました。
その後、パート別、全体合奏とここに書ききれないたくさんのアドバイスをありがとうございました。ほぼ90%以上が初心者である私たちには、アドバイスの1つ1つを聞き逃すまいと必死でした。このような経験は私たちの宝物です。
本当にありがとうございました。

これからのますますのご活躍を心から応援しております。

川越女子高校 弦楽オーケストラ部 21代目部長より

------------------------------------------

みなさんの感想文から抜粋して紹介します。


たくさんの国に行って演奏し、音楽の楽しさを伝える活動はすばらしいなと思いました。世界には音楽を聴きたくても聴くことができない人がたくさんいると思うので、これからも活動を続けてほしいし、このような活動をする人がもっと増えると良いなと思いました。
基礎からていねいに教えてくださり、「気持ちを込めて弾くようにしてみましょう」と指導していただいた後、みんなで弾いたとき、とても楽しく感じました。
五嶋さんの指導は演奏することが楽しくなるし、自分ももっと上手に弾けるようになりたいと思わせるもので、とても楽しかったです。

ヴァイオリンAパート パートリーダー

032


今回改めて思ったことは、たとえ言語はちがったとしても音楽には言葉の壁というようなものがないということです。国がちがっても音楽でつながることができるっていいなと思いました。
パート別練習では、細かいことを教えてくださり、本当に勉強になりました。自信を持って弾くと言うのが課題です。そのためには日々の練習が欠かせません。1日1日大切にしようと思います。

ヴァイオリンBパート


正直なところ、クラシックの曲想のつけ方が分からなかったので、今回の演奏を参考にしたいと思います。
今回のミュージック・シェアリングの方々の訪問は、私にとって新しい発見があり、今までの練習のあり方をふり返らせてくれるようなとても大きなものになりました。

ヴィオラ パートリーダー

022


私は今暮らしている世界があたりまえだと思って生活してしまっていたのですが、ラオスのように私よりも年が小さい子が夜の市場で働いているというのを聞いて、自分が高校に通って勉強し、そしてチェロを演奏できることがどんなにありがたいことか改めて実感しました。
私も社会人になったら、少しでもみなさんのようにボランティアに参加したりして社会貢献をしたいです。

チェロ パートリーダー


音楽を続ける理由はいろいろあるとは思いますが、私はプロの音楽家というのはだいたい仕事でやっているもので、一部の人に聞かせるためだけにやっているものと考えていました。
私が音楽を続けるのは、楽しいし、それは一種のコミュニケーションだと思うからです。
ミュージック・シェアリングの方々は、音楽を通して世界中の人々とコミュニケーションをとれるのは、うらやましいと思いました。

コントラバスパート 2年


---------------------------------

弦楽オーケストラ部のみなさん、どうもありがとう!
日々の練習を続けて、コンサートに向けてがんばってくださいね。

|

« 弦楽四重奏をきいて:葛生小のおともだちより | トップページ | カルテットのみなさんへ:大阪市立総合医療センターのみなさんより »