« 13音しかないけれど:津野川小のおともだちより | トップページ | ゾウのきば!:本村小のおともだちより »

2011年12月13日 (火)

感情表現ができる楽器:西ヶ方小のおともだちより

2011年11月8日(火)訪問コンサート【箏曲】
会場:四万十市立津野川小学校

<訪問した演奏家>
沢井一恵(箏)
さわい箏アンサンブル

津野川小学校で行った訪問コンサートに、四万十市立西ヶ方小学校の4、5年生も参加しました。
西ヶ方小学校のみなさんからのお手紙をしょうかいします。

画像をクリックすると拡大表示します

---------------------------

4年 室津 芽衣さん
Nishigaho4_1_2

----------------------------

5年 岡村 冬也さん
Nishigaho1_2

-----------------------------

5年 井上 友樹さん
最初にことでひいたのは「六段の調」という曲で、これは350年前に生まれた曲で、ぼくは聞くのは初めてだったし、ことをひくところを見るのも初めてだったので、どういう音のでる楽器か分からなくて、聴いてみるとゆったりとした感じの曲で、ことは少し高い音だった。
次にひいていたのは「鳥のように」という曲で、さっきと変わってゆったりとした感じではなくて、はげしいような曲で、ところどころゆっくりになるところがあったりして、少しおもしろいなと思った。
最後にひいてもらった曲が「ほむら」という曲で、全体がだいたいはやくて音の高さなどの調節をするのを自分でしていた。高さの調節は自分から一番遠いところでもやっていたのですごいなと思いました。

1893
「ほむら」の演奏
白い柱(じ)を動かして音の高さを変えていましたね。

------------------------------

5年 松岡 大陽さん
Nishigaho2_2

------------------------------

西ヶ方小のみなさん、どうもありがとう!

|

« 13音しかないけれど:津野川小のおともだちより | トップページ | ゾウのきば!:本村小のおともだちより »